【スエード靴の洗い方】スニーカーやブーツの汚れやカビの落とし方

スポンサーリンク

スエードの汚れの落とし方

 

 

スエードの汚れ

スエードの汚れは時間が経つとともに、どんどん落としにくくなります。

汚れがついたら、できるだけ早く対処するようにしましょう。

 

汚れの落とし方

■ブラッシング

スエードに汚れがついてしまったら、まずはブラッシングをします。

付いてすぐの軽い汚れであれば落とすことができます。

 

消しゴム・サンドペーパー

汚れの範囲が狭く、表面だけに汚れがついている場合はスエード専用のクリーナー、それが無ければプラスチック消しゴムサンドぺーパーでこすり落としましょう。

 

この方法は、スエードの表面を削るという荒治療です。

心配な場合は、古いスエードの物でやるか、目立たない部分で練習してみましょう。

 

スエードシャンプー

①バケツに水を入れ、スエード用のシャンプーを入れます

 

②洗剤水をブラシにたっぷりとつけて、スエードの表面をくるくると回すように磨きます

※部分的に洗ってしまうと、色の抜け具合がまだらになってしまいますので、必ず全体を洗うようにしましょう。

 

③水洗いしたブラシなどで、スエードの表面の泡を取り除いておきます

 

④全体が乾いたら、もう一度きれいにふきとります

 

スエードのカビの落とし方

 

スポンサーリンク

 

基本の落とし方

雑巾を水で濡らし、硬く絞ります。

その雑巾でスエードの表面を拭き取り、陰干しをして様子を見てみましょう。

 

〈カビ跡が残らない場合〉

汚れを落とす作業はこれ以上必要ありませんので、カビ対策を行いましょう。

 

〈カビ跡が残る場合〉

スエードに残っているカビの跡に、市販のカビ取り剤をつけます。

塩酸系のものですと、効果が大きすぎてスエード生地が傷む恐れがありますので、乳酸系のカビ取り剤を使うと良いでしょう。

 

除菌スプレーを使った落とし方

①スエードについているカビをブラシでこすって落とします

 

②カビ部分に除菌スプレーをかけます

 

③水拭きしてから陰干しします

 

④乾ききったら硬いブラシでこすって、寝てしまっている毛を起こします

 

通常のお手入れ方法

 

スポンサーリンク

 

汚れやカビを落とす方法も大切ですが、まずは汚れをこまめに落とすようにしたり、カビを生えさせないようにしましょう。

 

ブラッシング

スエードの靴は、帰って履き終わるたびにブラッシングしましょう。

まずは毛の流れに逆らって一回ブラッシングを行い、その後は毛の流れに沿って整えるようにブラッシングします。

 

つま先の毛足が硬くなりがちな部分は、金属のブラシが組み込まれているスエード専用ブラシを使うと良いでしょう。

 

ブラッシングは毛並みを整えるだけでなく、汚れを落とす効果もあります。

付いたばかりの簡単な汚れは、ブラッシングだけで落とすことができますので、こまめに行ってスエードに負荷がかからないようにしましょう。

 

乾燥させる

カビの予防には湿気対策が欠かせません。

 

脱いだら新聞紙を丸めて中に詰めたり、乾燥剤を入れたりしましょう。

また、閉めきった下駄箱には入れないようにしましょう。

 

【濡れた靴の乾かし方】スニーカーや革靴を洗濯機で脱水!

 

こまめにお手入れをしましょう

 

 

スエードはとても繊細な素材です。

カビが根強くはえてしまうと、跡が残ってしまいますし、はいているうちに毛並みが悪くなったり、汚れが蓄積されたりします。

 

頑固な汚れやカビになるときれいにするのはとても難しくなりますが、こまめに汚れを落としたり、カビがはえないようにしていると、きれいな状態を保つことができます。

 

履くたびにお手入れをするのはもちろん、保管している間もこまめに状態をチェックするようにしましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク