【ノロウイルスの洗濯方法】嘔吐物の付いた洗濯物を洗濯機で一緒に洗っていいの?


スポンサーリンク

 

本記事では、ノロウイルスの方の洗濯物の洗濯方法を紹介しています。

 

ノロウイルスと洗濯

消毒は必要なのか

洗濯物の消毒はとても有効的な方法です。

 

ノロウイルスは非常に感染力が強いです。

 

洗濯ものに付着した唾液や鼻水、嘔吐物などが空気中に舞って二次感染を起こす恐れがあります。

 

洗濯機で一緒に洗っても大丈夫なのか

ノロウイルス感染者の洗濯物と別の洗濯物を一緒に洗うのは避けましょう。

 

ノロウイルスは消毒液や熱にとても強く、他のウイルスに比べてとても感染力が強いです。

 

ノロウイルス感染者の洗濯物に付着した細菌が洗濯機の中で別な洗濯物に付着し、そこから感染してしまう可能性も高いです。

 

いつまで注意する必要があるのか

ノロウイルスは一度感染して完治しても、再度発症するケースがあります。

 

ノロウイルスに感染した人の体液や汚物が触れたものを洗う時は、2~3週間注意が必要です。

 

洗濯槽の消毒は必要なのか

洗濯物同様、ノロウイルスが付着した洗濯物を洗った洗濯機にも菌は付着します。

 

洗濯槽は入り組んでいて菌が繁殖しやすい環境です。

 

ノロウイルス感染者の洗濯物を洗った後はきちんと消毒しましょう。

 

ハイターやカビキラーなどで洗濯槽を洗浄することが一番有効的です。

 

 

洗剤

ノロウイルスは消毒液や洗剤などでは死滅しません。

 

次亜塩素酸ナトリウムが主成分の塩素系漂白剤を使用します。

 

塩素系漂白剤は白くする力がとても強いので、色柄物には特に注意が必要です。

 


スポンサーリンク

 

洗濯方法

洗濯前の処理

◆必要なもの

・マスク

 

・ゴム手袋

 

・キッチンペーパーやティッシュペーパー

 

・エプロン

 

・ビニール袋

※上記はすべて使い捨て出来るものを準備します。

 

・大きめのバケツや洗面器

 

・水

 

◆手順

①大きめのバケツや洗面器に洗濯物が十分に浸かるくらいの水を入れます。

 

 

②マスク、ゴム手袋、エプロンを装着し直接洗濯物に触れないようにします。

 

 

③洗濯物に付着した固形物(嘔吐物や排泄物など)をキッチンペーパーなどで取り除きます。

 

 

④ビニール袋に②を入れしっかりと口を閉じます。

 

 

⑤洗濯物の固形物を取り除いたら、水の中に静かに入れます。

 

 

⑥洗濯物を前後に揺らすように水の中で振り洗いします。

 

菌が空気中に散りますので決して水の中から出さないでください。

 

消毒方法

◆必要なもの

・ハイター

 

・ミルトン など

 

ハイターだけでなく、赤ちゃんの哺乳瓶を消毒する際に使用する「ミルトン」もおすすめです。

 

ミルトンは成分が塩素系漂白剤と同じになります。

 

子育て中のご自宅にあるもので簡単に消毒が可能になります。

 

◆手順

①ノロウイルスに感染しないようにマスク・ゴム手袋・エプロンなどを装備します。

 

 

②消毒するものが完全に水に浸るくらいの大きさのバケツや洗面器に塩素系漂白剤調整液を入れます。

 

 

③洗濯物を②にゆっくりと入れ、しっかりと全体をつけます。

 

 

④色落ちの心配があるものは、汚れた部分のみを浸透させるなど全体を付けないようにします。

 

 

⑤約10分間そのままつけ置きします。

 

ベビーグッズは、洗剤でよく洗ったあと、0.02%次亜塩素酸ナトリウム溶液(ミルトン4L専用容器を使用する場合:水3920mL、ミルトン80mL)にひたします

 

引用:Milton ノロウイルス感染対策

 


スポンサーリンク

 

洗濯方法

消毒が完了したらしっかりと洗濯をしましょう。

 

消毒液を軽く絞ってから洗濯機に入れます。

 

◆必要なもの

・洗濯用洗剤

 

・85℃以上のお湯(熱水が使えない洗濯機は通常通り水でOK)

 

・塩素系漂白剤調整液

 

・キッチンペーパーやティッシュ

 

◆手順

①洗濯用洗剤をセットします。

 

 

②お湯を使用する場合はお湯を入れてから洗濯物を入れます。

 

注意
洗濯物が入っているところに勢いよくお湯を投入すると、空気中にウイルスが舞う可能性があります。

 

 

③通常通り洗濯をしましょう。

 

しっかりと脱水して水気を切ることも大切です。

 

しっかり水を切ると早く乾かすことが出来ます

 

乾かし方

洗濯物を乾かすときは、しっかりと全体を乾かすことが重要です。

 

生地が重なっている脇や襟元などは乾きやすいようにハンガーなどで広げて干しましょう。

 

短時間でしっかり乾かすことで菌の繁殖を防ぎます。

 

乾燥機を使う

乾燥機を使用するのがとても効果的です。

 

せっかく洗濯をして菌を洗い流したのに濡れたまま長時間放置することで菌を繁殖させてしまいます。

 

衣類によっては乾燥機が使えない物もありますので注意が必要です。

 

タオルなど使用頻度が多いものは乾燥機でしっかりと乾かし、菌の繁殖をさせないようにします。

 

天日干し

天気が良い日は天日干しが有効的です。

 

高温多湿の場所に乾かすことで菌の繁殖が進んでしまいます。

 

天日干しでカラっと干しましょう。

 

風通しの良いところだと早く清潔に乾きます。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク