【便座カバー・トイレマットの洗濯】洗い方や臭い取り方


スポンサーリンク

便座カバー・トイレマットの汚れ

 

ほこり

自然と溜まってくるほこりは、はらうだけで汚れが落ちます。

しかし、便座カバーやトイレマットに湿気があると、はらうだけでは落ちにくくなります。

 

皮脂

肌が触れる面には、どうしても皮脂がつきます。

これは油分の汚れとなりますので、落ちにくい汚れと考えましょう。

 

尿

臭いの主な原因となる汚れです。

見た目にはわからなくても、尿がついてしまった場所からは臭いが発生しています。

しっかり汚れを落とすことが大切です。

 

 

便座カバー・トイレマットの洗濯方法・洗い方

スポンサーリンク

 

毎日何度も使用する場所ですので、少なくとも週に1回は洗いたいものです。

大半の便座カバーやトイレマットは洗濯機が使用できます。

 

ここでは手洗いの方法を紹介しますので、洗濯機を使いたくない方や洗濯機の前に汚れを落としておきたい方は、参考にしてください。

 

洗い終えたら、吊るして干しましょう。

日光に当てることも、雑菌対策や臭い対策になります。

 

便座カバー

クエン酸水につける

クエン酸水に1〜2時間つけておきます。

この一手間をしておくと、染み込んでしまった尿の臭いがしっかり取れます。

 

クエン酸を落とす

水を換えて、すすぎます。

クエン酸が残らないように何度かすすぎましょう。

 

これより後は洗濯機を使っても洗えます。

 

洗剤で洗う

中性洗剤を溶かしたぬるま湯で洗います。

洗剤や石鹸で洗うことで、皮脂汚れがよく落ちます。

 

すすぐ

ぬるま湯を変えてすすぎをします。

 

トイレマット

トイレマットは湿気がたまりやすく、また尿のつきやすい場所です。

汚れや湿気があるなと感じたら、また尿がついていたら洗いましょう。

 

汚れをはらう

外でほこりやゴミをたたき落とすか、掃除機で吸い取りましょう。

汚れを落としておくことで、繊維の奥まで洗浄成分が染み込み、汚れと臭いがしっかり取れます。

 

つけ置き

適量の漂白剤(洗剤)を溶かしたぬるま湯に、トイレマットをつけます。

目立つ汚れがある場所は、もみ洗いをしてからつけ置きしましょう。

 

色柄が心配な方は酸素系漂白剤をおすすめします。

臭いが気になる方は、消臭に特化した洗剤も市販されていますので、そちらを代用するのも良いでしょう。

 

洗う

一定時間のつけ置きが終わったら、お湯を変えて何度かすすぎます。

 

脱水

手である程度水気をきったら、洗濯機で脱水します。

洗濯機を使いたくない方は、大きめの布ではさんで水気を吸い取りましょう。

 

汚れ・臭い防止対策

スポンサーリンク

 

汚れたら洗うが基本ですが、使った後の一手間も大事です。

汚れと臭いの元を溜めないようにしましょう。

 

また、洗うのが大変という方には、便座カバーやトイレマットを使わないという選択肢もあります。

 

汚れたらすぐ落とす

市販のトイレ掃除シートや、クエン酸水と古布などで汚れたら一拭きしておくことが大事です。

使ったら拭く」を家族皆が協力できるといいですね。

 

トイレマットは特に雑菌がたまりやすい場所ですので、洗えない時には、日干しだけでもしておくとよいでしょう。

 

便器以外の場所をチェックする

便器、床や壁の汚れはもちろんですが、換気扇もチェックしてみましょう。

ほこりが溜まっていると換気ができず、臭いと湿気がトイレ内にこもってしまいます。

 

市販の便利グッズを使用する
消臭剤や脱臭剤だけでなく、壁に貼る飛び散り汚れ対策の保護シート床に貼る汚れ防止シートふちや隙間の汚れ防止テープなど様々な便利グッズが市販されています。

 

汚れや臭いが気になったら剥がして捨てることができるので、コストはかかりますが便利です。

 

使わない

便座カバー

汚れと臭いを溜めないために、使わないというのもいいでしょう。

 

また、使わないという選択以外にも、使い捨てタイプの便座シートを使う方法もあります。

色柄が豊富で、消臭タイプなど様々な種類が市販されていますので、一度チェックしてみてください。

 

トイレマット

トイレマットも、使わないことも一つの選択肢です。

使わない場合、床に尿がついたらさっと一拭きすることが重要になります。

 

一拭きが手間と感じる方は、トイレマットも使い捨てタイプがあったり、消臭対策に特化してあったり、拭き取るだけで汚れが落ちるタイプもありますのでお試しください。

 

さいごに

 

使ったら汚れを落とす」が臭い対策の基本です。

便座カバーやトイレマットなど布製のものは、汚れや臭いを溜めやすい素材と考えておきましょう。

小まめに汚れを落としたとしても、週に1回は洗うことをおすすめします。

 

また、日頃から汚れを取る習慣を身につけておくことも大切です。

また、尿の臭いにはクエン酸が効きますので、クエン酸水をトイレに常備しておくのもいいですね。

 

洗う手間や使い方を見直して、自分の生活スタイルに合わせた、臭わない、清潔感のあるトイレを作ってみましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク