【スウェットの洗濯】洗い方や毛玉対策を紹介

スポンサーリンク

スウェットに優しい洗い方

 

 

スウェットを洗うときは、毛玉や生地の伸びに注意する必要があります。

一番スウェットに優しい洗い方は”手洗い“です。

 

①大きめのバケツかタライに30~40℃のぬるま湯をはります。

 

②スウェットの洗濯表示に合った洗剤を、手洗いの規定量入れて溶かします。

 

③全体的に優しく押し洗いをします。

 

④襟や袖口、裾、ポケット口などの汚れが気になる場合はつまみ洗いをします。

※つまみ洗いは、汚れに直接洗剤をつけて洗う方法です。

 

⑤何回か水を入れ替えてしっかりとすすぎます。

 

⑥絞らないように抑えるようにして水気を切ります。

 

⑦洗濯ネットに入れ、洗濯機で3分ほど脱水をします。

 

しかし毎回スウェットだけ手洗いをするのは、面倒ですよね。

ポイントを抑えておけば、洗濯機でも安心して洗えるのでご紹介します。

 

スウェットを洗濯機で洗う方法

 

スポンサーリンク

 

洗濯機で洗う前に

スウェットのリブやポケット口などの汚れやすい部分に目立つ汚れがある場合は、前処理をしましょう。

おしゃれ着用の洗剤を直接垂らして、キャップで叩いておきます。

 

食べ物のシミの場合は酸素系の液体漂白剤か、シミの部分用洗剤を塗ってから洗濯機に入れます。

 

スウェットのシミの落とし方

シミは汚れの種類ごとに、適切な落とし方があります。

シミができたら、できるだけ早く正しい染み抜きを行いましょう。

 

染み抜き・汚れの落とし方のまとめはこちら

 

洗濯機で洗うときの毛玉・伸び対策

スウェットの繊維が摩擦で絡み合うことによって毛玉が発生します。

 

袖などの伸びや全体の型崩れは、洗濯中に生地が引っ張られることによって起こります。

 

これらを防ぐ方法をご紹介します。

 

■洗濯モード

洗濯機の「通常コース」や「おまかせコース」は使わず、「手洗いコース」か「ドライコース」を選びましょう。

脱水時間は短い方が良いです。

 

■衣類に合った洗剤を使う

スウェットの洗濯表示に従って洗濯洗剤を選びましょう。

洗濯中の摩擦による毛玉を防止する効果がある、おしゃれ着用洗剤もあります。

 

■正しく洗濯ネットを使う

スウェットに毛玉ができる原因は、着用中の摩擦と、洗濯中の摩擦があります。

洗濯機の中で他の洗濯物と擦れたり、絡んだりすることによる摩擦や伸びは、ポイントを抑えて正しく洗濯ネットを使うことで防ぐことができます。

 

  • 目の細かい洗濯ネットを使用する
  • スウェットを裏返しにする
  • ポケットなどのファスナーを閉じておく
  • ヒモの先端を束ねて結んでおく

 

■すぐに取り出す

脱水が終わったら、すぐに洗濯機から取り出しましょう。

干す前に四つに折りたたんで軽く叩き、シワを伸ばしてから全体の形を整えます。

 

スウェットの干し方

 

スポンサーリンク

 

基本は風通しの良い場所で陰干しです。

 

乾燥機を使うと、水で膨張した繊維が急激に縮もうとする力が働き過ぎ、スウェットが縮んでしまいます。

ですので、乾燥機は使わず自然乾燥させましょう。

 

フードが付いていたり、生地が厚かったりすると乾きにくく、長時間濡れたままにしておくとカビが生える恐れがあります。

 

干すときのポイントを抑えて、効率よく自然乾燥させましょう。

 

風の当たる面積を大きくする

 

 

上着の場合、肩にハンガーをかけるだけでなく、フードや袖を他のハンガーを使って広げましょう。

 

もしくは上下を反対にして干すと、スウェット同士が接する面積が小さくなり、乾く効率が良くなります。

干す場所が広ければ、ハンガーを二つ使って平干ししましょう。

 

ズボンのポケットを広げる

ズボンはウエスト部分をピンチで止めて干します。

 

このときポケットが重なっているようであれば、広げてなるべく重ならないようにしましょう。

 

さいごに

 

 

スウェットを長く着続けるためには、毛玉が付いていたり、よれていない方が良いですよね。

 

洗濯をするたびに生地は劣化しますが、洗濯の方法で生地の状態に差がでてきます。

正しいスウェットの洗濯方法で、良い状態を長持ちさせましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク