【ジャンパーの洗濯方法(ポリエステル・ナイロン)】洗濯機での洗い方や手洗い方法


スポンサーリンク

 

ジャンパーのお洗濯に困っていませんか?

 

「自宅で洗っていいのか?」「どんなことに注意して洗うといいの?」など分からないことが多いですよね。

 

ノースフェイスやコロンビア、ユニクロのジャンパーなどは、ナイロンやポリエステル素材で作られているものが多いです。

 

本記事では、ナイロンやポリエステル製ジャンパーの洗濯方法乾かし方洗濯するときの注意点などを紹介しています。

 

ジャンパーの洗濯

洗濯しない

ポリエステルやナイロンのジャンパーは、素材の特徴や防水加工により汚れが付きにくいです。

 

しかし、全く汚れが付かないというわけではありません。

 

細かい粒子(花粉など)や粘性のあるの物質は、服の繊維に入り込んでしまいます。

 

汚れにくくても汚れないということではないので、洗濯しないというのは避けましょう。

 

洗濯できる

ポリエステルやナイロン素材のジャンパーの多くは、自宅で洗濯可能です。

 

毎回クリーニングに出す必要がないので、ジャンパーを自宅で洗えるのはとても便利です。

 

しかし、「ただ洗濯機に入れて普通に洗えばよい」というわけではありません。

 

洗濯表示のタグをしっかりと確認し、それに沿って洗濯する必要があります。

 

ドライクリーニング

ドライクリーニングマークの表示があるジャンパーも、ご自宅で洗うことができます。

 

「自宅では無理かな?」と思われるドライクリーニング表示のあるジャンパーですが、急いで洗いたいとき自宅で洗っても大丈夫なのです。

 

ただし、革やシルク、カシミア、レーヨンなどが含まれているジャンパーは、同じドライクリーニングマークでも自宅ではお手入れが難しいので注意しましょう。

 

大切な衣類や絶対に失敗したくない高級な衣類などは、無理をせずクリーニング屋にお任せしましょう。



 


スポンサーリンク

 

洗濯方法

注意点

◆ポリエステル

ポリエステルは衣類に多く使われている素材です。

 

強くもんだり、こすったりすると、傷みやすい性質があるので、優しく取り扱いましょう。

 

◆ナイロン

ナイロンジャンパーは、撥水性のあるものが多いです。

 

そのまま洗濯機に入れてしまうと撥水効果が裏目に出て、洗濯機の中にぴったりくっつき大暴れします。

 

撥水加工のされているものは手洗いしましょう。

 

【ナイロンの洗濯方法】縮むことやシワに注意した洗い方(洗濯機・手洗い)を紹介!

 

手洗い

洗濯機に比べて洗いの力加減を調節できるので、ダメージに弱い衣類も優しく洗うことが可能です。

 

大切にしているジャンパーは手洗いをオススメします。

 

◆必要なもの

 

・洗面器やバケツ、桶など

・洗濯ネット

・ぬるま湯

・洗濯用洗剤(おしゃれ着用洗剤がオススメ)

 

 

◆手順

 

①洗面器などの容器に洗剤を入れ、ぬるま湯で薄めて洗剤液を用意します。

 

洗剤の分量は、パッケージにある説明を参考にしてください。

 

 

②汚れが付きやすい袖口や、襟元に洗剤液をしみ込ませます。

 

 

③手のひらで汚れた部分を優しく握るように前洗いします。

 

強くこすったり、もんだりするのは厳禁です。

 

 

④ジャンパーを汚れが外側に来るように折りたたみ、洗濯ネットに入れます。

 

 

⑤洗濯ネットごと洗剤液に5~10分浸します。

 

 

⑥容器の水を入れ替えて、10回ほど優しく押し洗いをし、すすぎます。

 

泡が出なくなるまで2~3回繰り返しましょう。

 

 

⑦柔軟剤を綺麗な水に溶かし、ジャンパーを入れ全体に馴染ませます。

 

乾かし方

しわにならないように広げ、バスタオルなどでジャンパーを挟んで水気を吸い取ります。

 

◆乾燥機

乾燥機は使用しないでください。

 

生地が縮んだり色が変わったりする恐れがあります。

 

◆干し方

しっかりと形を整えてから太めのハンガーを通しましょう。

 

直射日光には当てず、陰干しで乾かすのがポイントです。

 

日陰が無い場合は、ジャンパーを裏返しにして干すと、生地へのダメージが小さくなります。

 

【陰干し・天日干しとは?】それぞれの効果とやり方を紹介

 

洗濯機

◆必要なもの

 

・洗濯用洗剤(漂白成分が入っていないもの)

・洗濯ネット

・ぬるま湯

 

◆手順

 

①洗濯機に入れる前に、汚れがひどいところは前洗いします。

 

汚れている部分に洗剤をしみ込ませ、優しく握るように洗いましょう。

 

 

②汚れが外側にくるようにたたみ、洗濯ネットに入れます。

 

 

③洗濯機のコース選択(ソフト・ドライマークなど)をしてスタートします。

 

 

④脱水時間は通常より短め(30秒~1分)にします。

 

頻度

ジャンパーは着用後すぐに洗濯する必要はありません。

 

しかし、ポリエステルやナイロンはホコリを寄せ付けやすく、汚れたら落ちにくいというデメリットがあります。

 

ちょっとでも汚れたり、ホコリの多い場所(人込みなど)に行った時は、その都度洗濯することをおすすめします。

 


スポンサーリンク

 

まとめ

 

◆ナイロンやポリエステルは、汚れにくいが汚れないわけではないので、汚れたら洗う必要がある。

 

◆多くのジャンパーは自宅で洗える

 

◆撥水加工のされているジャンパーや、大切なジャンパーは手洗いがオススメ

①汚れが酷い部分は、洗濯洗剤を直接付け、優しく握るように洗う

②洗剤をぬるま湯で薄め、その中にたたんで洗濯ネットに入れたジャンパーを浸ける

③水を入れ替えよくすすぎ、タオルドライや洗濯機で脱水を行う

 

◆簡単に洗濯したい場合は洗濯機で洗うのがオススメ

①汚れが酷い部分は、直接洗剤を付けて前洗いする

②汚れが外側にくるようにしてたたみ、洗濯ネットに入れる

③弱水量のコースで洗い、1分以内で脱水を行う

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク