【ネルシャツの洗濯方法】フランネル生地の洗い方を紹介

スポンサーリンク

フランネル生地の洗濯方法

 

 

フランネル生地の特徴

フランネル生地は、軽くて柔らかく、表面がふわっと毛羽立った生地です。

 

主に綿のものが多く、綿はシワになりやすく毛羽立ちがあることから、絡まりやすく毛玉ができやすいです。

 

洗濯前の準備

フランネル生地は摩擦を受けると、毛玉や色落ち、型崩れなどを起こしてしまいます。

 

洗濯前にひと手間加えて、それらを防ぎましょう。

 

■ボタンを全て閉めておく●

袖口やポッケ部分も忘れず、全てのボタンをはめておきましょう

 

■汚れがあれば下処理をしておく

袖口や襟首などの汚れが付着しやすい場所に、洗濯洗剤の原液を少しつけてから叩いておきましょう

 

■洗濯ネットに入れる

汚れている部分が外側にくるように畳みます。畳んだネルシャツより少し小さめの、目の細かい洗濯ネットに入れます。

 

洗濯機での洗い方

畳んで洗濯ネットに入れたら「手洗いモード」か「ドライモード」を使って洗濯機で洗濯することができます。

 

洗剤だけしか使わないと、表面がゴワついてしまいます。

柔軟剤を使うと、生地がしなやかになり、表面の繊維が絡まりにくく毛玉ができにくくなります。

 

綿素材のものを濡れたまま放置すると、縮んでしまったり、シワが取りにくくなったりしてしまいます。

 

脱水が終わったらすぐに取り出して振りさばき、ハンガーに吊るしましょう。

 

手洗い方法

シワになりやすく、起毛しているフランネル生地の衣類は、できれば手洗いをしましょう。

 

①バケツや洗い桶にぬるま湯をはります

 

②おしゃれ着用の中性洗剤を、規定の量入れて、しっかり混ぜて溶かします

 

③ネルシャツを洗濯水に浸け、優しく押し洗いをします

 

④水を替えながら何回かすすぎます

 

干し方

脱水が終わって振りさばいたら、形を整えてから日陰に干します。

 

取扱い絵表示に、陰干しの表示が無ければ日光に当てても構いません。

 

綿は長時間日光に当たると黄ばみやすくなるので気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

 

フランネル生地のお手入れ方法

 

 

毛玉ができてしまった場合

ネルシャツの表面に毛玉ができてしまったら、毛玉取り器で取り除きましょう。

 

衣類も切ってしまうおそれがあるので、平らな場所にネルシャツを広げてから行うのが望ましいです。

 

毛玉取り器でカットした場合、繊維をきれいにカットすることができるので、再び絡み合って毛玉になるのを防いでくれます。

 

外出中に毛玉を見つけた場合、ハサミなどが無いからといって毛玉をつまんで引っ張るということはやめましょう。

 

引っ張ってちぎると生地を傷めてしまうだけでなく、再び絡み合って毛玉ができやすくなってしまいます。

 

アイロンのかけ方

シワになりやすい生地ですが、シワを伸ばそうとしっかりアイロンをかけてしまうと、フランネルの特徴である起毛が寝てしまいます。

 

設定温度は中温から高温で、スチームを使いましょう。

 

当て布をしてから、アイロンの先を軽く浮かせながらスチームを当てていきます。

 

押さえつけずにふんわりとアイロンをかけるのがポイントです。

 

もしも起毛が潰れて寝てしまったら、ほこり取りブラシで全体をブラッシングしましょう。

 

スポンサーリンク

 

さいごに

 

 

ネルシャツというと、少しくたっとなった感じが特徴でもあります。

 

それはただ単に着古しているというものではなく、基本的なお手入れがあってこその風合いです。

 

生地の特徴を活かして楽しめるように、フランネル生地に合った洗濯方法やお手入れを続けていきましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク