【パーカーの洗濯方法】洗い方や干し方、洗濯頻度、縮む・シワの防止方法など【洗濯ネットやハンガーも紹介】


スポンサーリンク

 

本記事では、パーカの洗濯方法や干し方、洗濯頻度、洗濯のコツなどを紹介しています。

 

パーカーの洗濯

 

普段着として便利なパーカーは、洗わずに何度も着用してしまいがちですよね。ルームウェアやスポーツウェアとしても着られる分、いつの間にか汚れていたり、臭いが染み付いていることも。パーカーは家庭でも洗いやすいので、こまめに洗濯して、汚れや臭いを落としておきましょう。

 

洗濯頻度

着るたびに毎回、パーカーを洗う人は少ないでしょう。パーカーは、Tシャツなどの上にはおって着ることが多く、汗や皮脂で汚れにくいです。そのため、洗う頻度としては、3~4回着るごとに、一度洗えば充分でしょう。ただし、汗をかきやすい夏場や、アウトドアで着たパーカーなどは、たとえ1回着ただけでも洗ったほうがいいです。もちろん、汚れに気付いたときには、すぐに洗うようにしましょう。

 

洗濯するときの注意点

◆縮まないように優しく洗う

パーカーは、コットンやナイロンを素材としたものが主流です。コットンには、洗濯のやり方が悪いと、縮みやすくなるという性質があります。この縮みや、毛玉などによる傷みからパーカーを守るためにも、優しく洗うことを心がけましょう。とくに、乾燥機で乾かすのはNGです。

 

◆フードや紐などの取り扱い

パーカーには、フードや紐、ファスナーなどの付属物が付いています。基本的には、取り外しができないため、付けたまま洗います。ただし、無造作に洗濯機に放り込むような洗い方では、フードや紐が傷んでしまうことがあるので注意しましょう。とくに、紐は、洗濯機の中で回転するうちに、パーカーから飛び出してしまい、他の洗濯物に絡み付いてしまうことがよくあります。

 

◆かさばりやすいので一着ずつ洗う

パーカーは生地が分厚いものが多く、洗濯機の中でかさばります。他の衣類などと一緒に洗濯機に入れると、水を吸ったパーカーが膨張して、洗濯槽の中がぎゅうぎゅうになり、回転に支障が出ることも。また、水を吸ったパーカーは重たく、洗濯槽にぶつかって、ガンガンと音を立てることがあります。パーカーは、とにかく場所を取るので、一着だけで洗うのがお薦めです。

 

◆乾きにくい!

パーカーは、洗った後に乾きにくいです。パーカーの裏地は、パイルや起毛の生地で作られていることが多いです。パイルとは、タオルと同じ織り方であり、さらっとした感触で、汗をしっかりと吸い込んでくれます。起毛は、毛羽だった生地が柔らかく、暖かいのが特徴です。パイル・起毛の生地ともに、水分をよく吸収するため、洗濯の後に乾きにくいという難点があります。また、防寒用として着られる、裏地にボアを張ったタイプのパーカーでは、さらに乾きにくくなります。

 

◆凝ったデザインは手洗いで

凝ったデザインのパーカーは、手洗いで洗うことをお薦めします。とくに、プリント地や刺繍、ボタンなどが施されているパーカーは、できるだけ手洗いで。洗濯機で洗うと、プリントが剥がれたり、刺繍やボタンなどがほつれたりすることがあります。

 


スポンサーリンク

 

洗濯前の準備

洗濯表示の確認

パーカーに付いているタグを見て、洗濯表示を確認しましょう。家庭で洗えるパーカーは、洗濯機可、または手洗い可と表示されているものです。

 

ファスナーを閉めて、付属物を取り外す

パーカーのファスナーを、全部閉めます。フードの紐は、長さを均等に調整してから、前で軽く結んでください。固く結ぶと、洗濯の後にほどけなくなるので注意です。なお、取り外しできるフードや付属物がある場合は、洗濯前に取り外しておいてください。裏ボアなどは、ボタンで取り外しできるタイプもあります。

 

パーカーを畳む

パーカーを畳みます。畳むときには、汚れた部分が外側に出るようにしてください。とくに目立つ汚れがない場合は、襟元や袖口、裾などが外側に出るようにして畳みます。襟元が外を向くように、フードは後ろに倒すといいです。

 

洗濯ネットに入れる

すぐに洗濯機で洗う場合は、畳んだパーカーを洗濯ネットに入れてください。手洗いで洗う場合は、畳んだ状態のまま、水に浸して洗います。

 

手洗い方法

 

手洗い表示のパーカーや、凝ったデザインのパーカーなどは、手洗いで洗いましょう。また、汚れがひどいパーカーでは、洗濯機で洗う前に、手洗いで下洗いをしておくと、汚れを落としやすくなります。

 

使う洗剤

洗剤は、エマールなどのおしゃれ着洗い洗剤を使ってください。汚れがひどい場合は、ウタマロ石けんなどの、石けん洗剤を使ってもOKです。また、洗剤を素手で触るのに抵抗がある人は、ゴム手袋などを着用しましょう。

 

 

洗い方

①洗剤水にパーカーを浸す

洗面器などにぬるま湯を張り、洗剤を溶かしてから、パーカーを浸します。パーカーは畳んだ状態のまま、洗面器の底まで沈めて、洗剤水をしっかりと染み込ませてください。

 

②押し洗いやもみ洗いで洗う

両手を使って、優しく押し洗いをします。汚れが気になる部分は、手でクチュクチュとつまんで、もみ洗いをしてください。パーカーで汚れやすいのが、襟元や袖。この部分は、他のところよりも丁寧に、もみ洗いや押し洗いを行いましょう。必要に応じて、畳んだパーカーを開きながら、全体をよく洗います。フードやポケットの中も、忘れずに洗いましょう。

 

③すすぎ洗いをする

洗剤水が濁ってきたら、新しいぬるま湯に入れ替えて、すすぎ洗いを行います。押し洗いと、ぬるま湯の入れ替えを何度も繰り返して、洗剤をきれいに落としてください。パーカーは洗剤が残りやすいため、他の衣類を洗うときよりも念入りに、すすぎ洗いを行いましょう。

 

④脱水する

洗い終わったら、洗濯機で脱水を掛けます。脱水は、手洗いモードなどで、1分程度で設定するといいです。なお、厚みのあるパーカーでは、手で絞ったぐらいでは、なかなか水気が切れません。手洗いといえども、脱水は洗濯機に頼ってください。

 


スポンサーリンク

 

洗濯機での洗い方

 

ほとんどのパーカーは、洗濯機で洗うことができます。洗濯表示で、洗濯機可となっているパーカーは、通常洗いでジャブジャブ洗っても大丈夫です。ただし、買ってから最初に洗うパーカーは、生地の様子を見るためにも、手洗いモードで洗うのが安心です。

 

洗い方

畳んでから、洗濯ネットに入れたパーカーを、洗濯機の中に入れます。設定は、手洗いモードかドライモードで行うのが無難。洗剤は、おしゃれ着洗い洗剤などを使ってください。あとは脱水まで、洗濯機におまかせすればOKです。

 

パーカーの干し方

干すときのポイント

濡れたパーカーは、どっしりと重たいです。いつもどおりにハンガーに掛けると、袖口や裾に水気が垂れて、型崩れの原因となります。パーカーを干すときには、重さができるだけ均等に掛かるように、うまく吊すのがポイント。また、パーカーは、とても乾きにくいです。ファスナーを開くなどして、空気の通り道を作ってあげるといいでしょう。

 

物干し竿で干す方法

物干し竿に、パーカーをくるんと巻き付けて干します。物干し竿さえあればOKの、原始的な干し方です。ハンガーで干すよりは型崩れしにくいですが、物干し竿の丸みなどが、跡に付くことはあります。

 

◆干し方

胸部分で折ったパーカーを、物干し竿に掛けてから、両袖を横に移動させ、物干し竿にもう一巻きさせます。フードと裾の重みを、ちょうどいいバランスで掛けると、ズリ落ちにくくなります。洗濯バサミで留めるときは、物干し竿ごとパーカーを挟んでください。太くて丸みがある洗濯バサミを使うと、パーカーに跡が付きにくいです。

 

ハンガーで干す方法

◆干し方

ハンガーで干すときには、立体的に吊すと、乾きやすくなります。ハンガーは3本用意し、10㎝程の間隔を空けて、物干し竿に掛けます。真ん中のハンガーに、パーカーを普通に掛けます。正面を向いたほうのハンガーに、両袖をぶらんと垂らして掛けます。後ろのハンガーには、フードを掛けて、洗濯バサミで留めます。

 

 

◆干すときのコツ

この乾かし方では、パーカーによく風が通るように、うまく形を整えるのがコツです。ハンガーとハンガーの間を調整して、ズリ落ちない程度に、風通しが良い状態をキープしてください。ハンガーが風で動く場合は、それぞれのハンガーを、竿用ピンチで留めておきましょう。また、袖にハンガーの跡が付きそうなときは、ハンガーにタオルなどを巻いてから、パーカーを乗せるといいです。

 

平干しで干す方法

型崩れが気になるパーカーは、平干しにするといいです。ニット用などの平干しネットに、パーカーを置いて干してください。両袖やフードは開き、服同士の重なりが少なくなるように置くのが、早く乾かすコツです。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク