【服に付いたサビの落とし方】洗濯で汚れを落とす方法!【重曹、クエン酸など】



 

本記事では、服に付いたサビの落とし方を紹介しています。

 

服に付いたサビの落とし方

 

 

お酢・食器洗い洗剤

サビ落としの方法でポピュラーなのが、お酢と食器洗い洗剤を使う方法です。どちらも自宅で揃うものなので、すぐにサビ落としに取り掛かることができます。

 

◆お酢

お酢は、米酢や穀物酢など、普通の食酢でOKです。ただし、ぽん酢やすし酢などの、調味酢は使わないでください。砂糖やだし醤油などが混ざっているため、服に染みができる原因となります。

 

◆落とし方

①下洗い

水で軽く下洗いをします。もしくは、洗濯機で下洗いを行い、脱水を終えた状態で取り掛かってもOKです。

 

②お酢と洗剤を付ける

サビ汚れの部分に、直接、お酢を振り掛けます。さらに、食器洗い洗剤を掛けます。それぞれの量は半々ぐらいか、少し洗剤が多くなるようにします。どちらも垂れやすいため、洗面台や浴室など、汚れてもいい場所で行うのがいいです。また、お酢などがすぐに垂れ落ちてしまい、サビ汚れの上にうまく乗らない場合は、歯ブラシなどに含ませて、少しずつ乗せていきましょう。

 

③つまみ洗い・こすり洗い

サビ汚れの部分をつまみ洗いします。手荒れが気になる人は、ゴム手袋などをはめましょう。歯ブラシなどでゴシゴシこすると、サビを落としやすいです。ただし、こすり過ぎると、繊維が傷むので注意しましょう。

 

④洗濯機ですすぎ洗い

洗濯機に入れて、いつもどおり洗濯します。お酢は匂いが残りやすいため、消臭効果のある洗剤を使って洗濯するといいです。ツンとした残り香が気になるときは、香り付きの柔軟剤などを入れて、匂い消しをしましょう。また、重曹を少量入れて洗濯すると、匂いが残りにくくなります。

 

 

レモン汁

酸性といえば酸っぱいもの、酸っぱいものの代表といえば、レモンです。レモンにはクエン酸が多く含まれており、サビ汚れを落とすのに効き目があります。ただし、レモン汁を付けたまま、長く放置すると、黄色い染みが残ることがあるので注意しましょう。

 

◆落とし方
①レモン汁を垂らして馴染ませる

服を濡らしてから、サビ汚れの上に、レモン汁を垂らします。レモンを絞って、果汁をそのまま垂らすと楽です。汚れた部分を、クチュクチュとつまんで、よくレモン汁を染み込ませます。

 

②塩を加えてこすり洗い

つまみ洗いか、歯ブラシなどでこすり洗いをして、サビ汚れを落とします。ここで、塩をプラスして洗うと、塩の粒が研磨剤代わりとなり、汚れが落としやすくなります。汚れが落ちたら、流水で簡単にすすいだ後、洗濯機に入れて、いつもどおり洗濯してください。

 

クエン酸

レモンの代わりに、クエン酸を使うと、より効果てきめんです。レモン汁のときほど、色素残りによる染みを、心配しなくても大丈夫です。ただし、クエン酸の成分が残ると、服の変色や変質に繋がることがあります。クエン酸を使う場合は、きれいな水で、しっかりとすすぎ洗いを行いましょう。

 

◆クエン酸

クエン酸は、掃除用として売っている、粉末状のものが使いやすいです。たとえば、暮らしのクエン酸は、クエン酸だけのシンプルな作りなので、洗濯に向いています。