【キュプラ生地の洗濯・アイロンがけ】シワ取りや縮みに注意した洗い方など【スチームアイロンは大丈夫?】



 

本記事では、キュプラ記事の洗濯方法やアイロンの掛け方、シワの取り方などを紹介しています。

 

キュプラを洗うときのポイント

洗濯表示タグを確認する

◆キュプラ100%は水洗いNGが多い

キュプラ素材を洗うときは、衣服などに付いている洗濯表示タグを、まず確認してください。キュプラの混合割合によって、水洗いできるかどうかが違ってきます。たとえば、キュプラ100%で作られた小物などは、水洗いNGとなっていることがほとんどです。

 

◆キュプラ混紡の衣服は水洗いOK

キュプラ製の衣服などでは、ウォッシャブル加工がされていることがあります。また、衣服に使われるときには、キュプラを、綿やレーヨンなどと混紡して作られていることがほとんどです。混紡されている場合は、水洗いOKと表示されていることが多いです。

 

おしゃれ着洗い洗剤を使う

キュプラを洗う洗剤は、できるだけ繊維に負担をかけずに洗えるものがいいです。たとえば、エマールなどのおしゃれ着洗い洗剤がお薦め。縮みや毛玉などのダメージを抑えながら、さっと短時間で汚れを落とすことができます。さらに、おしゃれ着洗い洗剤は、洗剤落ちがいいため、すすぎ洗いにかける時間も短縮できます。

 

手早く洗う!

◆水に浸ける時間を短く

キュプラを洗うときには、時間との勝負! 水に浸けておく時間が長くなるほど、縮みやシワが生じやすくなり、キュプラの風合いが変質するリスクがあります。キュプラの洗濯は、とにかく手早く洗い上げることがポイントです。

 

◆水洗いの容器を二つ用意する

手洗いではあらかじめ、洗濯用のバケツと、すすぎ用のバケツの2個を用意しておくのがお薦めです。昔の、二槽式洗濯機のイメージです。横並びにバケツを置けば、洗ったらすぐ、隣のバケツにジャブンと沈めて、すすぎ洗いを行えます。水を溜める時間や、水気を切る時間が短縮でき、洗濯がスムーズに進みますよ。

 

優しく洗う!

◆こすり洗いはNG

キュプラは摩擦で傷みやすい繊維・・・。そのため、ジャブジャブ、ゴシゴシと洗うのはNGです。手洗いをするときに、布地同士をこすり合わせたり、ブラシでこするような洗い方は絶対にダメ! 摩擦で小さな毛玉が発生し、せっかくの上品な風合いがなくなってしまいます。

 

◆優しく押し洗いが基本

手洗いでは、押し洗いが基本。水の中で、衣類をふわっふわっと押し、沈めたり浮かべたりを繰り返します。これだけで汚れが落ちるの?と思うぐらい、優しい洗い方でOKです。また、水の中で、衣類をゆらゆらと泳がせて洗う、揺らし洗いもお薦めです。

 

◆脱水も優しく行う

キュプラを脱水するときには、洗いジワに注意です。まず避けたいのが、洗濯機で脱水すること。脱水の回転で、大きなシワがくっきりと刻み込まれてしまいます。手で絞って水気を切るときにも、強く絞りすぎないように気を付けましょう。

 

クリーニングに出す

水洗いできない場合には、クリーニングに依頼しましょう。クリーニング店では、キュプラ素材にダメージを与えない方法で、汚れを落としてくれます。プロの技で、柔らかく滑らかな、キュプラの風合いを生かした仕上がりとなります。

 

 

キュプラの手洗い方法

手洗いの手順

①洗うための容器を、二つ用意しましょう。洗面器やバケツなど、衣類が洗いやすいサイズのものを選んでください。また、洗濯物を移動させるときには、かなり水が飛び散るため、浴室など濡れてもいい場所で洗いましょう。

②二つの容器に、水かぬるま湯を張ります。30度~40度のぬるま湯を使うと、汚れが落ちやすくなります。また、一つの容器には、おしゃれ着洗い洗剤を溶かします。もう一つの容器は水だけを入れ、すすぎ洗い用に置いておきます。

③洗剤が入った容器に、キュプラの衣類などを沈めてから、優しく押し洗いしてください。浮かせたり沈めたりを、1分程繰り返しましょう。

④洗剤水から取りだし、隣の容器に移します。水気を切らず、そのまま移動させればOKです。すすぎでも、優しく押し洗いします。30秒程で水を入れ替え、もう一度すすぎ洗いしてください。時間短縮のためにも、新しいぬるま湯を足しながら、同時進行ですすぎ洗いを行うといいです。

⑤洗剤が落ちれば終了です。ここまでをざっと、3分程度で終わらせるのが理想です。

 

脱水のやり方

◆手で軽く絞る

丸めて軽く絞る

水気を切る方法としては、手で軽く絞るのが手っ取り早いです。洗濯物は、団子のように丸めた状態で、優しくギュッと水を押し出してください。くれぐれも、雑巾のように畳んで絞るのは避けましょう。シワができる原因となります。

 

干すときは水が垂れるので注意

この水気の切り方では、水分がかなり残っています。掛けた洗濯物から、しばらくは、しずくがポタポタと落ちてきます。ですので、洗濯物は、屋外やベランダに干すのがベスト。室内に干すときには、洗濯物の下に新聞紙や吸水マットを敷かないと、床がびしょ濡れになってしまいます。

 

◆バスタオルを使う

バスタオルなどに水気を吸わせて、脱水する方法があります。高級な衣類などは、繊維を傷めないためにも、この方法で水気を切るのがお薦めです。

 

①大きめのタオルやバスタオルを用意してください。厚手で柔らかい素材のほうが、水気をよく吸い取ります。

②洗濯した衣類を、バスタオルの間に挟み、両側から閉じるようにして畳みます。

③バスタオルの上から、優しくパンパンと手で叩き、水気をよく吸い取らせてください。

 

アイロンのかけ方

①アイロンは、低温から中温に設定してください。

②キュプラ素材の上に、当て布を掛けます。当て布は、綿100%のハンカチや手ぬぐいなどを使いましょう。

③アイロンを掛けていきます。シワのできた部分では、アイロンを動かす手を止めて、軽く押し当てるようにすると、シワが取れやすくなります。

④水洗いができる素材では、スチームアイロンを掛けてもOKです。水洗いができない素材は、よれや縮みが生じるリスクがあるので避けてください。






 

 

キュプラ

 

レーヨンに似た布地

キュプラとは、つるつると滑らかな質感のある布地です。触り心地や見た目は、レーヨンに近いです。手触りがよく、滑りがいいので、衣服や小物などの生地としてよく利用されています。

 

綿から作られる化学繊維

キュプラは、天然の綿から作られていますが、化学繊維に分類されます。それは、綿を布地に加工する過程で、薬品でいちど溶かしてから、繊維に再生しているからです。化学繊維としては、歴史が古いものであり、百年程前から衣服などに利用されています。

 

キュプラが使われているもの

キュプラの利用方法はさまざま。主に使われているのは、スーツやジャケットなどの裏地や、下着などです。スカーフなどの小物や、着物などの和服にも、キュプラが使われているものがあります。また、カーテンなどのインテリアや、布団などの寝具などに使われることもあります。

 

キュプラの長所

◆高級感がある

キュプラには、シルクのような上質な光沢があります。そして、しなやかな張りがあるので、きれいなドレープを出すことができます。ドレープが美しいキュプラは、高級感のある装いにピッタリ。ドレスワンピースやスカーフなどの素材として、重宝がられています。

 

◆吸湿性、放湿性がある

キュプラには、吸湿性や放湿性があります。吸湿性があると、衣服として着たときに、汗などの水分を吸い取ってくれます。そして、放湿性があると、吸い込んだ水分を放散するので、衣服の中に湿気が溜まりにくいです。つまり、キュプラで作られた衣服は、蒸れやベタつきが起きにくく、サラッとした着心地を保ちやすいということ。そのため、スーツやスカートの裏地など、肌に直接触れる部分の素材としてよく使われています。

 

◆静電気が起きにくい

キュプラには、静電気が起きにくいという特徴があります。一方、ウールなどのニット素材は、静電気が起きやすいです。そのため、衣服では、静電気が起きやすい素材に、キュプラを組み合わせているものをよく見掛けます。よくあるのが、ウール素材のスカートやジャケットの裏地に、キュプラを縫い合わせてある使い方です。キュプラを裏地に使うと、布地が肌にまとわりつきにくくなり、着心地が快適となります。

 

◆熱に強い

キュプラは、熱に強い布地です。高熱に当てても、布地が伸びたり、溶けてしまうことが少ないです。耐熱温度は、200~300度とも言われています。日常生活で使う分には、熱による影響を受けることは少ないでしょう。

 

キュプラの短所

◆毛羽立ちやすい

キュプラには、摩擦に弱く、毛羽立ちやすいという難点があります。キュプラの衣服を着るときには、鞄や身体がよく当たる場所は、摩耗しやすいため要注意です。同じ場所ばかりこすれることがないよう、鞄を持つ手を替えたり、身体の動きを確認するといいでしょう。ちなみに、摩擦で毛羽立った部分は、小さな毛玉ができて、バサバサと汚い見た目となり、艶感がなくなってしまいます。つるっと滑らかな質感や光沢感など、キュプラの持ち味がなくなるので残念です。

 

◆水で縮みやすい

キュプラには、水に濡れると縮みやすいという短所があります。と言っても、汗をかいたり、お茶をこぼしたりなど、少々の水気が付着するぐらいで、すぐに縮んでしまうわけではないので、ご安心を。化学繊維ですので、それなりに水への耐久性はあります。しかし、水洗いで洗濯するときには、注意が必要! 洗濯表示では、水洗いがNGとなっている場合が多いです。仮に、水洗いOKの衣服などであっても、洗濯機でジャブジャブ洗うのはお薦めしません。

 

◆シワができやすい

キュプラ素材を水洗いしたときに、よくあるのが、洗いジワができてしまうこと。洗濯機での回転時や、脱水で水気を絞るときに付いたシワが、乾いた後も残ってしまいがちです。元々がつるんとした素材なだけに、シワが付くととても目立ちます。そして、シワがあることで、美しいドレープや光沢感なども、台無しになってしまいます。そのため、水洗いするときには、できるだけシワができないように、配慮することが大切です。