【シャギーニット・モヘヤニットの洗濯方法】


スポンサーリンク

洗濯方法

 

 

洗濯表示を確認

まずは洗濯したいものの洗濯取扱い絵表示を確認しましょう。

 

手洗いマークがあれば家庭で洗濯することができます。

 

シャギーニットやモヘアニットを手洗いする場合には、ふわふわ感を損なわないために揉んだり押したりせず、優しく扱う必要があります。

 

手洗い方法

①洗い桶やバケツに30℃以下のぬるま湯をはります。

※熱いお湯ではニットがゴワゴワになってしまいます。

 

②ニット対応の洗剤を入れ、均一になるようによく混ぜます。

 

③洗濯液にニットを沈めます。

 

④水を揺らさないよう慎重に沈めて、そうっと引き上げるようにして何回か洗います。

※押し洗いをしてしまうと、毛が絡んでしまいます。

 

⑤最初のぬるま湯と同じ温度の水を入れて、浮き沈みさせてすすぎます。

※水に温度差があると縮んでしまいます。

 

洗濯中は水温が変わらないようにしましょう。

 

⑥すすぎが終わったら、大きめのバスタオルに包んだまま15秒ほど脱水にかけます。

 

洗濯機での洗濯方法

洗濯機を使うという場合には、ふわふわの風合いが落ちたり、縮んだりすることは覚悟しておきましょう。

 

ニットを裏返して畳み、畳んだニットより少し小さめの洗濯ネットに入れます。

 

洗濯コースは「手洗いモード」か「ドライモード」を選びましょう。

 

洗剤は中性洗剤を使い、質感を維持させるために柔軟剤を使いましょう。

 

干し方

形を整えて、平らな所に広げて陰干しをしましょう。

 

ハンガーに吊るすと、ニット自身の重みで伸びてしまいます。

広げる場所が無い場合は、ハンガーを2本使って、負荷を分散して干しましょう。

 

適当な大きさに畳んで、ピンチハンガーの上の部分に乗せて干しても良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

お手入れ方法

 

 

毛並みを整える

洗濯して乾いたら、柔らかい洋服ブラシで毛並みを整えましょう。

 

スチームアイロンを浮かせてかけても良いです。

 

保管するときも、毛先をほぐすように優しくブラッシングしましょう。

 

静電気を防止する

モヘアは、柔らかく滑らかな質感を保つために緩めに編まれています。

 

そのため毛が抜けやすいです。

 

帯電防止剤をふりかけたり、霧吹きで水を吹きかけたりしましょう。

 

水100mlに柔軟剤を5滴ほど混ぜたものをスプレー容器に入れ、ニットから30cm以上離して少し湿るくらい吹き付けると、静電気を防止することができます。

 

静電気を防止することで、毛が抜けてしまうのを防ぐことができます。

 

休ませながら着る

たとえお気に入りのニットでも、1日着用したら、1日以上は休ませるようにしましょう。

 

ずっと着用していると、着用中のダメージを回復できないままになり、ふわふわでなめらかな風合いが無くなってしまいます。

 

ふわふわ感を戻す方法

ふわふわ感がなくなってしまった場合は、柔軟剤を使って戻します。

 

①洗面器や洗い桶に水をはります。

 

②柔軟剤を表記通りの使用量入れて混ぜます。

 

③ニットを沈め、上げたり下ろしたりを数回繰り返します。

 

④短時間脱水するか、タオルに挟んで水気を吸い取ります。

 

⑤広げて陰干しをして完了です

 

スポンサーリンク

 

さいごに

 

 

シャギーニットやモヘアニットは、なんといってもふわふわで滑らかな質感が特徴です。

 

それをキープするには他のものと比べると、より丁寧に扱う必要があります。

丁寧なお手入れを続けて、大切にしていきましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク