【寝袋の洗濯方法】寝袋(シュラフ)の洗い方を紹介!


スポンサーリンク

 

登山やキャンプで活躍する寝袋(シュラフ)

使い続けているうちに汚れやニオイが気になってきますよね。

 

もちろんクリーニングに出すのもいいですが、実は家でも洗濯することが可能です!

今回は寝袋(シュラフ)の洗濯方法を紹介します。

 

洗濯前に抑えておきたいこと

 


スポンサーリンク

 

洗濯の頻度

「寝袋を洗うのは30〜50回使用してから」と言われています。

 

ですが、食べ物や飲み物のシミ、泥が付着したまま保管すると、カビの原因になります。

ですので、汚れが気になったときに洗うようにしましょう。

 

また、寝袋の内側は汗や皮脂の汚れが付きます。

特に夏場は半袖や半ズボンで利用することが多いので、肌が直接触れて汚れやすいです。

 

寝袋の使用状況に合わせて洗うのがおすすめです。

 

寝袋の種類

寝袋の中身は二種類あります。

ひとつは「ダウン」、もうひとつは「化繊綿」です。

 

化繊綿の場合、乾燥機を避けるという点以外は大胆に洗って大丈夫です。

ダウンの場合、専用洗剤を使用したり、ダウンの偏りをほぐしたりと少々注意して洗う必要があります。

 

洗剤選び

■化繊綿の場合

おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使います。

漂白剤や柔軟剤は使わないほうが無難ですが、中には使えるものもありますので、洗濯表示をご確認ください。

 

粉末タイプの洗剤は、内側に粉が残ることがありますので避けましょう。

 

■ダウンの場合

中性洗剤を薄めたものでも代用できますが、ダウン専用洗剤を使うのがおすすめです。

 

というのも、ダウンの羽には天然油分が含まれており、それによって羽と羽が絡まらずにふわりと広がって断熱力を生み出します。

ダウン専用洗剤は、その天然油分をできるだけ落とさないように、中性洗剤より洗浄力が弱く作られています。

 

寝袋の洗濯方法

 


スポンサーリンク

 

洗濯機で洗う場合

■ダウンの場合

縦型洗濯機で洗うのは難しいです。

寝袋は撥水加工されているため、内部に水分が浸透しにくく洗濯槽でプカプカと浮かんでしまいます。

 

ドラム式洗濯機なら問題なく洗えます。

ただし、極寒用など厚めのものは入らない可能性もありますので一度試してみてください。

 

■化繊綿の場合

縦型洗濯機でも洗濯可能です。

プカプカ浮いてくるのは同じですが、手で押し洗いし内部の空気を抜きましょう。

 

■洗濯方法

生地や洗濯槽を傷めないようジッパーを閉め、それぞれに合った洗剤を入れ、洗濯機を回します。

手洗いコースやドライコースで回すと生地への負担が少ないのでおすすめです。

 

【脱水のときだけ注意です!】

洗濯槽に沿うようにドーナツ型にして、脱水を行いましょう。

寝袋は撥水加工がされているので、そのまま入れると洗濯機がガタガタ暴れ出し、エラーや故障の原因となります。

 

手洗いで洗う場合

手洗いの場合もジッパーを閉めて洗います。

お風呂の浴槽に、30℃くらいのぬるま湯と洗剤を入れ、足で優しく踏み洗いします。

 

先に書いたように、なかなか内部に水が染み込みませんが、気長に続けると徐々にお湯が濁ってきます。

汚れが充分落ちたと思ったら、お風呂の栓を抜き、キレイなお湯に張り替えましょう。

 

そして先ほどと同じ要領で踏み洗いします。

汚れた水が出なくなったら完了です。

 

乾燥方法

洗い終えたら乾燥させるのですが、気を付けたいのは「外側が乾いていても中に湿気を含んでいることがある」ということです。

 

湿気が残っていると、カビやニオイの原因になります。

一週間ほどかけて、じっくり風通しの良い日陰で干しましょう。

 

■ダウンの場合

コインランドリーの乾燥機がおすすめです。

 

ダウンの偏りを軽減させてくれます。

それでも全く偏らないわけではありませんので、手で触って確認してください。

 

ダウンの薄い部分は保温効果が弱まります。

偏りを見つけたら軽く叩いてほぐしましょう。

 

時間の目安としては、夏用の薄いもので10分〜20分、極寒用の厚いものだと30分〜40分です。

しっかり中まで乾燥したか確認し、様子を見ながら乾燥させましょう。

 

■化繊綿の場合

乾燥機は使用できません。

ファスナーを開け、裏返して陰干ししましょう。

 

 

いかがでしたか。

 

汚れているとニオイなどの不快感に加え、保温性も落ちてしまいます。

せっかくのアウトドア、ゆったりリラックスして眠れるようキレイにして使いたいですね!

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク