【パーカーの洗濯方法】パーカーの洗い方や干し方を紹介!


スポンサーリンク

 

カラー展開もやデザインも豊富で、着回しのきくパーカー

普段みなさんはどのように洗っていますか?

 

実は、意外とパーカーは縮みやすく、お洗濯の際も気を付けてあげなければいけません。

黒や濃色のものだと色落ちも気になりますよね。

 

そこで今回は、パーカーの洗い方と干し方をご紹介します!

 

パーカーはどうして縮みやすいの?

 


スポンサーリンク

 

普段使うパーカーは、コットンスウェット地など、綿素材のものが多いです。

この綿素材は、引っ張られたら元に戻ろうとする性質をもっています。

 

さらに、水分を含むと膨張し、その状態から乾燥機などで一気に乾燥させると、元に戻ろうとする力が急激にはたらきます。

そのために縮んでしまうのです。

 

パーカーを縮ませない洗い方

 

 

一番良い洗濯方法は、ぬるま湯と洗剤でもみ洗いすることです。

洗濯機を使うと他の衣類と絡まって引っ張られたり、脱水の際に引っ張られたりします。

 

着る機会がも多いだけに、なかなか毎回手洗いは大変ですよね。

すごく大切なもの以外はできれば洗濯機で洗いたいという方も多いと思います。

 

そこで、洗濯機で洗う際に注意したいことをご紹介します。

 

必ず洗濯ネットに入れる

洗濯ネットに入れることで、他の衣類と絡まるのを防止してくれます。

また、摩擦も軽減してくれるので、色落ちの防止にも役立ちます。

 

ネットに入れる際は、引っかかり防止のためファスナーを閉め、抜けないようにフードの紐を軽く結んでおきます。

 

また、汚れやすい襟、袖、裾が表に出るようにしてたたみ、ちょうどよいサイズのネットにパーカーだけを入れましょう。

 

おしゃれ着洗剤を使う

おしゃれ着用洗剤などの中性洗剤は、普通の弱アルカリ性の洗濯洗剤に比べて、生地にかかる負担が少ないので色落ち防止に役立ちます。

 

ただし、洗浄力は落ちるので比較的汚れの少ない衣類と一緒に洗うのがよいです。

 

脱水を短めに設定する

洗濯機での脱水も、縮みの原因となります。

これは綿素材で出来ている衣類全般に言えることですので、余裕があったら綿素材・化学繊維素材と分けて洗濯すると良いです。

 

脱水時間の目安としては、Tシャツ程度の厚さで1分、スウェット地で3分ほどです。

 

頻繁に洗濯すると、生地の傷みや縮みの危険性も高くなります。

皮脂や汗の付着を防ぐために、長袖のインナーを着用するなどして、洗濯の頻度を調整するのも予防になります。

 

特別な汚れがなく、汗や皮脂の対策をしている場合には2〜3回着るごとに1回、アウターとして着る場合には4〜6回に1回ほどの洗濯頻度で大丈夫です。

 

パーカーの干し方

 


スポンサーリンク

 

続いては、洗濯したパーカーの干し方をご紹介します。

様々な方法がありますが、おすすめなのはハンガーを3本使った干し方です。

 

 

①普通にパーカーをハンガーにかけ、その前後にハンガーを、竿にかけておきます。

 

②両袖を全面のハンガーに重ならないようにかけます。

オバケが「うらめしや〜」としているポーズに似た状態になります。

 

③背面のハンガーの、三角の頂点あたりにフードを洗濯バサミで止めます。

乾きにくいフードもこうして風を通してあげることで乾燥しやすくなります。

 

この干し方では袖の重みで引っ張られることなく、ダメージも軽減できます。

 

普通のハンガーにジョイントし、フード部分を広げて干せるパーカー用ハンガーも100円ショップなどで購入できます。

 

いかがでしたか?

 

カジュアルさがいいパーカーも、ヨレヨレになっていたら部屋着感が出てしまいます。

ひと手間かけてお洗濯して、オシャレに着こなしたいですね!

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク