【サマーニットの洗濯方法】素材別の注意点と洗い方


スポンサーリンク

洗濯方法

 

 

洗濯表示の確認

まずは、サマーニットについている洗濯表示の確認をしましょう。

洗濯表示に従った洗い方が基本となります。

 

消費者庁のHPで確認しましょう。

消費者庁 洗濯表示

 

手洗い方法

手洗いは、素材が傷んだり型崩れするのを防ぐことができます。

 

①ニット専用の洗剤(おしゃれ着用洗剤)をぬるま湯に溶かします。

 

②優しくニットを沈め、押し洗いをします。

「浮かんでは押す」を繰り返して汚れを落とします。

 

③水を換えて、すすぎます。

洗剤が出なくなるまで、何度か水を換えてすすぎましょう。

 

④洗濯ネットに入れて、洗濯機で軽く脱水をします。

 

洗濯機の使用方法

洗濯機の使用ができるものは、必ず洗濯ネットに入れて洗いましょう。

 

■洗濯ネットの種類

洗濯ネットも、色々な種類があります。

ニット専用やドラム式専用などもありますので、適しているものを使用するといいですね。

 

■洗い方の設定

おしゃれ着用コースや弱水流など、素材への負担が少なくなるように洗濯機コースの設定をしましょう。

 

■脱水

型崩れを防ぐために、できるだけ脱水時間は短くしましょう。

 

ただし、水分を多く含んだまま干すと重みで伸びやすくなります。

タオルなどで水分を吸収してから干した方が型崩れしません。

 

水洗い不可のニット

水洗い不可の表示がある場合には、クリーニング店へお願いした方が安心です。

 

どうしても家庭で洗濯したい時には、手洗いにしておきましょう。

 

汚れが気になる場合

①汚れが気になる部分に、洗剤の原液をつけます。

 

②素材になじませるように、軽く押さえます。

揉んだりこすったりすると素材を傷めてしまうので避けましょう。

 

③なじませたら、手洗いもしくは洗濯機での洗濯をしてください。

 

洗濯機で洗う場合には、汚れの部分が外側になるように畳んで洗濯ネットに入れましょう。

汚れが落ちやすくなります。

 

干し方

 


スポンサーリンク

 

平干しのやり方

平干しすることで、ニットへの負担を最小限に抑えながら、乾かすことができます。

ハンガーに吊るして干すと、肩の部分に負担がかかり、型崩れや伸びの原因になります。

 

①脱水が終わったら、軽く畳みます。

 

②優しくたたいて、シワを伸ばします。

 

③干す場所に、形を整えながら広げて干します。

 

平干しに使えるもの

■平干しハンガー

専用の平干しハンガーがあると便利です。

 

■ピンチハンガー

靴下など小物を干すピンチハンガーの上に広げる方法もあります。

 

大きめのピンチハンガーがあると平干しにも使えます。

 

■ハンガー

ハンガーを複数本使います。

平干しに近い形となるよう、ハンガーを複数本並べたところに置くようにして干します。

 

■バスタオル

厚手のバスタオルの上に広げて干すこともできます。

 

室内で干す場合には、扇風機を使用すると乾きが早くなります。

 

■お風呂のふた

お風呂のふたの上も利用できます。

 

浴室乾燥機がついている方は、活用するといいですね。

 

■すのこ

すのこを使うと全体に風が通りやすくなり、乾きやすくなります。

 

素材別の注意事項

 


スポンサーリンク

 

綿(コットン)

■伸びやすい

綿素材は、伸びやすい特徴があります。

一箇所に負担がかかるような干し方をしないよう特に注意してください。

 

■乾きにくい

吸水性が高い分、乾きにくいです。

天日干しをした方が乾きやすくなります。

 

■色柄ものは日光に弱い

色柄もののサマーニットは、直射日光に当てて干すと色褪せすることがあります。

 

本来、綿素材は天日干しに向いていますが、色柄ものの場合には、時間がかかっても陰干し、室内干しをする方がいいですね。

 

麻(リネン)

■色落ちしやすい

初めて洗う際には、色落ちテストをした方が安心です。

 

①目立たない部分に、洗剤の原液をつけて5分ほど置きます。

 

②白い布で押さえて、色がつかなければ色落ちの心配はありません。

 

■縮みやすい

縮みやすい素材です。ぬるま湯を使って洗うと、縮み防止になります。

 

■シワになりやすい

シワになりやすいので、シワを伸ばしてから干しましょう。

 

さいごに

 

 

サマーニットは、素材を傷めない、型崩れしないように気をつけることが大切です。

 

洗濯表示に従った洗濯方法が最適ですが、どうしても家庭で洗いたい際には、手洗いをしてダメージをより少なくするように心がけましょう。

 

平干しに使えるものも色々ありますので、専用のハンガーがなくても平干しをした方がいいですね。

 

また、サマーニットの素材の特徴をおさえておくと、良い状態をより長く保つことができます。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク