【トレンチコートの洗濯】しわや襟の汚れの取り方、洗い方を紹介


スポンサーリンク

トレンチコートの洗濯方法

 

 

襟の汚れの取り方

襟や袖口に、黄ばみやその他の汚れがある場合は、洗濯をする前に下処理を行うようにしましょう。

 

①おしゃれ着用の中性洗剤を5倍に薄めて洗濯液を作ります。

 

②汚れてもいいタオルを畳み、端に洗濯液をつけて汚れ部分に叩き込みます。

 

③別の水を付けたタオルで、洗濯液が付いている部分を、繊維から汚れを押し出す感じで抑えます。

 

④乾いたタオルで染み抜きをした部分を抑えて、汚れを吸い取ります。

 

汚れやシミがひどい場合は、洗濯ブラシや使い古した歯ブラシを使います。

 

部分的に染み抜きを施すと、輪ジミになる可能性があるので、襟ならば襟全体にまんべんなく洗濯液を叩き込むようにしましょう。

 

洗濯機で洗う方法

下処理をしたら、きれいに畳んで洗濯ネットに入れましょう。

 

洗濯ネットの中で動かないように、畳んだトレンチコートより少し小さめのものを選びましょう。

 

洗濯コースは「ドライコース」や「手洗いコース」、「弱流水コース」などを選びましょう。

 

このようなコースの選択が無い場合は、洗いを10分、すすぎ2回、脱水1分に設定しましょう。

 

手洗い方法

①洗濯槽か大きめのバケツに30度くらいのぬるま湯をはります。

 

②洗濯するトレンチコートの素材に合った洗剤を入れてよく溶かしておきます。

 

③トレンチコートを洗濯水に浸けて、20回ほど押し洗いをします。

 

④水を替えながら押し洗いをしてすすぎます。

 

⑤洗濯機で30秒から1分脱水します。

 

⑥脱水が終わったらバスタオルなどで包んで水分をタオルに移すようにします。

 

スポンサーリンク

 

シワの予防方法と取り方

 

 

しわがつきにくい干し方

脱水が終わったらすぐに振りさばいてハンガーにかけます。

 

ハンガーにタオルなどを巻いて、肩幅と厚みを作ると、しわがつきにくいだけでなく、型崩れしにくく乾きも早くなります。

 

洗濯ネットに電池などの重しを入れて、スラックスハンガーに取りつけます。

 

これをトレンチコートの下の部分に挟んで取りつけると、重みでしわを取ることができます。

 

トレンチコートが乾くまで取り付けておきましょう。

 

アイロンでのシワの取り方

ボタンやポケットなどのデコボコしている部分は、アイロンをかけにくいですよね。

 

ひと工夫すると、簡単かつきれいにアイロンをかけることができるので紹介します。

 

■バスタオルを使ってアイロン台でアイロンをかける

アイロン台の上に、バスタオルを畳んで厚みをつけたものを敷きます。

 

トレンチコートのボタンなどデコボコがある面を、バスタオルがある下側にして、裏側からアイロンをかけます。

 

デコボコがバスタオルに沈み込んで、裏側は平らにアイロンをかけることができます。

 

■アイロン跡をつけない

トレンチコートなどのコート類には、袖口にアイロン跡を付けません。

 

袖口を浮かしつつ、スチームアイロンをかけましょう。

 

■仕上げは吊り下げてアイロンがけ

アイロン台で全体的に軽くアイロンをかけたら、仕上げにハンガーに吊り下げたままアイロンをかけます。

 

ハンガーに吊り下げた状態で、トレンチコートを下に引っ張りながらスチームアイロンをかけます。

 

表にアイロンを当ててしまうと、てかりの原因になります。直接アイロンをかける場合は、当て布を使いましょう。

 

スポンサーリンク

 

さいごに

 

 

トレンチコートは、きちんとした場にも使えて、カジュアルにも着こなすことができ、活躍の場がとても広いです。

 

きちんとした洗濯やお手入れを行って、長く使ってもきれいな状態を楽しみましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク