【ジージャンの洗濯方法】Gジャンの洗い方や洗濯頻度、縮み・色落ちなどを紹介!


スポンサーリンク

 

「ジージャンを洗濯したいけど、縮みやシワ、色落ちが気になる…」という方は多いのではないでしょうか?

 

本記事では、縮み・色落ち・シワ・パリパリの対策方法洗濯頻度洗濯機での洗い方手洗い方法を紹介してます。

 

ジージャンの洗濯

縮み

ジージャンは洗濯することで縮んでしまうこともあります。

 

その主な原因として、繊維についている糊が洗うたびに落ち、繊維が絡んでしまうためです。

 

他にも、洗濯中に水を吸収し乾燥する過程で、繊維同士が引き寄せられてが縮むことも考えられます。

 

ただし、素材によって縮み方は様々で、特殊加工していジージャンもあるので、縮み方も一定ではありません。

 

ワンウォッシュや加工済みのデニムは洗濯しても縮みにくく、生のデニムは縮みやすいのが特徴です。

 

縮み対策としては、

 

・洗濯後、すぐに縫い目にそって外へ伸ばす

 

・柔軟剤を使用する

 

・乾燥機を使わない

 

などが挙げられます。

 

乾燥するときが一番の縮みやすいタイミングなので、型崩れしない干し方の工夫だけで大きく縮むのを抑えることができます。

 

色落ち

ジージャンは洗濯するほどに色落ちするため(特に色の濃いもの)、ある程度は仕方ないと考えておきましょう。

 

ただし、自然な色落ちに収まるよう洗濯する方法もあります。

 

◆中性洗剤を使う

中性洗剤(オシャレ着用洗剤)を使用すると、通常の洗剤をよりも色落ちが防げます。

 

洗濯用洗剤によっては、衣類を白くするための漂白剤蛍光剤が含まれているため、色落ちの原因になりやすくなっています。

 

100%色落ちしないということではないので、色移りを防止するため他の洗濯物と一緒に洗わないほうがよいでしょう。

 

 

◆直射日光を当てない

直射日光に当てて干さないことも、変色や色落ちの防止でポイントになります。

 

ただし、乾きが悪いと嫌な匂いが発生する可能性もあるので、風通しの良い場所で陰干しするのが理想的です。

 

パリパリ

ジージャンはパリパリになってしまうこともあります。

 

原因として、デニム生地の重くて厚い特徴によって、縮みや乾燥の仕方が硬さにつながってしまうことがあります。

 

対策としては、

 

・洗濯後にたたく

 

・柔軟剤を入れた水に浸ける

 

・乾燥機を使用しない

 

などが挙げられます。

 

色落ちしすぎないように、柔軟剤を使用するときは浸け置き時間を30分以内に抑えることがポイントです。

 

デニム生地の特徴以外にも、デニム生地に付いたノリの働きでパリパリになることもあります。

 

ノリは何度か洗濯するか、お湯につけ置くことで簡単に落とすことができます。

 

シワ

洗濯でシワの位置がずれることにより、本来あったシワとは別に目立つ部分が発生することがあります。

 

特に乾燥中は、自重でシワが広がるため、不規則なシワになりやすいです。

 

対処方法は、折れ線やシワに対してアイロンがけを行うことです。

 

シワを余計に広げたり増やさないように、ダメージの少ない洗濯方法を心掛けるのが良いでしょう。

 

洗濯頻度

ジージャンの洗濯頻度は、使用状況や生地の加工方法によって異なります。

 

また、ジージャンの洗濯頻度に決まりはないので、以下の目安・タイミングをご参考ください。

 

・臭いや気になるレベルになってきた

 

・目立つ汚れができた

 

・しばらく洗ってないと思った(ワンシーズンなど)

 

ヴィンテージ品であれば、製造当時の風合いを維持するために、洗わないという選択肢もあります。

 

こだわりがないのであえば、衛生的に気になった時に洗うのがベストなタイミングです。

 


スポンサーリンク

 

洗濯の仕方

新品

ノリが付いている新品のデニムは、お湯に浸けて落としましょう。

 

洗濯糊は水溶性なので、お湯に浸けると溶け出し簡単に落とすことができます。

 

◆必要なもの

・ジージャンを浸ける容器

 

・お湯(40℃~60℃)

 

◆手順

①容器にお湯を張ります

 

 

②①にジージャンを浸けます。

 

40、50℃であれば1~2時間、60℃であれば30~1時間浸け置きします。

 

注意点

 

・洗剤を直接デニム生地につけない(水に溶かしてから浸ける)

 

・洗濯では柔軟剤を使わない(硬さが気になる場合のみ使用)

 

・他の洗濯物と一緒に洗わない(色移りを防ぐため)

 

・ダメージが大きい乾燥機は使わない(縮ませたい場合はOK)

 

洗濯機

◆必要なもの

・洗濯ネット

 

・中性洗剤(おしゃれ着洗剤)

 

・厚手のハンガー(ハンガーにタオルを巻いたものでものOK)

 

型崩れを防ぐためにも、厚手のハンガーを使用して干すことをオススメします。

 

 

◆手順

①ジージャンを裏返しボタンを閉め、綺麗にたたんで洗濯ネットに入れる。

 

 

②洗濯機に①を入れ水を溜め、おしゃれ着洗剤を水に溶かすように入れる。

 

 

③通常コース(もしくはドライコース)で洗濯する。

 

 

④裏返しのまま、厚手のハンガーにかけて陰干しします。

 

手洗い

◆必要なもの

・ジージャンを洗う容器(バケツ、洗面器など)

 

・中性洗剤(おしゃれ着洗剤)

 

・大き目のタオル(色移りしても大丈夫なもの、目立たないもの)

 

・厚手のハンガー(ハンガーにタオルを巻いたものでものOK)

 

◆手順

①容器に水を張り、洗剤を溶かします。

 

 

②ジージャンを①に入れて、優しく揉み洗い、押し洗いします。

 

関連記事のIDを正しく入力してください

 

③キレイな水に入れ替えながら、泡が出なくなるまですすぐ

 

 

④水気を切り、タオル挟んでドライします。

 

洗濯ネットに入れ、洗濯機で30秒~1分間脱水しても大丈夫です。

 

 

⑤厚手のハンガーにかけ、風通しの良い場所で陰干しします。

 


スポンサーリンク

 

まとめ

 

◆縮みの対策方法

・洗濯後は縫い目にそって外へ伸ばす

・柔軟剤を使用する

・乾燥機を使わない

 

◆色落ちの対策方法

・中性洗剤を使う

・直射日光を避ける

 

◆パリパリの対策方法

・洗濯後にたたく

・柔軟剤を使用する

・乾燥機を使用しない

 

◆シワの対策方法

・アイロンがけする

・生地に優しい洗濯を行う

 

◆洗濯頻度に決まりはないので、臭いや汚れなど衛生面が気になったら洗うのがよい

 

◆ノリが付いた新品のデニムはお湯に浸け置きする

 

◆洗濯機での洗い方

たたんで洗濯ネットに入れて洗い、裏返しのまま厚手のハンガーのかけて陰干しする

 

◆手洗い方法

①水に中性洗剤を入れて溶かし、ジージャンを浸けて優しく洗う

②水を入れ替えてよくすすぐ

③水を切り、タオルでドライする

④厚手のハンガーにかけ、風通しの良い場所で陰干しする

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク