【ラグマットの洗濯方法】洗濯機で洗濯可能!?洗い方や頻度などを紹介!

スポンサーリンク

 

「ラグが汚れてきたけど家で洗えるの?」と困っていませんか?

 

IKEAやニトリ、無印などのオシャレなラグを使用している方は、洗濯で生地を傷めてしまうことはないか心配ですよね。

 

本記事では、ラグマットは洗えるのか?洗濯方法洗えないラグマットのお手入れ方法などを紹介しています。

 

ラグマットの洗濯

洗濯可能?

「洗濯機のマーク」や「手洗いマーク」が表示されていれば、ご家庭でも洗えます。

 

一方で、「水洗い不可」の表示がある場合は、「洗わないお手入れ」をするか「クリーニング店に相談」しましょう。

 

素材によってはクリーニング屋さんでも断られることがあるので、その場合は「洗わないお手入れ」を行ってみてください。

 

洗濯不可な場合

ラグマットは洗濯不可の場合が多くあります。

 

特に上質なウール(ウォッシャブルウールを除く)や毛足の長い素材(シャギーなど)は、洗えないことが多いです。

 

理由としては、水洗いによって生地を傷めてしまうことや、肌触りが悪くなってしまうことが挙げられます。

 

しかし、洗濯不可でも「衛生面を考えてキレイにしたい」という方は多いですよね。

 

そのような方には、「オシャレ着用洗剤を使って拭く」という簡単なお手入れをオススメします。

 

コインランドリー

洗濯可能なラグマットでしたら、コインランドリーでのお洗濯もオススメです。

 

自宅の洗濯機では容量に限界があるため、サイズによっては洗えない、洗濯機に入れられたとしても何度も止まってしまうということがあります。

 

コインランドリーの洗濯機は容量が大きいので、ほとんどのラグは乾燥まで可能です。

 

お金かかることコインランドリーまでラグを運ぶ必要があることがデメリットですが、自宅の洗濯機では洗えないサイズのラグを乾燥まで行えるのがメリットです。

 

スポンサーリンク

 

洗濯方法

洗濯するときの注意点

◆洗濯表示を確認する

洗濯が可能な場合は、手洗い洗濯機コインランドリーでの洗濯が可能です。

 

洗濯が不可の場合は、クリーニング屋に相談するか、ご自宅で洗わないお手入れを行ってみましょう。

 

◆洗濯機の容量を確認

洗濯機で洗う場合は、折りたたんだ状態のラグが洗濯機の容量に収まるか確認しましょう。

 

入りきらない場合は、手洗いやコインランドリーでの洗濯、クリーニング屋にお願いする必要があります。

 

手洗い

ラグマットに優しい洗濯をしたい方は、手洗いがオススメです。

 

洗う場所は、ご自宅の浴槽がよいでしょう。

 

◆必要なもの

・ラグマットが入る容器または浴槽

・オシャレ着用洗剤

・ゴム手袋

 

 

◆手順

①目立つ汚れがある場合は、汚れに直接洗剤を付け、優しく握ったり摘まむようにして洗います。

 

 

②浴槽や容器にぬるま湯(40~50℃)を入れ、折りたたんだラグマット(屏風折りがオススメ)を浸けます。

 

ぬるま湯は油汚れが落ちやすい温度になります。

 

熱湯は生地を傷める可能性があるので止めましょう。

 

 

③洗剤も適量加え、1時間浸け置きします。

 

浸け置きの時間は汚れに応じて調整するとよいでしょう。

 

 

④浸け置きを終えたら洗濯液を捨て、手で押したり、足で軽く踏むなどして水分を押し出します。

 

 

⑤容器や浴槽にぬるま湯を張り、ラグを入れて押し洗いするようにしてすすぎます。

 

お湯を入れ替えながら、泡がなくなるまで繰り返しましょう。

 

 

⑥すすぎを終えたら、浴槽のフチにしばらくかけて水気をできる限り切ります。

 

浴槽で行わない場合は、手や足で押して可能な限り脱水しましょう。

 

 

⑦水分が抜け軽くなったら、風通しの良い場所で陰干しします。

 

生地へのダメージを避けるため、直射日光を避けましょう。

 

干す際は洗濯竿を2本使って、M字になるように干すと効率的に乾きます。

 

洗濯機

◆必要なもの

・オシャレ着用洗剤

・洗濯ネット

 

 

◆手順

①目立つ汚れがある場合は、汚れに直接洗剤を付け、優しく握ったり摘まんだりして前処理を行います。

 

 

②ラグマットを折りたたみ(屏風のようにしてたたむのがオススメ)、ラグが入る大きさの洗濯ネットに入れます。

 

キレイにたたむことは、型崩れの防止につながります。

 

 

③洗濯機にネットに入れたラグをセットし、「大物洗いコース」や「毛布コース」に設定してスタートさせます。

 

 

④洗濯を終えたら洗濯ネットから取り出して、風通しの良い場所で陰干しします。

 

洗濯竿を2本使ってM字にしたり、三角形になるようにして干しましょう。

 

洗わないお手入れ

ラグが洗濯不可の場合や、丸洗いが面倒という方には、オシャレ着用洗剤を用いたお手入れがオススメです

 

◆必要なもの

・オシャレ着用洗剤

・洗剤を薄める容器(洗面器やボウルなど)

・タオルやふきん×2

 

 

◆手順

⓪お手入れ前に、掃除機を使ってホコリを取り除いておきましょう。

 

 

①容器に適量のオシャレ着用洗剤とぬるま湯を入れ、洗濯液を作ります。

 

 

②①にタオルを浸け、固く絞ります。

 

 

③②のタオルでラグを優しく拭きます。

 

一方向からだけでなく、様々な方向から優しく拭いてあげましょう。

 

 

④もう一枚のタオルを水で濡らし、固く絞ります。

 

 

⑤④のタオルでラグを優しく拭いて仕上げます。

 

 

⑥風通しの良い場所で陰干しして、しっかりと乾かします。

 

外に干せない場合は、できるかぎり風通しの良い場所で干すか、扇風機やドライヤーの冷風で乾かすのがよいでしょう。

 

⑦毛並みをしっかりと整えたい場合は、洋服ブラシなどでブラッシングします。

 

洗濯の頻度

夏場は月に1~2回くらい、冬場は2,3か月に1回ほどが目安になります。

 

「汚れたら洗う」というのもオススメです。

 

お子さんがジュースをこぼしたり、ペットが汚してしまったりということがよくある方は、洗わないお手入れして、たまにしっかりと洗うのがよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

◆ラグマットは「洗濯可」の表示があれば自宅でも洗濯可能

 

◆洗濯不可の場合は、「水を洗わないお手入れ」や「クリーニング屋に相談」するのがオススメ

 

◆コインランドリーであれば、乾燥までを簡単に行える

 

◆手洗い方法

①浴槽ににぬるま湯を張り、折りたたんだラグマットを浸る

②①に洗剤を加え、1時間浸け置きする

③洗濯液を捨て、押して水分を取り除く

④お湯を入れて、泡が出なくなるまですすぐように押し洗いする

⑤浴槽のフチにかけて水を切る

⑥風通しの良い場所で陰干しして乾かす

 

 

◆洗濯機で洗う

①折りたたんで洗濯ネットに入れ、洗濯機にセットする

②「大物洗いコース」や「毛布コース」で洗濯する

③ネットから取り出し、風通しの良い場所で陰干しする

 

◆洗わない手入れ

①掃除機でホコリなどを取り除く

②水で薄めて洗剤にタオルを浸け、固く絞ってからラグを優しく拭く

③水で濡らしたタオルを固く絞り、ラグを仕上げ拭きする

④風通しの良い場所で陰干しして乾かす

 

◆洗濯の目安は、夏場月1,2回、冬場2~3か月に1回

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク