【絵具シミの洗濯】染み抜き・汚れの落とし方を紹介


スポンサーリンク

絵具のシミ・汚れ

 

絵具のシミは、水性になります。

水性のシミというと、水に溶けだしやすく落としやすいという特徴がありますが、絵具の場合は少し違います。

 

絵具には色を出すために「顔料」というとても小さな粒子と、乾いたときに色を固めて定着させるためのメディウム」という成分が含まれています。

この二つが含まれていることによって、水では簡単に落とすことができない汚れとなっています。

 

また、絵具汚れが乾いている場合乾いていない場合でも、染み抜きの方法が変わってきます。

顔料はいくら漂白剤を使っても効果がありませんので、絵具に合った汚れの落とし方を意識しましょう。

 

絵具の染み抜きを行うときの注意点

スポンサーリンク

 

絵具が乾いていない場合は、他の場所にもついて広がる恐れがありますので、持ち運ぶときは気を付けましょう。

絵具が乾いている状態でも、少しでも水に触れると一気に流れ出て広がります。

 

染み抜きをするつもりが、逆にシミが広がってしまったということにならないよう、作業は必ず水場で行って洗いとすすぎを素早くするようにしましょう。

 

乾く前の絵具汚れの落とし方

 

台所用中性洗剤とクレンザー

台所用中性洗剤とクレンザーを混ぜたもの歯ブラシにつけて絵具に馴染ませます

 

②手でつまみ洗いもみ洗いをしてすすぎます

 

③絵具が落ちるまで繰り返し、落ちたらすすいで洗たくします

 

でんぷんのりと固形石けん

①絵具汚れが付いている部分にでんぷんのりを塗ります

 

②のりの上から固形石けんをこすりつけ、もみ洗いをします

汚れがひどい場合は、もんだ後にしばらく放置しておきましょう

 

③しっかりとすすいでから通常通り洗たくします

 

でんぷんのりと洗たく洗剤

①絵具汚れを水と洗たく洗剤を使ってもみ洗いをしてできるだけ落とします

 

②残ったシミにでんぷんのりをつけてもみ洗いをします

 

③シミが落ちたら、のりを洗い流してから洗たくします

 

乾いた絵具シミの落とし方

スポンサーリンク

 

洗たく用固形石けん

①乾いている絵具に、少し水で濡らした固形石けんをこすりつけます

 

②シミの部分を数回もんで、そのまま通常通り洗たく機で洗濯します

 

クレンジングオイルと中性洗剤

①絵具のシミの部分の下にタオルを敷いておき、クレンジングオイルをつけて歯ブラシで馴染ませます

 

②シミが薄くなるまで歯ブラシでやさしく叩きます

 

③シミが落ちたら中性洗剤をつけてもみ洗いをしてすすぎ、通常通り洗たくします

 

アルコールと酸素系漂白剤と重曹

①染み抜きをする部分の下にタオルを敷き、絵具汚れを覆うようにアルコール消毒液を塗ります

※ジェルタイプは手でなぞるように塗り、液体タイプはスプレーなどで吹きかけます

 

酸素系漂白剤と重曹を1対1の割合で混ぜたものをペーパーや布につけて、シミの外側から内側に向かって叩きます

 

③汚れが落ちたら、裏側から水圧を高くした熱いシャワーをあてて洗い流してから洗たくします

 

シミ抜きしない方がよい場合も

 

絵具が服につくのは、学校や保育所や幼稚園などでつく場合が多いと思います。

 

スモッグや体操服などの家庭で洗たくできるものの場合は上記の方法で対処しましょう。

しかし、学校の制服や色柄物、デリケート素材の衣類といった、家庭で洗たくできないものに絵具がついてしまった場合は、そのままの状態でクリーニング店に持ち込んで相談しましょう。

 

すぐに洗濯できないものの染み抜きをしようとすると、逆にシミが広がってしまったり、変色してしまったりする恐れがあります。

 

 

一言に絵具シミといっても、絵具の種類や状況、衣類の種類によって汚れの落ち具合は毎回違います。

 

絵具汚れの落とし方はいろいろな方法があります。

そのときの状態に合わせた染み抜きが行えるようにしておきましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク