【フェルト生地の洗濯方法】洗うとどうなる?洗濯機での洗い方や汚れの落とし方【帽子、アップリケ、スモック、靴、ワッペンなど】



 

フェルトとは柔らかな質感と温かみのある生地感が素敵ですよね。

 

そんな独特の風合いが人気でいまや服や靴、ワッペンやアップリケ、小物雑貨などに幅広く使われています。

 

そんな身近なフェルトですが、気軽に洗濯できないイメージはありませんか?

 

縮むのでは?どう洗うのが正しいのか?

 

本記事では、フェルト生地の洗濯方法を紹介しています。

 

フェルト生地の洗濯

 

フェルトとは、ウールに石鹸をつけた状態でプレスして繊維を縮ませながら絡ませる素材です。羊やラクダなど動物の毛を薄く押し固め作られており、どこを切ってもほつれたりしないので家庭でも簡単に加工が楽しめます。絡んだ風合いが他の繊維にはない魅力の一つですね。

 

羊毛でできたフェルトは水洗いすることで縮んでしまうため、水洗いは不向きです。保温性やクッション性、防音性に優れておりラグでもよく使われる素材ですが、織ったり編んだりした布と違い、伸縮性がありません。最近では化学繊維を使ったもの(ポリエステルなど)や、引っ張りに強い織フェルトなど種類も豊富に販売されています。

 

洗えないもの・洗えるもの

フェルトはどれも洗えないのかと思われがちですが、実は洗えるものと洗えないものがあります。

 

一般的に洗えないとされるものは羊毛でできたフェルトです。絶対洗えないというわけではありませんが、場合により著しく縮んでしまうのでおススメはされていません。

 

一方、洗えるフェルトとしては、化学繊維で作られたものです。気軽に洗濯できる上に、色落ちや縮みも少なく利便性も高くなり、近年需要が高まっている分野です。その他、防縮加工がされた「ウォッシャブルウール」というものもあります。家庭で水洗いはもちろん、洗濯機を使っても縮みにくく、羊毛ならでは温かみと利便性の両面が楽しめます。

 

 

フェルトを洗う時の注意点

 

フェルトは綿やポリエステルなどの生地と比べ、扱いに少々気を使う必要があります。以下の点に注意して、大切に洗ってあげましょう。

 

手洗いが基本

フェルトの風合いを守るために手洗いがオススメです。特に、装飾がついたものや色が濃いフェルトは洗濯中に装飾が外れたり、色落ち・色移りする可能性が高いです。紺や赤、青などの色は色落ちしやすいため、おろしたては手洗いが無難です。また、洗濯機で洗うと強い摩擦は避けられませんので、ほつれ、縮み、毛玉などの問題が発生しやすいでしょう。自分で力加減や洗い方を調整できる手洗いであれば、フェルトを長持ちさせることができます。

 

摩擦が苦手

フェルトは綿などの繊維の様に編み込んで作られているわけではありません。そのため、摩擦することで絡ませた繊維がほつれたり、毛玉を作りやすくしてしまいます。洗う時は押し洗いが基本です。

 

熱が苦手

フェルトは熱で縮みやすくなる性質を持っています。洗う時の水温には注意し、高温乾燥機は使用してはいけません。残り湯での洗濯は、フェルトを縮ませる原因になるので注意しましょう。最初から最後まで同じ温度で洗うことが重要であることを意識しましょう。

 

おしゃれ着洗剤を使う

おしゃれ着洗剤は、毛羽立ちなどを防ぎながら毛をコーティングしてくれるので、広がりを抑えて、絡まりを最小限にとどめます。普通の洗濯用洗剤や固形石鹸はフェルトを縮めてしまいます。使わないようにしましょう。

 

 

洗濯ネットを使う

洗濯機OKのフェルトであっても、洗濯ネットを使用しましょう。洋服や帽子など、それぞれのサイズにあった洗濯ネットを使うことで、もつれなくなります。また、網目の粗い洗濯ネットは毛玉や摩擦を減らす効果があります。

 

手洗い方法

 

生地感を大切にしたいフェルト製品は手洗いすることで、風合いを長持ちさせることができます。少し手間がかかりますが、大事にしたいものほど手洗いしましょう。

 

◆必要なもの

・洗面器

・おしゃれ着洗洗剤

・ぬるま湯(30℃前後)

・バスタオル

 

手順

①ぬるま湯におしゃれ着洗剤を溶かします。

 

②洗いたいフェルト製品を①に浸します。

 

③ぬるま湯の中を泳がすイメージで優しく押し洗いします。

 

擦ったり引っ張ると、ほつれや毛玉を招きます。重心を乗せるイメージで押し洗いしましょう。

 

④新しいぬるま湯に入れ替え、フェルトを押しながらすすぎ作業を行います。

 

⑤タオルを広げ、水を吸い取るように優しく脱水をします。

 

⑥優しく叩いてシワを伸ばし干していきます。

 

干す際は伸びや変形を防ぐため、必ず平干しをしましょう。

 

 

洗濯機での洗い方

 

化学繊維製のフェルトやウォッシャブルウールであれば、洗濯機で洗っても問題ありません。手洗いは面倒なので、思わず洗濯を先延ばししたくなる気持ちもあるでしょう。ポイントを押さえて洗濯機で簡単に洗いましょう!

 

必要なもの

・おしゃれ着用洗剤

・洗濯ネット

 

手順

①洗いたいフェルト製品を、サイズの合った洗濯ネットに入れます。

 

②おしゃれ着洗剤を加えます。

 

③手洗いコースやドライコースなど弱流水で洗濯できるコースを選択します。

 

④洗濯が終わったら、優しくシワを伸ばし、平干しで乾燥させましょう。

 

フェルト生地が縮んでしまったら

洗い方に注意していても、何度も洗っていれば縮んでしまうこともあるでしょう。フェルト生地の縮みは身近なある物を使えば元に近い状態へ戻すことができます。

 

ウールなどの動物の毛は人間の毛と構造が似ています。その性質にならって、人間の髪を潤滑にして補整する効力があるトリートメントを使います。

 

人間や動物の毛は、スケールといわれる”うろこ状”のもので覆われており、傷んでいくと、このうろこが開いた状態になり、毛が絡み合って最終的に固まってしまいます。この開きを元の滑らかな表面に戻すために、私達は髪にトリートメントを使います。フェルトも同様の原理で効果が期待できるというわけですね。

 

必要なもの

・洗面器

・トリートメント

・ぬるま湯(30℃前後)

・バスタオル

 

手順

①洗面器へぬるま湯を入れ、少量のトリートメントを溶かします。

 

②縮んだフェルト製品を①の液に浸します。

 

③縮んだ箇所を優しく引っ張りながら伸ばしていきます。

 

勢いよく強く引っ張ると型崩れを引き起こします。注意しましょう。

 

④20~30分そのまま時間を置きます。

 

濃い色をした製品の場合は、色落ち防止のため、少し短めに設定してもOK。

 

⑤時間がたったら、洗面器の端を利用して押しながら気を切ります。

 

⑥タオルを広げ、水を吸い取るように優しく脱水をします。

 

⑦優しく叩いてシワを伸ばして平干ししましょう。

 

フェルトの毛羽立ちや毛玉はどうする

毛羽立ちや毛玉は放置すると悪化してしまいます。毛羽立ちはホコリを寄せ付けやすくなりますし、毛玉は見た目からも古びた印象を与えてしまいます。

 

洗濯時の摩擦で毛玉は大きくなる傾向があるので、洗濯前に目立つ毛玉はハサミで切っておくと良いでしょう。毛羽立ちは手芸品で使う道具を使うことで軽減できます。特にアップリケやワッペンなど細かい小物雑貨に有効的です。一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

色落ちを防ぐためには

フェルトに限らず濃い色で染色された衣類は色落ちしやすいです。初めて洗濯する時は色が強く落ちる傾向にあるので注意しましょう。

 

色落ちを防止するには、万能調味料であるお酢が役立ちます。クエン酸が繊維に色を定着させてくれるので色落ちしにくくなります。浸け置きしてから洗濯すると効果が高まりますが、面倒な場合は、洗濯機の洗剤を入れる所へ直接酢を入れましょう。

 

また、色落ちチェックで色落ち加減を確認してから洗濯すれば安心です。色落ちが確認された場合は、単独で手洗いするか、もしくはクリーニング専門店へ依頼しましょう。

 

必要なもの

・水

・酢

 

手順

①水1Lに対し、酢大さじ1を混ぜます。

 

②①の洗浄液にフェルト製品を入れて、しっかり浸けます。

 

③30分~1時間浸け置きします。

 

④その後、手洗いするか、洗濯機の手洗いもしくはドライコースで洗濯をしましょう。