【フェルトの洗濯方法】洗い方を紹介!洗濯機で洗うことはできる?


スポンサーリンク

 

フェルト独得の質感は暖かく温もりがあって素敵ですよね。

 

「でもなんだか気軽にお洗濯できなさそう…」とお手入れに悩む人も多いのではないでしょうか。

 

スモックのアップリケ、コースター、帽子など様々ですが、洗ってもの大丈夫なのかも不安ですよね。

 

本記事では、洗えるフェルトと洗えないフェルトフェルトの特性に合わせた洗濯方法をご紹介しています。

 

フェルトは洗濯できるのか?

フェルト生地の特徴

アップリケやハット、ベレー帽、コースター、更には絨毯、スリッパ、靴、ぬいぐるみなど幅広い用途で使われているフェルトですが、他の布と決定的に違う点は織物ではないということです。

 

羊やラクダなど動物の毛を薄く押し固め作られており、どこを切ってもほつれたりしないので家庭でも簡単に加工が楽しめます。

 

保温性やクッション性、防音性に優れており様々な場面でで活躍しているフェルトですが、織ったり編んだりした布と違い伸縮性がないので、引っ張りに弱いのもフェルトの特徴です。

 

最近では化学繊維を使ったもの(ポリエステルなど)や、引っ張りに強い織フェルトなど種類も豊富に販売されています。

 

洗えるもの・洗えないもの

多くのフェルトに使われている羊毛は洗濯をすると縮んだり色落ちの可能性があるため水洗いNGとなっています。

 

また引っ張りにも弱いため、洗濯機などで普通に洗濯をしてしまうと破れたり穴が空いてしまうこともあります。

 

一方で、ポリエステルなど化学繊維を使って作られたフェルトは洗えるフェルトとして販売されており、色落ちや縮みもなくお洗濯が出来るので普段使いにオススメです。

 

縮む、色落ち、ほつれは大丈夫?

「羊毛を使った製品を水洗いすると縮む」と言われる理由は、羊毛の構造にあります。

 

羊毛の表面の構造は私達の髪の毛と似ており、スケールといわれる”うろこ状”のもので覆われています。

 

スケールは水を含むと膨潤し、うろこが開いたような状態になるため、少しの摩擦でも絡みやすくほどけにくいため、どんどん毛が絡み合い固まってしまいます。

 

この羊毛の性質をフェルト化と呼び、これを活かして作られたのがフェルトです。

 

フェルトに加工された後も洗濯などでフェルト化が進むと目が詰まり固く縮む原因となります。

 

また、濃い色で染色されたフェルトは特に色落ちしやすいので、お洗濯の際は目立たない所でテストを行うのがオススメです。

 

 

色落ちを防ぐ方法としてお酢を使う方法もあります。

 

購入して1~2回目のお洗濯前に、洗面器などに水を張りお酢を加え漬け込みます。

 

お酢のクエン酸が繊維に色を定着させ色落ちしにくくなります。

 

 

フェルトの弱点である破れやほつれは、洗濯機などによって強い力が加わると、どうしても起きやすくなります。

 

引っ張るような強い力を避けて優しく扱う必要があるため、フェルト製品を使用する際はお洗濯にも注意が必要です。

 


スポンサーリンク

 

フェルトの洗濯方法

 

水洗いNGといっても、「毎回クリーニングに出さないといけない」、「洗えないので汚れが気になる」というように、気軽にフェルト製品を楽しめなくなってしまいますよね。

 

フェルトの性質を理解してお家で簡単にお洗濯にトライしましょう。

 

手洗い方法

 

フェルトをお家でお洗濯するなら断然手洗いがオススメです。

 

摩擦に弱く縮みやすいフェルトですので優しく手で洗っていきましょう。

 

◆手洗いに必要なもの

・洗面器やタライ(洗面所でも可能)

・おしゃれ着洗洗剤

・ぬるま湯(30度)

 

おしゃれ着洗剤は、毛羽立ちなどを防ぎ、毛をコーティングしてくれるので、スケールの広がりを抑え絡まるのを最小限にとどめます。

 

 

温度の変化も刺激になり縮みの原因となるため、最初から最後まで人肌程度のぬるま湯でお洗濯するのがポイントです。

 

◆手洗いの手順

①ぬるま湯におしゃれ着洗剤を溶かします。

 

②洗いたいフェルト製品を①に浸けます。

 

 

ここで重用なのが、決して動かしたり擦ったりしないということです。

 

③ぬるま湯の中を泳がすイメージで優しく押し洗いします。

 

④ぬるま湯を入れ替えてからフェルトを浸け、軽く押して→ゆすぐを2回ほど繰り返します。

 

⑤タオルを広げ、水を吸い取るように優しく脱水をします。

 

引っ張りに弱いフェルトの脱水に洗濯機はオススメできません。

 

【洗濯物の脱水】洗濯機の脱水時間や手洗い後の脱水方法を紹介

 

⑥優しく叩いてシワを伸ばし干していきます。

 

干す際は伸びや変形を防ぐため、必ず平干しをしましょう。

 

【平干しのやり方】絶対に憶えておきたい平干しの方法を紹介

 

もともと羊毛は汚れにくいので、ダメージを与えないよう優しく扱えばお家でもお洗濯が可能です。

 

洗濯機で洗う方法

「手洗いはめんどくさい」という方は多いのではないでしょうか?

 

洗濯機でももっと簡単にお手入れできたら嬉しいですよね。

 

ただし、手洗いとは違い負荷がかかりやすいので縮む確率は高くなるでしょう。

 

縮ませたくないという人には手洗いをオススメします。

 

◆洗濯機で洗う際に必要なもの

・おしゃれ着用洗剤

・洗濯ネット

 

◆注意点

手洗いの際はぬるま湯を用意しましたが、洗濯機の場合は水道水で大丈夫です。

 

最初から最後まで同じ温度で洗う事が大事なので、残り湯を使ってお洗濯をしている人は要注意です。

 

摩擦を最小限に抑えるため、大きすぎる洗濯ネットではなくできるだけサイズの合った洗濯ネットを用意しましょう。

 

◆洗濯機で洗う手順

①サイズの合った洗濯ネットに入れしっかりとファスナーを締めます。

 

②おしゃれ着洗剤を加えます。

 

③手洗いコースやドライコースなど弱流水で洗濯できるコースを選択します。

 

④優しくシワを伸ばし形を整え平干しをします。

 

【平干しのやり方】絶対に憶えておきたい平干しの方法を紹介

 


スポンサーリンク

 

まとめ

 

・羊毛フェルトは洗えない

・化学繊維のフェルトは洗える

・手洗いする場合は、オシャレ着用洗剤(中性洗剤)とぬるま湯の中で優しく洗う

・洗濯機を使用する場合は、縮むことを覚悟したうえで、ジャストサイズの洗濯ネットに入れてあらう

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク