【スリッパの洗濯方法】汚れや黒ずみ、黄ばみ、カビの落とし方【洗い方、手入れ方法】


スポンサーリンク

 

本記事では、スリッパの洗い方や様々な汚れの落とし方を紹介しています。

 

洗い方

床を直接歩くのに抵抗がある方や、冷え対策としても冬場は重宝するスリッパ。

 

普段のお手入れはどうしていますか?

 

100円ショップで安い物を買って使い捨て!という方もいれば、洗ったことがないなんて方もいるでしょうか。

 

ここでは、スリッパのお手入れ方法や、汚れ落としの方法をご紹介します。

 

スリッパは洗える?洗えない?

そもそもスリッパは洗えるのでしょうか?

 

実は、スリッパには洗えるスリッパ洗えないスリッパがあります。

 

商品のタグについた洗濯表示を見れば、どちらであるか分かります。

 

洗えない・洗い方が表示されていないスリッパの場合、中に厚紙やボール紙を敷いている場合が多いです。

 

洗うことで中の紙が濡れてボロボロになったり、型崩れを起こしてしまう可能性があるので洗うことができません。

 

最近では洗えるスリッパも多いので、表示を確認して購入すると良いかもしれませんね。

 

スリッパを洗う頻度は?

スリッパはどんな頻度でお手入れすればいいのでしょうか?

 

一般的には、夏であれば1週間に1回春や秋は10日に1回冬であっても2週間に1回の頻度で行うと良いとされています。

 

足裏は汗をかきやすいので、寒い時期であっても知らぬ間に汗が出ています。

 

汗によって臭いが出て、湿気が残ることで最悪カビてしまう場合もあるでしょう。

 

適切な頻度で、しっかりお手入れすることで気持ちよくスリッパを履くことができます。

 

手洗い方法

まずはスリッパを手洗いで洗う方法についてお伝えします。

 

スリッパ汚れの多くは、皮脂や汗が原因です。

 

手や体、衣服の皮脂汚れを落とす感覚で、石鹸や中性洗剤を使うと良いでしょう。

 

お風呂場などで洗うか、バケツや洗面器に入れて洗うと便利ですよ。

 

◆必要な物

・水もしくはぬるま湯

 

・洗濯ブラシ(※専用のものがなければ歯ブラシでも可)

 

・石鹸もしくは中性洗剤

 

・洗面器(※なくてもかまいません)

 

手順

①スリッパを水もしくはぬるま湯に浸し、石鹸を塗り付けます。

 

 

②靴を洗う時と同じ要領で、ブラシを使って擦り洗いします。

 

内側は汚れが溜まりやすいので入念に洗いましょう。

 

 

③石鹸残りがないように、しっかりと洗い流します。

 

洗い流しが足りないと、変色や黄ばみを発生させたり、逆に細菌の繁殖を招いて臭いを発生させる場合があります。

 

ギュッと絞って泡が浮き出てこないか、ヌメリがないか確認しましょう。

 

 

④風当たりの良い場所で乾燥させましょう。

 


スポンサーリンク

 

洗濯機での洗い方

洗濯機で洗濯できる?と不安になる方もいるでしょう。

 

洗えるスリッパの中でも、手洗いのみ可能な場合もありますし、洗濯機可能な場合もあります。

 

また、洗濯機のコースによっても洗い方の強度は異なります。

 

スリッパを洗濯する場合は、通常の洗濯コースよりも、オシャレ着洗いなどで使うドライコース(手洗いコース)で優しく洗った方がより安心です。

 

通常コースの場合、洗う頻度が多いと、スリッパの種類によっては毛玉や糸のほつれが発生したり、型崩れを起こすかもしれません。

 

洗う前には、スリッパについた洗濯表示をしっかりと確認しましょう。

 

必要な物

・洗濯用ネット

 

・洗濯用洗剤

 

手順

①洗濯では細かい毛羽やゴミは絡まる原因になるので、粘着テープや掃除機を使って事前にとっておきましょう。

 

 

②ある程度のゴミを取り除いたら、洗濯用ネットにスリッパを入れます。

 

 

③手洗いコースもしくはドライコースで洗剤を入れて洗濯をします。

 

脱水までかければ、洗濯は完了です。

 

 

④風当たりの良い場所で乾燥させましょう。

 

乾かし方

スリッパを乾燥させるには干し方を工夫する必要があります。

 

一番良い方法は、風通しの良い場所で平らになるように干すことです。

 

洗った際に形が変形したままで干してしまうと、乾燥させてから戻すのは難しくなります。

 

下記のことを試すのも良いでしょう。

 

◆スリッパに新聞紙やトイレットペーパーを丸めて入れる

スリッパに新聞紙やトイレットペーパーを入れておくと、型崩れも防ぐことができます。

 

その上、紙に水分が吸水されて早く乾燥できますよ。

 

◆スリッパラックにかけて干す

スリッパラックで干せば、底面にも風が通って乾きやすいですし、型崩れしません。

 

洗濯ハンガーのピンチに挟んで吊り下げると、スリッパにピンチの形が残ってしまいます。

 

ピンチに挟む場合は薄手のタオルをかませると、跡残りを軽減できますよ。

 

外に室外機や洗濯機がある方は、その上にスリッパを平らに置いて乾燥させても良いかもしれませんね。

 

 

部分洗い(カビ、黒ずみなど)

スリッパは内側と外側でも汚れの原因は異なります。

 

内側は皮脂や雑菌の繁殖による汚れが主な原因で、外側(底面など)はホコリやゴミが付着したことによる汚れが主な原因です。

 

それぞれの原因に合った、部分洗いをすることでより効果的な洗い方になりますよ。

 

汗じみ・黄ばみ汚れ・カビなどの落とし方

足裏は汗をかいて湿気や水分が溜まる上に、人の体温がこもり、雑菌やカビにとって最高の繁殖場所でしょう。

 

この雑菌が内側の汚れの原因です。内側部分はカビや汗じみが発生しやすく、そのままにしておくと臭いをひどくなってしまいます。

 

汗じみや黄ばみ汚れ、カビなどには酸素系漂白剤を使った漬け置き洗いが有効的です。

 

変色・カビてしまった繊維は一度染まると落ちづらいので、漂白することで繊維の色素を元に戻す必要があります。

 

必要な物

・ぬるま湯

 

・酸素系漂白剤

 

・洗面器

 

・ゴム手袋

 

手順

①あらかじめスリッパについたホコリやゴミを粘着テープなどで取り除きます。

 

 

②洗面器にぬるま湯を入れ、ゴム手袋をつけた手で酸素系漂白剤を混ぜて溶かします。

 

水よりも40~50℃のぬるま湯の方が漂白効果を高められます。

 

洗剤量は商品によって異なりますので、表示内容に合わせて下さいね。手荒れ防止のために必ずゴム手袋の着用を!

 

 

③スリッパを入れて、30分~1時間漬け置きしましょう。

 

 

④洗い残しがないよう、よくすすぎ洗いをします。

 

 

⑤風通しの良い場所で乾燥させましょう。

 

裏側の汚れの落とし方

底面は床のホコリやゴミを吸着させながら踏んでいるために、全体的に黒ずんでしまうことがあります。

 

ギュッと固まったホコリ汚れは、少し拭いたぐらいでは取り除けないことが多いです。

 

ここでご紹介する方法は、底面だけでなく、表面をさっと拭き取って素材を傷めずにすむので、合成皮革など洗えない素材の場合にも同様に使えますよ。

 

必要な物

・重曹

 

・メラニンスポンジ

 

手順

①あらかじめスリッパについたホコリやゴミを粘着テープなどで取り除きます。

 

 

②軽く湿らしたメラニンスポンジに重曹を少量つけて、底面を擦り拭きしましょう。

 

メラニンスポンジは微細構造で汚れを浮き上がらせてくれます。

 

また、重曹には消臭効果もあるので、汚れや雑菌の臭いを抑える効果も期待できそうですね。

 

 

③底面に風が当たるように乾燥させましょう。

 


スポンサーリンク

 

汚れの防止方法

 

お気に入りのスリッパであれば、毎日履きたいですし、キレイな状態を保っておきたいですよね。

 

日頃の使い方を少し意識するだけでも、スリッパが長持ちさせることができます。

 

洗えるスリッパと洗えないスリッパによって、それぞれの防止方法は少し違ってきます。

 

順番に見ていきましょう。

 

洗えるスリッパ

洗えるスリッパの場合は、適度な洗濯を行うことで汚れを落とすことができますね。

 

残った防止方法としては、使用後のお手入れ・乾燥が重要になってきます。

 

これは洗えないスリッパにも共通することにはなります。

 

風通しの良い場所に干す

使った後に窓際や風通しの良い場所に干して乾燥させるだけでも効果があります。

 

布製品でできたスリッパは、湿気がこもるとカビや黒ずみの原因にもなりかねません。

 

毎日こまめに風通ししてあげると良いでしょう。

 

お風呂場や台所の近くでスリッパを保管しない

お風呂場や台所などで水気が多い場所でスリッパを保管するのはNGです。

 

どうしても使う場合は、思い切って場所ごとにスリッパを設置しても良いかもしれませんね。

 

洗えないスリッパ

装飾が細かいものや、皮素材のスリッパは洗うことができませんよね。

 

だからといって、ずっと何もしないと汚れやゴミが蓄積していくばかりです。

 

日々のお手入れを行うことで、汚れの蓄積を予防できます。

 

アルコールティッシュや、重曹をつけたメラニンスポンジで拭く

消毒用アルコールウェットティッシュで汚れた箇所を拭けば、除菌もできて嬉しいですね。

 

また、部分洗いの項目でも紹介しました、重曹をつけたメラニンスポンジで拭く方法があります。

 

ただし、本皮製のスリッパなどの場合は、水濡れで染みが発生する場合もあるので使用しない方が良いでしょう。

 

消臭用品を使う

手軽なのが消臭スプレーを噴射して自然乾燥させる方法です。

 

消臭力に加えて、除菌力が強い商品もたくさんあるので、毎日こまめに除菌してあげましょう。

 

乾燥材を利用する

新聞紙を丸めて入れておいたり、シリカゲルなどの乾燥材を使えば、スリッパにこもった水分を速乾させてくれます。

 

カビや雑菌の予防にもなりそうですね。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク