【醤油の洗濯】醤油汚れの落とし方やシミの染み抜き方法


スポンサーリンク

醤油のシミ

 

醤油は日本の食卓に欠かせませんよね。

使う頻度が多い分、衣類についてしまう機会も多くあります。

 

黒い色からして服についたら落ちにくそうですが、醤油は水溶性汚れの中でも比較的落としやすいものです。

しかし染み抜きの方法を間違えてしまったり、シミになってから時間がたったりすると落としにくくなってしまいます。

 

これを聞くと不安になるかもしれませんが、逆にいうと、醤油汚れがついてもすぐに正しい方法で対処すれば簡単に落とすことができるということになります。

 

ついてすぐの醤油汚れなら水洗い

スポンサーリンク

 

醤油が衣類についてしまったら、すぐに水で洗いましょう。

 

全体に水をかけて一気にゴシゴシと洗うのではなく、シミの部分に少しずつ水をかけながら、丁寧に状態を見ながら洗うようにしましょう。

 

すぐに洗えばだいたいの醤油汚れは落とすことができます。

 

すぐ洗えない場合の応急処置

 

外出先などで、すぐに洗うことができない場合は、その時にできるだけの応急処置をしておきましょう。

 

①水を含んだ布やペーパーで衣類についた醤油汚れ広がらないよう、つまむようにしてシミを取っていきます

 

②乾いたティッシュなどで押さえて水分をできるだけ取り除きます

 

水分が多い醤油汚れは広がりやすいため、醤油が大量にこぼれてついてしまった場合には、まず先に乾いた布やペーパーで吸い取るようにしましょう。

 

醤油シミの落とし方

スポンサーリンク

 

すぐに洗うことができなかったり、洗ってもシミになったりしてしまった場合には染み抜きを行いましょう。

台所用中性洗剤で染み抜き

①シミの下にタオルを敷き、シミに直接中性洗剤をかけます

 

②洗剤がついている部分に50度くらいのお湯を少しずつかけます

 

歯ブラシでシミをトントンとやさしく叩きます

 

④シミが浮き出てとれたら、水ですすいで洗濯します

 

歯みがき粉でシミを落とす

歯ブラシをぬるま湯で濡らして、歯みがき粉をつけてシミ全体に馴染ませるように軽く叩いていきます

 

②シミが薄くなるまで歯みがき粉を足しながら繰り返します

 

③シミが浮き上がって薄くなったら、ぬるま湯でしっかりとすすぎます

 

繊維を傷めないよう歯ブラシでこすらず、歯みがき粉は研磨剤が入っていないものを使いましょう。

歯みがき粉が残っているとシミになりますので、きちんとすすぐようにしましょう。

 

お酢を使って染み抜き

お酢を2倍から3倍に薄めたものをきれいな布に染み込ませ、シミを軽く叩いていきます。

※布に醤油のシミが移っていきますので、布が当たる面を変えながら常にきれいな面で叩くようにしましょう。

 

②シミが取れたら水ですすぎます

お酢のニオイは自然になくなりますが、すすぎ残しがあるとシミになりますのでしっかりとすすぐようにしましょう。

 

酸性であるお酢が、醤油を中和してシミを取り除いてくれます。

 

しかしお酢は強い酸性ですので、そのまま使うと繊維を傷めてしまいます。

必ず薄めてから使いましょう。

 

エタノールを使ってシミを落とす

食事中に醤油が衣類についてしまう場合、お肉や魚の油が醤油に混ざっている場合もあると思います。

 

そんなときには、エタノールを使ってみましょう。

エタノールは水性汚れも油性汚れも落としてくれます。

 

素早く正しい対応を

 

見かけによらず落としやすい汚れである醤油汚れ。

間違って落としにくくしてしまわないように、正しいシミ抜き方法を覚えておき、すぐに対応できるようにしておきましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク