【サテン生地の洗濯方法】アイロンでシワ伸ばし!染み抜きや洗い方も紹介!



 

本記事では、サテン生地の洗濯方法を紹介しています。

 

サテン生地の洗い方

洗濯表示の確認

サテン生地を洗うときには、素材が何であるかを、確認することが大切です。サテン生地から作られた洋服などには、洗濯表示のタグが付いています。このタグを参考にして、水洗いができるかどうかを、まず確認しましょう。また、サテン生地を購入して、洋服などを手作りした場合には、生地に付いている素材表示のタグを、参考にしてください。このタグに表示されている、糸(繊維)の素材割合を見て、どのように洗うかを判断することになります。

 

洗濯時の注意点

サテン生地は、とにかくデリケートです。織物の特性上、糸同士が絡み合う部分が少ないため、引っ掛けや摩擦などにとても弱いからです。そして、滑らかな生地であるため、シワや傷が目立ちやすいです。そのため、洗濯機で洗うときは、引っ掛けや摩擦、シワなどが生じにくいよう、配慮しましょう。また、洗い方によっては、サテン生地独特の質感が変わり、光沢感や手触りが褪せてしまうことがあるので注意しましょう。

 

洗濯のポイント

◆洗濯表示の確認

自宅で水洗いができるサテン生地は、洗濯表示のタグに、手洗いマークか弱洗いマークが付いているものです。ドライマークが付いていても、家庭で洗える生地はありますが、サテン生地については止めたほうが無難です。

 

◆中性洗剤を使用する

洗濯には、中性洗剤を使ってください。エマールなどのおしゃれ着洗い洗剤か、ウタマロ石けんなどの洗濯石けんを使うことをお薦めします。また、仕上げに柔軟剤を足すと、柔らかな質感を保ちやすくなります。

 

 

◆ぬるま湯で洗う

水洗いでの基本は、ぬるま湯で洗うことです。水で洗うよりも、圧倒的に、汚れが落としやすくなります。そして、短時間で、力を入れずに洗い上げることができるので、生地が傷みにくくなります。しかし、サテン生地は、熱いお湯には弱く、縮みや変質に繋がることがあります。洗濯に使うお湯は、あくまでもぬるま湯で。お風呂の温度よりもぬるめに、人肌程度のお湯で洗うと、生地への負担が少ないです。

 

◆裏返してから洗う

サテン生地の洋服などは、裏返してから洗います。裏返すことで、洋服(生地)の表面が傷付くことを防ぐことができます。手洗い時に爪で引っ掛けたり、洗濯槽の中でぶつかったりと、洗濯中は何かとダメージを受けやすいものです。裏返して洗濯すると、もし生地がダメージを受けたとしても、裏側の見えない部分なので気にしなくて済みます。

 

洗濯機で洗う場合

◆裏返して洗濯ネットに入れる

洗濯機で洗う場合は、洗濯ネットに入れてから洗います。サテン生地の洗濯物を裏返して、軽く畳んでから、洗濯ネットの中に入れます。洗濯物を洗濯機の中に入れたら、衣類用の中性洗剤を投入します。

 

◆手洗いモード

洗濯機の設定は、手洗いモードかドライモードで。サテン生地はとにかく、一番優しい洗い方に設定しておけば安心です。なお、他の洗濯物と一緒に洗うことはできますが、たくさんの洗濯物の中に紛れ込ませることはお薦めしません。他の衣類などの重みと衝撃で、サテン生地がシワになったり、傷んでしまうことがあるからです。

 

◆脱水は短めにする

洗濯が終わったら、脱水を掛けます。手洗いモードなどの設定のまま、脱水を続けてもOKですが、脱水だけを短く設定するとなお安心です。サテン生地の洗濯物だけを脱水するときは、1分で脱水を設定し、30秒ぐらいで取り出せば充分です。

 

手洗いで洗う場合

◆ぬるま湯で押し洗いする

洗面器などにぬるま湯を張り、衣類用の中性洗剤を溶かします。その中に、裏返したサテン生地の洗濯物を浸します。そして、手のひらを使って、優しく押し洗いをします。お湯に沈めたり、浮かせたりを繰り返しているうちに、汚れが浮き出てきます。

 

◆すすぎ洗いする

お湯が濁ってきたら、洗濯物を軽く絞ってから取り出します。洗面器の中身を、新しいぬるま湯に入れ替えてから、すすぎ洗いを行います。洗剤の泡が出てこなくなるまで、何度かお湯を入れ替えながら、押し洗いを続けましょう。

 

◆優しく脱水する

洗濯が終わったら、脱水を掛けます。洗濯物を丸めて、軽く水気を切ってから、洗濯機で脱水しましょう。ここで、サテン生地の洗濯物を、雑巾を絞るようにして水気を切るのは、止めてください。サテン生地はシワが付きやすいため、仕上げにはなるだけ、手で絞らないほうがいいです。

 

干し方

◆吊して陰干しする

脱水したサテン生地の洗濯物は、陰干しで乾かします。直射日光の当たる場所に干すと、変色や変質に繋がるので裂けましょう。型崩れやシワを防ぐためにも、吊るし干しで乾かすのが向いています。

 

◆叩いてシワ取りする

洗濯物をハンガーなどに掛けてから、形を整えます。洋服などの表裏を、両手で挟むようにして、パンパンと叩きながらシワを伸ばしていきましょう。とくに、袖や裾など、洗いジワの生じやすい場所は、丁寧にシワを開いて、洋服のラインを整えておくと、仕上がりがキレイです。

 

クリーニングに出す場合

◆水洗いできないもの

水洗いできないサテン生地の衣類などは、クリーニングに出して洗いましょう。クリーニング店では、サテン生地の光沢感や滑らかさをそのままに、汚れを落としてくれるので安心です。

 

◆家庭でのドライ洗い

たとえドライマークが付いている生地でも、ドライ専用の洗剤を使って、家庭で洗っている人は多いです。しかし、サテン生地については、家庭でのドライ洗いはお薦めしません。というのも、サテン生地は、光沢感や滑らかな質感など、独特の風合いが命です。クリーニングに出す費用と手間を惜しんで、サテン生地本来の風合いが落ちてしまっては、本末転倒だからです。

 

◆染みが付いた際の応急処置

サテン生地の衣類などに、コーヒーやワインなどをこぼしてしまったとき・・・。できるだけ早く、クリーニングに出すのが一番です。が、旅先や社用などで、すぐに出せないときも。このようなときは、汚れが染みにならないよう、水拭きで応急処置をしておきましょう。水洗いができないサテン生地でも、部分的に水拭きするだけならば、さほど生地を傷めることはありません。水で濡らしたタオルなどで、トントンと叩くようにして、汚れを吸い取らせてください。

 

アイロンを掛け

◆シワ部分だけを短時間で!

洗いシワや折りシワができやすいサテン生地、アイロンを掛けたくなる気持ちは分かります。ですが、サテン生地は熱に強くないため、やみくもにアイロンを掛けるのはNGです。サテン生地の素材によっては、アイロンを当てた部分だけ、光沢が失われたり、色落ちしたり・・・ということが起こり得ます。アイロン掛けは、シワのある部分だけに絞って、短時間で終わらせるようにしましょう。

 

◆当て布をする

当て布を敷いて低温で行う

アイロンを掛けるときには、当て布をして行います。まず、サテン生地の衣類などを、裏返します。その上に、綿素材の手ぬぐいやハンカチなどで、当て布を敷きます。この当て布の上から、アイロンを掛けていきます。なお、アイロンの温度は、低温から中温で設定してください。

 

軽く乗せるように行う

アイロンは、シワの部分にだけ、軽く乗せるようなイメージで掛けてください。シワの様子を見ながら、乗せたり外したりを繰り返して、シワ取りを行います。くれぐれも、強く押し付けるようにして、アイロンを掛けるのは止めましょう。

 

◆スチームアイロンで行う

スチームアイロンでは、蒸気の量を少なめに設定してください。そして、サテン生地からアイロンを浮かせ、蒸気を軽く当てるようにして、シワ取りを行います。ただし、サテン生地の素材によっては、蒸気の水気が原因で、染みとなってしまうことがあるので注意しましょう。

 

 

 

サテン生地

 

サテンとは、繻子織りという織り方で織った織物のことです。いわゆる、サテン生地とは、いろいろな素材を使って、繻子織で作られた布地のことを言います。つるんと滑るような質感をしており、独特の光沢感があるのが特徴です。

 

サテン生地の素材

サテン生地と一括りにされがちですが、実は、いろいろな素材から作られています。たとえば、高級なサテン生地では、絹や綿などの、天然素材で作られたものが多いです。一方、日常使いしやすいサテン生地としては、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維で作られたものが、多く流通しています。

 

サテン生地の利用用途

サテン生地には、つややかな光沢があり、手触りもつるつると滑らか。きれいなドレープを出しやすいため、パーティードレスなど、フォーマルな洋服によく使われています。たとえば、子どもがいる家庭では、お遊戯会や発表会のドレスなどで、よく見掛けるのではないでしょうか。また、他の生地との摩擦が少ない特徴を活かして、コートやジャケットなどの裏地にもよく使われています。その他、サテンリボンやサテンの手袋など、高級感のある装いにも欠かせない生地です。