【ジャンパーの洗濯方法(ポリエステル・ナイロン)】洗濯機での洗い方や手洗い方法



 

ジャンパーのお洗濯に困っていませんか?

 

「自宅で洗っていいのか?」「どんなことに注意して洗うといいの?」など分からないことが多いですよね。

 

ノースフェイスやコロンビア、ユニクロのジャンパーなどは、ナイロンやポリエステル素材で作られているものが多いです。

 

本記事では、ナイロンやポリエステル製ジャンパーの洗濯方法乾かし方洗濯するときの注意点などを紹介しています。

 

ジャンパーの洗濯

洗濯しない

ポリエステルやナイロンのジャンパーは、素材の特徴や防水加工により汚れが付きにくいです。

 

しかし、全く汚れが付かないというわけではありません。

 

細かい粒子(花粉など)や粘性のあるの物質は、服の繊維に入り込んでしまいます。

 

汚れにくくても汚れないということではないので、洗濯しないというのは避けましょう。

 

洗濯できる

ポリエステルやナイロン素材のジャンパーの多くは、自宅で洗濯可能です。

 

毎回クリーニングに出す必要がないので、ジャンパーを自宅で洗えるのはとても便利です。

 

しかし、「ただ洗濯機に入れて普通に洗えばよい」というわけではありません。

 

洗濯表示のタグをしっかりと確認し、それに沿って洗濯する必要があります。

 

ドライクリーニング

ドライクリーニングマークの表示があるジャンパーも、ご自宅で洗うことができます。

 

「自宅では無理かな?」と思われるドライクリーニング表示のあるジャンパーですが、急いで洗いたいとき自宅で洗っても大丈夫なのです。

 

ただし、革やシルク、カシミア、レーヨンなどが含まれているジャンパーは、同じドライクリーニングマークでも自宅ではお手入れが難しいので注意しましょう。

 

大切な衣類や絶対に失敗したくない高級な衣類などは、無理をせずクリーニング屋にお任せしましょう。



 

 

洗濯方法

注意点

◆ポリエステル

ポリエステルは衣類に多く使われている素材です。

 

強くもんだり、こすったりすると、傷みやすい性質があるので、優しく取り扱いましょう。

 

◆ナイロン

ナイロンジャンパーは、撥水性のあるものが多いです。

 

そのまま洗濯機に入れてしまうと撥水効果が裏目に出て、洗濯機の中にぴったりくっつき大暴れします。

 

撥水加工のされているものは手洗いしましょう。

 

【ナイロンの洗濯方法】縮むことやシワに注意した洗い方(洗濯機・手洗い)を紹介!

 

手洗い

洗濯機に比べて洗いの力加減を調節できるので、ダメージに弱い衣類も優しく洗うことが可能です。

 

大切にしているジャンパーは手洗いをオススメします。

 

◆必要なもの

 

・洗面器やバケツ、桶など

・洗濯ネット

・ぬるま湯

・洗濯用洗剤(おしゃれ着用洗剤がオススメ)

 

 

◆手順

 

①洗面器などの容器に洗剤を入れ、ぬるま湯で薄めて洗剤液を用意します。

 

洗剤の分量は、パッケージにある説明を参考にしてください。

 

 

②汚れが付きやすい袖口や、襟元に洗剤液をしみ込ませます。

 

 

③手のひらで汚れた部分を優しく握るように前洗いします。