【革財布を洗う】カビや黒ずみなどの汚れの落とし方を紹介

スポンサーリンク

革財布のお手入れ

 

〇注意事項

■水は染みの原因

革は水に弱い素材です。

染みの原因となるので、水洗いは避け、水がついてしまったら干しましょう。

 

ドライヤーで乾かすことも革を傷めるのでやめましょう。

 

■乾燥を防ぎましょう

定期的に油分を補いましょう。

手の油分でも保護膜ができますが、時々専用クリームでのメンテナンスも行いましょう。

 

〇お手入れ方法

①革についたほこりや汚れを落とします。

ブラシを使うと便利ですね。

 

防水スプレーをかけます。

染みにならないよう、スプレーを離した位置から全体に吹きかけます。しっかり乾かします。

 

クリームを塗ります。

つや出しと革の表面に保護膜ができるようにクリームでお手入れします。つけすぎに気をつけて、少量を革全体に薄くのばしていきましょう。

 

柔らかい布を使って乾拭きをします。

余分なクリームも拭き取っておきます。

 

汚れの落とし方

スポンサーリンク

 

まずは、汚れの種類を確認しましょう。

 

汚れの成分を見極めることで正しい落とし方ができるので、革にダメージを与えません。

汚れを落としたら、全体的にクリームを塗って保護膜を作っておきましょう。

 

〇軽い汚れ

ブラシ

ブラシで軽くこするだけで落ちる汚れもあります。

 

専用の消しゴム

革専用の汚れ落としの消しゴムが市販されています。

一度試してみてください。

 

〇黒ずみ

長年愛用していると、手垢などが原因で黒ずみができてしまいます。

 

■クリーナー

油分は油分で落とすのが効果的なので、革専用のクリーナーを使います。

お手持ちのクリーナーで落ちない時には、別の種類を使ってみてください。

汚れ落ちに特化した、アルカリ成分配合のクリーナーもあります。

 

①汚れのある部分にクリーナーをつけます。

つけすぎに注意しましょう。

 

②革になじんだら、柔らかい布で拭き取ります。

 

乾いた布で拭き、余分なものを取り除いてつやを出します。

 

■中性洗剤

クリーナーを使うのが最適ですが、手元にない場合、中性洗剤でも代用できます。

 

薄めた洗剤を使って黒ずみを落としていきます。

汚れは、早めに落とした方が落ちやすいので、放っておかずに試してみましょう。

 

①固く絞った布に薄めた洗剤をつけ、黒ずみを拭きます。

 

②乾拭きをします。

 

〇ボールペンのインク汚れ

ボールペンは油分が含まれている場合が多いので、クリームで落とします。

 

①クリームをボールペンがついた革の部分に馴染ませます。

 

②拭き取るようにして汚れを落としていきます。

 

〇飲料など水溶性の汚れ

革は水に弱いというポイントを押さえて汚れを落とします。

 

①固めに絞った布で汚れのあるところを拭きます。

 

②汚れが拭き取れたら、陰干しをしておきましょう。

汚れを落とすために濡れてしまうので、しっかり乾かすことが大切です。

 

〇汚れ防止対策

汚れがつきにくくするためには、日頃から革の表面に油分が保たれているか気にかけておきましょう。

また、防水スプレーとクリームを使ったメンテナンスを定期的にしておくことも、汚れ防止に効果があります。

 

カビの落とし方

スポンサーリンク

 

カビが生えてしまったら、革の種類別にカビを落としましょう。

ただし、カビ菌が革の奥の方まで浸透してしまっている場合は、専門のクリーニング店へ相談することをおすすめします。

 

〇ほとんどの革

固めに絞った布でカビを拭き取りましょう。

大半のものはこれで拭き取ることができます。

 

こすってしまうとカビと水分が広がるので、つまみ取るようなイメージで広げないように拭き取るといいですね。

 

〇スエードなど起毛している革

拭き取ることは難しいので、ブラシなどでこすり落とします。

 

綿棒や柔らかめのサンドペーパーも使用してみましょう。

 

〇カビ対策

濡らさない

濡れてしまった時にすぐに風通しの良いところで陰干しすることがおすすめです。

 

カビ菌は乾燥に弱いので必要以上の湿度とならないようにしましょう。

 

■使用後に気を付ける

ポケットに革財布を入れておいたまま、汗をかいた時も要注意です。

使用後は風通しの良い場所に置いたり、陰干しをしたりしましょう。

 

汚れをそのままにしない

汚れもカビ菌の栄養となってしまうので、汚れをきちんと取り除いておくことも大切です。

 

さいごに

 

革は経年劣化を楽しめる素材なので

革財布に愛着をもたれる方は多いのではないでしょうか?

 

油分を補う適切な湿度を保つことをおさえておきましょう。

汚れたら、少しでも早いうちに汚れの種類に合わせて取り除くことが大切ですね。

 

カビが発生しても、早いうちだと簡単に落とすことができます。

毎日使うものだからこそ、手入れをしっかりして経年劣化を楽しみましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク