【サテン生地の洗濯方法】洗い方やしわの取り方を紹介

スポンサーリンク

サテンとは

 

 

サテンとは糸の織り方の名称です。

サテン生地には絹やポリエステル、ナイロンなど、いろいろな種類の素材があります。

 

柔軟な肌触りですべりが良く、独特の光沢があります。

吸水性は無く、摩擦に弱くキズつきやすいという特徴もあります。

 

サテン生地の洗濯方法

 

スポンサーリンク

 

同じサテンといっても、素材によって取扱い方法や洗濯方法はそれぞれ異なります。

衣類ごとに洗濯表示を確認して、素材に合った洗濯をしましょう。

 

洗濯に使う洗剤ですが、おしゃれ着用洗剤や合成洗剤はサテン生地の光沢を落としてしまう可能性があります。

 

可能な限り、中性の石鹸を使いましょう。

 

手洗い方法

サテン生地の色落ちや摩擦を考慮すると、手洗いが良いです。

 

①バケツやタライにぬるま湯をはります。

 

②粉せっけんを入れてよく泡立てます。

※スポンジを使うと泡立てやすいです

 

③サテン生地の洗濯物を入れ、手で優しく押し洗いをします。

 

④何回か水を替えてしっかりとすすぎます。

 

⑤短時間脱水にかけ、できるだけ広げてから日陰に干します。

 

洗濯機での洗い方

洗濯ネットを使って、他の洗濯物と一緒に洗濯できます。

 

裏返しにして畳んでから洗濯ネットに入れます。

 

②洗剤は洗濯表示に合ったものを使います。

 

③脱水は弱めにします。

 

④できるだけ広げてから陰干しします。

 

洗濯できないサテン生地

家庭で洗濯できないサテン生地の場合、濡らしたタオルで汚れを拭き取りましょう。

 

それで汚れが取れない場合は、なるべく早くクリーニング専門店に持って行きましょう。

 

サテン生地のしわの取り方

 

スポンサーリンク

 

サテン生地は、注意点はありますがアイロンなどを使ってしわを取ることができます。

保管中も工夫することによってしわを抑えることができますので紹介します。

 

アイロンを使ったしわの取り方

■基本は低温で当て布をする

サテン生地の素材や厚みによっては、高温のアイロンで溶けてしまうものもあります。

 

また、変色や光沢が落ちるのを防ぐためにも、当て布を使いましょう。

当て布が無い場合は裏側からそっとアイロンをかけます。

 

■霧吹きを使う

アイロンのスチーム機能もありますが、そうすると高温になってしまいます。

 

霧吹きで水を吹きかけてから、低温のアイロンをあてましょう。

 

水分がアイロンの熱で蒸気に変わり、繊維をふっくらさせてしわが緩みます。

そこに上からプレスすることでしわを取ることができます。

 

サテン生地の素材によっては、霧吹きの水分で水じみができることがあります。

最初に目立たない部分で試してみましょう。

 

ドライヤーを使ったしわの取り方

しわがある部分に霧吹きで水を吹きかけます。

 

手でしわを伸ばしながら、ドライヤーの温風を当てます。

 

しわを防ぐ保管方法

なるべく畳みじわができないように、間に丸めた紙などを挟むと良いです。

 

また可能であれば、畳むのではなく丸めて保管しましょう。

 

さいごに

 

 

サテンに合った洗濯やお手入れをすることによって、サテン特有の光沢や手触りを長持ちさせることができます。

 

特徴をつかんで、正しい取扱いをしましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク