【雑巾の洗濯方法】洗い方や臭い・汚れの落とし方を紹介!【洗濯機で手軽にキレイに!】



 

雑巾は窓や床などあらゆる場所を拭ける昔ながらの掃除用品ですね。

 

しかし、使いこんでいくとどんどん黒ずんで臭くなってしまい、使うのを躊躇しそうなほど汚れてしまいます。

 

本記事では、身近な掃除用具である雑巾の洗い方や臭い・汚れの取り方を紹介しています。

 

雑巾の汚れ

雑巾の汚れの種類

洗浄力が高い洗剤を使っているはずなのに汚れが全然落ちない!

 

という経験をされた方はいませんか?

 

実は、汚れに合った洗剤を選べていないことや洗い方の順番に原因があると考えられます。

 

雑巾がひどく汚れている場合は、洗い方の順番としてまず汚れの原因を取り除いた上で、黒ずみの色素を漂白することが重要です。

 

色を白くするなら漂白剤でしょ!

 

と最初から使っても本来の効果は発揮できません。

 

ではさっそく、雑巾につきやすい汚れの種類について確認していきましょう。

 

◆砂や泥、ホコリなどの「不溶性の汚れ」

窓や玄関、床掃除などで雑巾を使うと砂やホコリが付着します。

 

砂やホコリは「不溶性の汚れ」とされ、水や油にも溶けないという厄介な性質を持っています。

 

そのため、洗剤や漂白剤を使用しても汚れが落ちないのです。

 

しかも、砂や泥の粒子は雑巾の繊維の隙間に入り込むとなかなか取れづらくなっています。

 

こうした不溶性の汚れに効果的なのが固形石鹸です。

 

固形石鹸はお湯を使えば分解力がアップするので、使用時にはぬるま湯を使うと良いでしょう。

 

食品油や皮脂などの「酸性の汚れ」

キッチン周りで使う雑巾には、調理中の油汚れが付着しています。

 

食品油や皮脂などの汚れは「酸性汚れ」に分類されます。

 

中和して汚れを分解させるためにはアルカリ性の洗剤や重曹が効果的です。

 

アルカリ成分が油や皮脂汚れに含まれるタンパク質を分解して、乳化してくれますよ。

 

ただし、アルカリ性の洗剤は手荒れを招く可能性もあります。

 

使用時はゴム手袋を着用しましょう。

 

手荒れが気になる方やそこまで汚れが酷くない場合は、台所用中性洗剤で洗ってみても汚れを落とすことができます。

 

 

雑巾の洗い方

 

雑巾は場所ごとで分けて使用している人も多いでしょう。

 

使う場所によって汚れの種類も異なります。

 

先に話した通り、雑巾がどんな種類の汚れに当てはまるか確認して洗い方を使い分けましょう。

 

また、雑巾にホコリや髪の毛が絡まった状態で洗うと排水溝が詰まる原因にもなります。

 

少々面倒に感じるかもしれませんが、事前にある程度ゴミを取り除いておくと良いでしょう。

 

手で取る方法以外にも、粘着テープを使うカミソリで毛玉を取る要領で雑巾を削る方法もありますよ。

 

洗濯機での洗い方

洗濯機でも洗えますが、汚れが酷い場合は手洗いがオススメです。

 

洗濯機は全体的な汚れを落とすのに効果的で、手洗いは部分的な汚れを落とすのに向いているでしょう。

 

洗濯機で洗う際の注意点をお伝えします。

 

おおまかな汚れは手洗いで落とす

汚れた雑巾をそのまま洗うと雑菌が洗濯機に移る可能性があります。

 

手洗いでおおまかな汚れを落とした後、通常より多めの洗剤量で洗濯しましょう。

 

除菌効果がある漂白剤を使って洗えば、手軽に汚れや黒ずみも同時に落とせて便利ですよ。

 

 

洗濯物といっしょに洗わない

雑巾の雑菌が他の洗濯物に移ると大変なので、できるだけ単独で洗濯しましょう。

 

せっかく洗うのに少ない量は嫌だと思う場合は、靴や玄関マットなど直接肌に触れない様な物と一緒に洗濯すると良いでしょう。

 

手洗い方法

続けて、手洗いによる方法をご紹介していきます。

 

固形石鹸で落とす

砂や泥などの汚れであれば、固形石鹸で落とすのが一番です。

 

・必要な物

・固形石鹸

 

・ぬるま湯

 

・バケツ

 

色々な汚れに効くとされる「ウタマロ石鹸」の名前をご存知な方は多いでしょう。

 

ウタマロ石鹸は泥汚れや襟や袖の皮脂汚れにも効く上に、衣類の白さを取り戻す「蛍光増白剤」も入っています。

 

洗うことで雑巾の白さも取り戻してくれそうですね。

 

 

・手順

①砂や泥は乾かして、取れそうな部分ははたいて取り除いておきましょう。

 

 

②バケツにぬるま湯(40℃)を入れ、雑巾に固形石鹸を擦りつけます。

 

 

③たっぷりの泡をつくり、手で揉み洗いましょう。

 

洗濯板を使うと、部分的な汚れも取りやすくなります。凹凸に汚れを擦りつけられて効率良く洗えますよ。

 

 

④汚れたぬるま湯を捨て、新しいお湯にかえます。

 

 

⑤汚れが取れるまで揉み洗いを繰り返し、最後にしっかりすすぎ洗いしましょう。

 

 

⑥水気を絞って、天日干しで乾燥させましょう。

 

アルカリ性洗剤・重曹を使う

キッチン周りに使った雑巾なら、アルカリ性の洗剤や重曹で汚れを落とせます。

 

アルカリ性洗剤は手肌への影響も気になりますので、手が弱い方はゴム手袋を着用して作業しましょう。

 

・必要な物

・アルカリ性洗剤もしくは重曹

 

・水もしくはぬるま湯

 

・バケツ

 

・手順

①バケツに水もしくはぬるま湯を入れ、アルカリ性洗剤または重曹を溶かしましょう。

 

 

②雑巾を入れて約1時間つけ置きします。

 

 

③洗剤や重曹が残らないように、しっかりすすぎ洗いしましょう。

 

 

④天日干ししてよく乾燥させましょう。

 

頑固な汚れを落とすには?

油シミなど頑固な汚れが気になる場合は、上記した洗い方を実践した後キッチンハイターなどの塩素系漂白剤につけこみましょう。

 

色落ちの危険性もあるので、白い雑巾以外には使用しないで下さいね。

 

塩素系漂白剤は酸性の物を混ぜると有毒ガスが発生して危険です。

 

単品で使い、他の薬剤と混ぜて使わないように注意しましょう。

 

 

雑巾の臭いの取り方

 

雑巾は汚れが落とし切れないまま使用したり、生乾きの状態で放置されると雑菌が発生して独特の雑巾臭がしてしまいます。

 

臭いが気になり始めたら下記の方法を試してみましょう。

 

重曹水で煮沸する

臭いの原因は雑菌の繁殖によるものです。

 

煮沸自体に殺菌作用があり、重曹や洗剤を組み合わせて使えば除菌・消臭効果が高まりますよ。

 

重曹は加熱することで弱アルカリ性から強アルカリ性に変化します。

 

強い力で汚れをかき消しつつ、重曹のもつ消臭作用も合わさってくれるでしょう。

 

ただし、アルミ鍋で加熱すると変色を起こす可能性があるので注意して下さい。

 

必要な物

・アルミ鍋以外の鍋

 

・水

 

・重曹

 

・ゴム手袋

 

 

手順

①鍋に水を入れて沸騰させたら、適量の重曹を入れます。

 

 

②雑巾を入れて、泡が吹きこぼれないように弱火で15~20分煮沸します。

 

注意
長時間煮沸しすぎると、生地を傷めて劣化を早める原因になるので注意して下さい。

 

 

③火を止め、お湯が冷めるのを待ちます。

 

 

④水でよくすすぎ洗いします。

 

 

⑤固く絞って天日干しで乾燥させましょう。

 

酸素系漂白剤を使う

雑巾を煮沸消毒して臭いを取る方法は、人によっては抵抗がありますね。

 

そんな方は酸素系漂白剤を使って臭いを取り除きましょう。

 

液体タイプよりも粉末タイプの方が漂白力が強くなるので、粉末タイプがオススメです。

 

粉末量を調整することで臭い取りの加減も異なってきます。

 

もっと強力な物がいい!という場合は、塩素系漂白剤を使用しましょう。

 

ただし、塩素系漂白剤は使用時の注意事項が多く、取り扱いが難しいです。

 

必ず表示内容にそって使用するようにして下さいね。

 

 

必要な物

・バケツ

 

・ぬるま湯(40℃前後)

 

・酸素系粉末漂白剤

 

・ゴム手袋

 

手順

①バケツにぬるま湯を入れ、漂白剤を溶かします。

 

 

②雑巾を入れ、15~30分つけ置きします。

 

寒い時期はお湯がすぐ冷めてしまいます。

 

つけ置きの効果を高めるために、蓋をすると保温ができますよ。

 

 

③洗剤が残らないように、しっかりすすぎ洗いしましょう。

 

 

④手洗いもしくは、洗濯機で通常洗濯し、天日干しで乾燥させましょう。

 

臭いの防止方法

雑巾を使用した時に汚れや臭いが定着しないようにするため、防止方法を実践しましょう。

 

使用後はすぐに洗って乾かす

使用した後はすぐに洗って乾かす癖をつけましょう。

 

普段のお手入れであれば、固形石鹸で擦り洗いするだけで十分です。

 

生乾き状態が長くなるだけで雑菌臭が繊維の内側に残りやすくなります。

 

洗った後はできるだけ早く天日干ししましょう。

 

使い捨てできる雑巾にする

雑巾は大容量で入って、安価で販売されていることが多いです。

 

酷い汚れを落とすことよりも、数回使って新しい雑巾にどんどん替えていくのも一つの手でしょう。