【石鹸カス掃除】クエン酸や重曹を使った落とし方【お風呂の石鹸垢・汚れを除去】


スポンサーリンク

 

洗面所や浴槽を見ると白い粉がこびりついているってことはありませんか?

 

キレイに掃除しているはずなのに、いつの間にか溜まって不衛生な印象を与えかねませんよね。

 

特に長年にわたって放置した石鹸カスはいくらこすっても取れなくてお手上げなんてことも…

 

取れづらい印象のある石鹸カスですが、身近なお掃除用品で取ることができます。

 

本記事では、石鹸カスの掃除方法を紹介しています。

 

石鹸カス掃除

石鹸カスとは?

石鹸の主成分は、脂肪酸カルシウムや脂肪酸カリウムなどの油脂分です。この油脂分が水道水に含まれるカルシウムなどの金属成分と反応すると、「金属石鹸」に変化します。これに加えて皮脂汚れなど他の要因も加わり、複合的な汚れになります。そのため、水回りにありがちな水垢汚れ以上の頑固な汚れになるんですね。ちょっとこするだけでは簡単に取れません。ではどんな方法で掃除を行えばいいのでしょう?

 

石鹸カスを落とすポイント

石鹸カスを効率良く落とすには、以下のようなポイントを押さえて行う必要があります。

 

酸性洗剤を使う

石鹸カスはアルカリ性に属すので、中和させるために酸性洗剤を使用します。中和させることで汚れを浮かすことができるので、その作用を利用して汚れを落とせるしくみです。酸性洗剤で身近なものといえばクエン酸が思いつく方が多いでしょうか?クエン酸の他にも酸性洗剤であれば効果があるので、ご家庭にある酸性洗剤で試してみましょう。

 

 

こすり洗いする

石鹸カスは固質化している場合がほとんどなので、汚れを浮かせたところで効率良くこすって落とし切ることが大事です。メラミンスポンジや歯磨き粉、重曹など研磨作用がある道具を使用しましょう。ただし、こすりすぎには注意して下さい。強くこすりすぎると、表面を傷つけて雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

 


スポンサーリンク

 

石鹸カスの落とし方

 

石鹸カスには酸性洗剤を使用し、こすって落とすことが重要だと分かりましたね。では続いて、具体的な落とし方をご紹介していきます。

 

歯磨き粉や重曹を使う

歯磨き粉や重曹には研磨剤が含まれています。中和させて汚れを落とす方法ではなく、研磨効果に期待して汚れを落とす方法です。比較的新しくできた石鹸カスであれば落とすことができるでしょう。硬めのスポンジやアクリルタワシに歯磨き粉や重曹を直接つけて、石鹸カスをこすり落としましょう。掃除する場所の素材を確かめて、キズがつかないように注意して下さい。

 

クエン酸を使う

スポンジやアクリルタワシに、粉のクエン酸をつけてやさしくこすり落とします。もしくはクエン酸に水を混ぜたクエン酸スプレーも便利で簡単です。石鹸カスだけでなく他の掃除にも使うことができますよ。

 

◆クエン酸スプレーの作り方

①水200mlに大さじ1杯のクエン酸を入れて溶かし、クエン酸スプレーを作ります。

※用途や汚れの度合いに応じて、分量を増減させても構いません。効果を高めたいのであれば濃いめに作ることをおすすめします。

②石鹸カスに吹きかけ、約5分放置してから洗い流します。

 

重曹ペーストを使う

重曹をつけてこするだけでは落とすことができなかった場合は、重曹ペーストを使いましょう。

①300mlのお湯に片栗粉を大さじ1~2杯入れます

②冷やしてから重曹を大さじ2杯入れて混ぜ合わせ、石鹸カスに塗ります。

③しばらく時間を置いた後、しっかりと洗い流します。

 

しつこい汚れの場合は、以下のような一工夫が必要です。

 

・洗剤を掛け合わせる

・酸性クリーナーパックを作る

 

それぞれの洗剤が得意分野とするものを引き出せば効果も2倍です。また、しつこい汚れの場合は洗剤成分で汚れをパックします。ラップやキッチンペーパーを使って汚れを密閉し、浸透力を上げればさらに汚れを落としやすくしてくれます。

 

クエン酸パックを使う

先述したクエン酸スプレーを使います。

 

手順

①クエン酸スプレーを汚れに吹きかけます。

②その上からラップ、もしくはキッチンペーパーを貼り付けます。

鏡や壁面などに利用する場合は、吹きかける量が多い方が貼りつきやすいです。

③10分ほど時間を置いて、その後洗い流します。

 

レモンパックやお酢パックを使う

クエン酸がなければ市販のポッカレモンやレモン、お酢で代用してみましょう。作業手順はクエン酸パックと同じです。お酢を使う場合は少し酸っぱい匂いが気になることがあります。パック時間を短く設定しても良いでしょう。

 

クエン酸+重曹を使う

クエン酸と重曹を合わせて発泡することで、汚れを浮かしやすくする方法です。また、浮かせた汚れを重曹の研磨力がさらに落としやすくしてくれますよ。作業する際は十分な換気をしましょう。

 

手順

①石鹸カスが見えなくなるくらい、たっぷりと重曹をふりかけます。

②重曹の上からクエン酸水をかけます。

※重曹とクエン酸が反応してぶくぶくと炭酸ガス(二酸化炭素)が発生します。正常の反応なので安心して下さい。

③しばらく時間を置いて、発泡が落ち着いたら洗い流します。

 

クエン酸を使うときの注意点

石鹸カスを落とすにはもってこいのクエン酸ですが、いくつか注意点があります。

 

・大理石や人工大理石には使用しない

酸の成分が大理石の表面を溶かしてしまう可能性があります。お風呂場で使用するときには確認しておきましょう。

 

・塩素系の洗剤と一緒に使用しない

塩素系の洗剤に酸性のクエン酸が混ざってしまうと、有毒ガスが発生しますので絶対に混ぜないようにしましょう。

 

・乾燥させない

クエン酸水やクエン酸パックで掃除をするときには、乾燥する前に洗い流すようにしましょう。クエン酸は石鹸カスを浮かび上がらせるだけなので、そのまま乾燥すると汚れが集まったまま固まってしまうことになります。

 


スポンサーリンク

 

石鹸カスの防止方法

 

石鹸は毎日使用するものなので、どうしても石鹸カスも蓄積してしまうものです。それでも事前に防止できることがあれば試しておきたいですよね。意外にも日頃の心がけで軽減できますよ。

 

お風呂上りにお湯をかける

石鹸は油脂分なのでお湯に溶けやすい性質を持っています。お風呂を上がる時に45℃以上のお湯を全体的にかけておくことで、残った石鹸成分を洗い流してくれます。お風呂全体に熱気がこもった状態だと、カビを発生させてしまう可能性があります。お湯をかけてしばらくしたら、最後は水で流してあげましょう。

 

換気をする

十分な換気は、石鹸の油脂分と水道水のカルシウムが結合するのを防いでくれます。お風呂を上がった後は窓や扉を開けておきましょう。窓がない場合は、タオルを使って余分な水分を拭きとってしまうのも一つの手です。水分を残さないことで黒カビの予防にもなり、一石二鳥です。

 

ボディソープや無添加石鹸にかえる

ボディソープの大半は合成洗剤と呼ばれるものに属します。石鹸とは成分や製造方法が異なるのですが、石鹸よりも水溶性に優れて、石鹸カスも発生しづらいとされています。肌に優しく経済的なイメージの石鹸。掃除の手間を省けると割り切って、ボディソープに変更してみてはいかがでしょうか?肌トラブルなどの理由がある方は、無添加の石鹸を選んでみても良いかもしれませんね。

 

軟水器を使う

石鹸カスができる理屈は、水道水に含まれるカルシウムなどが石鹸成分と結合するからです。逆をいえば、硬度が低くカルシウムが少ない水を使用するのがベスト。軟水機能付きのシャワーヘッドなどを利用すれば、肌や頭皮にも良いですし、石鹸カスも発生しづらいでしょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク