【ポリエステルの洗濯方法】洗濯機での洗い方!縮む・臭い・しわの対策方法も紹介!


スポンサーリンク

 

生地の耐久性を高めるためによく使用されているポリエステルですが、洗濯方法がわからないという方は多いのではないでしょうか。

 

本記事では、ポリエステル素材を洗濯するのときの注意点洗濯方法臭いやシワ、縮みなどの対策方法を紹介しています。

 

ポリエステルの洗濯

ポリエステル素材

ポリエステルは衣類やバッグなどによく使われている合成繊維です。

 

ポリエステルは生地として丈夫であるため、洗濯しても劣化しにくいシワになりにくいというメリットがあります。

 

また、水分を吸収しにくいため、乾きやすいという特徴もあります。

 

一方で、毛玉ができやすい静電気が起こりやすい汚れが落ちにくいというデメリットがあります。

 

毛玉と汚れの対策ができれば、長い間 簡単なお手入れで使用できる生地として重宝します。

 

洗濯できない?できる?

洗濯表示タグを確認して、洗濯マークに×が付いていなければ、ご自宅でも洗濯可能です。

 

毛玉ができないように対策したり、水温やアイロン掛けの温度に気を付けながら行いましょう。

 

洗濯マークに×が付いている場合は、クリーニング屋さんに任せることをオススメします。

 

ポリエステルは洗うことができても、混紡素材(他の素材と混ざっている)場合や、他の生地が使用されている場合には洗えないケースがあります。

 

縮む・伸びる

ポリエステル100%の場合は、縮んだり・伸びたりする可能性は低いです。

 

一方で、他の素材が混ざっている場合には、伸び縮みする可能性があります。

 

伸び縮みが心配な方は、手洗いで短時間で洗う、洗濯機で洗濯する場合はキレイにたたんで洗濯ネットに入れて洗うことをオススメします。

 

毛玉

ポリエステル素材は毛玉ができやすい特徴があります。

 

日常生活や洗濯中に、表面の細かい繊維は他の生地とこすれ、その摩擦によって繊維が丸くなってしまうのが原因です。

 

洗濯中は、毛玉対策として洗濯ネットに入れて洗いましょう。

 

日常生活でできる毛玉は、毛玉防止スプレーを使用して対策することができます。

 

 

シワ

基本的にポリエステルはシワになりにくいですが、織り方(サテン生地など)によってはシワになることもあります。

 

シワを作らないためにも、以下の点に気を付けましょう。

 

◆洗濯機での脱水を短めにする

長時間の脱水によるシワは、伸ばしにくいので注意しましょう

 

◆伸ばしてから干す

乾かす際は、シワを丁寧に伸ばしてから干しましょう。

 

できてしまったシワは、アイロンがけのほかに、しわ取りスプレースチームアイロンでも簡単に伸ばすことができます。

 

 

 

乾燥機

乾燥機の使用は控えたほうがよいでしょう。

 

ナイロンやアクリルよりは耐熱温度が高いですが、熱によって縮んでしまう可能性があります。

 

また、乾燥機での乾燥中に、摩擦で毛玉ができてしまったり、シワがついたまま乾いてしまう恐れがあります。

 

スポンサーリンク

 

洗濯方法

洗濯表示を確認

洗濯を始める前に、洗濯表示タグで以下のポイントを確認しておきましょう。

 

◆洗濯機で洗えるか(または手洗い)

 

引用:消費者庁 新しい洗濯表示

 

ご自宅で洗濯できるのか、洗濯機で洗えるのか、手洗いするのがよいのかを確認しましょう。

 

◆洗濯機で洗えるか(または手洗い)

×マークがついている場合は、ご自宅での水洗いは難しいので、クリーニング屋さんにお願いしましょう。

 

◆水温の上限

洗濯の表示にある数字を確認し、必ずその水温以下で洗濯を行いましょう。

 

水温が低すぎると汚れが落ちにくいので、可能であれば40~50℃で洗うとよいでしょう。

 

逆に温度が高すぎると生地を傷めてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

◆アイロンの温度

 

引用:消費者庁 新しい洗濯表示

 

アイロンをかける場合には、設定温度を確認しましょう。

 

同じポリエステル素材でも適切な洗濯の仕方は様々なので、洗濯前にしっかりと確認しておきましょう。

 

シミの落とし方

 

目立つシミや汚れがある場合は、洗濯前に部分洗いをしておきましょう。

 

◆必要なもの

・洗濯用洗剤

 

・洗濯物を浸ける容器(洗面器など)

 

◆手順

①シミに直接 洗濯用洗剤をつけます。

 

 

②シミの部分をつまむように優しく洗います。

 

注意
ゴシゴシすると繊維を痛めたり、毛玉ができてしまう原因となるので注意しましょう。

 

 

③シミが薄くなったら、洗面器にぬるま湯を張り、洗濯斧を10分程度つけ置きします。

 

洗濯機での洗い方

◆必要なもの

・洗濯用洗剤

 

・洗濯ネット

 

・柔軟剤

 

洗濯ネットは、洗濯物が丁度入るジャストサイズのものを選びましょう。

 

柔軟剤は、繊維が受けるダメージ減らすことや静電気防止に効果的です。

 

◆手順

①洗濯物をきれいにたたみ、洗濯用ネットの中に入れます。

 

丸めたりして適当に入れるのではなく、洗濯用ネットのサイズに合わせて折りたたんで入れましょう。

 

生地へのダメージ軽減や毛玉防止になります。

 

 

②洗濯用洗剤と柔軟剤をセットし、デリケートコース(ドライ、手洗いなど)で洗います

 

 

③洗い終えたら、30秒~1分程度で脱水を行います。

 

 

④脱水した後はすぐに洗濯機から取り出し、しわを伸ばします。

 

 

⑤形を整えてハンガーにかけ、風通しの良いところで陰干しします。

 

手洗い方法

洗濯表示に手洗いとあるものや、できるだけ生地に負担をかけたくないという場合には、手洗いで洗濯するのがオススメです。

 

◆必要なもの

・洗濯物を洗う容器

 

・ぬるま湯

 

・おしゃれ着用洗剤

 

・大き目のタオル(ドライ用)

 

・柔軟剤(必要があれば)

 

 

◆手順

⓪付属品などはある場合は、あらかじめ外しておきます。

 

 

①洗面器にぬるま湯を張り、適量のおしゃれ着用洗剤を加えて混ぜます。

 

 

②①に洗濯物を浸け、押し洗い・振り洗いします。

 

強くこすったりせずに、優しく洗いましょう。

 

 

③綺麗なぬるま湯に入れ替えながら、泡が出なくなるまでしっかりとすすぎます。

 

柔軟剤を使用する場合は、すすぎの最後に入れましょう。

 

 

④洗濯物を容器から持ち上げ水を切り、タオルで挟んで水分を吸い取ります。

 

洗濯用ネットにたたんで入れ、洗濯機で30秒~1分脱水しても大丈夫です。

 

 

⑤形を整えて、風通しの良いところで干します。

 

臭い対策

 

嫌な匂いがするという場合には、下記の方法を参考にしてみてください。

 

◆酸素系漂白剤を使用する

臭いがある場合には、洗濯機で洗う際に酸素系漂白剤を使用するのが効果的です。

 

方法は、酸素系漂白剤を水で薄め、それを洗濯機の中に入れて通常通り洗うだけです。

 

注意
酸素系漂白剤と相性の悪い場合もあるので、洗濯表示を見て使用できることを確認してから行いましょう。

 

引用:消費者庁 新しい洗濯表示

 

 

◆衣類用消臭スプレーを使用する

手軽に消臭したい場合は、衣類用消臭スプレーを使うのがオススメです。

 

スプレーした後に、風通しの良い場所でしっかりと乾かせば、気になるニオイを落とすことができます。

 

 

スプレーでも臭いがどうにもできない場合は、酸素系漂白剤を使用して洗濯するのがよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

◆洗濯マークに×があるもの以外は、ほとんどが自宅で洗濯できる

 

◆伸び縮みしにくいがする可能性もあるので、脱水時間は短め、温度に注意する

 

◆毛玉ができやすいので、洗濯ネットに入れたり、毛玉防止スプレーをして対策する

 

◆シワになりにくいが、他の素材混ざっている場合は注意が必要

 

◆縮む可能性があるので、乾燥機の使用は避けたほうがよい

 

◆洗濯前に洗濯表示を確認する

・洗い方

・洗うときの上限温度

・アイロンの温度

 

◆シミや汚れがある場合は、洗濯前に部分洗いしておく

 

◆洗濯機での洗い方

①たたんで洗濯ネットに入れ、柔軟剤も使用して洗う

②短時間で脱水して、しわを伸ばして陰干しする

 

◆手洗い方法

①ぬるま湯に中性洗剤を入れ、洗濯物を浸けて押し洗いする

②ぬるま湯を替えながら、泡が出なくなるまですすぐ

③水を切り、タオルで挟んでドライする

④しわを伸ばして、風通しの良い場所で陰干しする

 

◆臭いの対策方法

・洗濯機で洗うときに酸素系漂白剤を使用する

・衣類用消臭スプレー吹きかけ、しっかりと乾かす

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク