【色落ちする服の色止め・洗濯】手洗い方法や色落ちの防止方法など【酢、クエン酸、ネットなど】


スポンサーリンク

 

色合いが気に入って購入した服が色落ちすると本当にショックですよね。

 

しかも色落ちした染料が別の服に色移りした時はショックが2倍です。

 

誰しも一度は服の色落ちを経験されているのではないでしょうか?

 

ジーンズのように色落ち加減を楽しむ服もありますが、物によっては古びた印象を与えるので避けたい場合もあるでしょう。

 

本記事では、色落ちする服の色止めをしながら洗濯する方法を紹介しています。

 

色落ちする服の色止め・洗濯

色落ちはどうして起こる?

色落ちが起こる原理について知っておくと、防止法を頭に入れこみやすいです。色落ちしてしまう主なタイミングは洗濯中、脱水中、洗濯後にあります。

 

洗濯中

染料は液体なので、水に入った状態だと溶けだしやすくなります。さらに、洗濯中の摩擦や洗濯槽への衝突で色落ちしやすくなってしまいます。また、水よりもぬるま湯の方が色落ちさせやすくなるので、残り湯を使った洗濯は避けた方が良いでしょう。

 

脱水中

洗濯機による脱水は強い遠心力が水分を飛ばしながら回転しています。色落ちした染料がこの作業により他の洗濯物に色移りしやすくなってしまいます。

 

洗濯後

洗濯が終わったのに洗濯機の中に入れっぱなしということはありませんか?水分がまだ残った湿気た洗濯物は少しずつ色落ちし、接触する衣類に色移りさせてしまいます。

 

色落ちしやすい素材

色落ちの度合いは製造時の染料の入れ方が関係しているほか、色落ちしやすい素材かどうかも大きく関係します。キナリと呼ばれるいわゆる天然繊維は色落ちしやすく、化学繊維は色落ちしにくいです。例を挙げると綿、麻、絹、皮、レーヨン、キュプラなどは色落ちしやすく、逆に色落しにくい素材はナイロン、ポリエステル、アクリルです。

 

色落ちしやすい色

濃い色は色落ちしやすく、薄い色は色落ちしにくい傾向にあります。必ずとはいえないものの、黒、赤、青、紺色、カーキなどは色落ち度が高く、逆に白や柄物は色移りしやすいです。

 

色落ちの確認方法

洗濯する前に色落ちするかどうかを確認して、他の衣類への色移りを防ぎましょう。

色がついてもよい不要なタオルに衣類用洗剤を垂らします。衣類にタオルを軽く叩いて、色がついていないか確認しましょう。衣類の色がタオルに移った場合は色落ちする可能性が高いです。特に色が濃い衣類は最初の洗濯で一番色が落ちます。購入したての衣類は要注意。色落ちチェックをして色落ちするようであれば、単独洗いを心がけましょう。

 


スポンサーリンク

 

色落ちを防止する洗い方

 

続いては色落ちを防止する洗い方について、ポイントを見ていきましょう。

 

手洗いがベスト

洗濯機の摩擦や衝撃は衣類を傷める原因になります。手洗いにすることで、部分的な汚れも効率的に落とせる上に生地を傷めずに洗うことができます。

 

単品で洗う

手洗いにせよ、洗濯機にせよ、単品で洗うことで色落ちや色移りを減らせます。難しい場合は、洗濯ネットに入れるようにしましょう。洗濯ネットは網目の粗いものを選ぶと色落ち防止効果が期待できますよ。

 

色の濃い服と色の薄い服をいっしょにしない

色落ちしやすい色の濃い服と、色移りしやすい色の薄い服は分けて洗濯しましょう。

 

裏返して洗う

色落ち防止には裏返して洗う方法も効果があります。洗濯中の摩擦でダイレクトに擦れる面を裏側にすることで、表面は保護された状態になります。特にジーンズなどの色の濃いデニム生地は、裏返すことで、色移りしやすい部分が他の衣類へ接触するのを避けられます。

 

手洗いコースがオススメ

通常コースよりも優しく洗える手洗いコースやドライコースを選択しましょう。

 

水量は多めに設定

水量を多くすることで、洗濯中に衣類が擦れて絡まる頻度を減らすことができます。節水機能が付いた洗濯機は特に、水量を多めに指定してから洗いましょう。

 

また、万が一色落ちしたとしても、水が多いことで溶けだした染料を薄めてくれる効果も期待できます。

 

洗濯後はすぐに干す

洗い終わった洗濯物は放置せず、早々干しましょう。時間が経過するごとに少しずつ色落ち・色移りし、型崩れなどのトラブルも招きます。

 

色落ちを防止する手洗い方法

色落ちしやすい衣類を手洗いする時の手順をご説明します。

 

必要なもの

・バケツや洗面器

・中性洗剤(おしゃれ着洗剤)

・大きめのタオル(色移りしても大丈夫なもの、目立たないもの)

 

手順

①洗いたい衣類を裏返しにします。

 

②容器に水またはぬるま湯を張り、洗剤を溶かします。

 

汚れがひどい場合は、洗剤を溶かした水に浸け置きしてから洗いましょう。

 

③衣類を②に入れて、優しく揉み洗い、押し洗いしましょう。

 

ゴシゴシ擦ると色落ちの原因になるので、揉み・押し洗いが基本です。

 

④キレイな水に入れ替えながら、泡が出なくなるまですすぎます。

 

⑤洗い終わったら、洗面器の縁に押し当てるようにして水気を切り、最後はタオルドライします。

 

洗濯ネットに入れ、洗濯機で30秒~1分間脱水する方法でも構いません。

 

⑥変色を防ぐために裏返しで干し、乾燥させます。

 

色落ちを防止する洗濯方法

色落ちさせないポイントを踏まえた洗濯機による洗濯手順です。

 

必要なもの

・中性洗剤

・洗濯ネット

 

手順

①洗いたい衣類を裏返しにして、洗濯ネットに入れます。

大きいサイズの場合は畳んで、裏返しにした状態で一番汚れた箇所が表にくるように洗濯ネットにしまいます。

②中性洗剤を入れ、手洗いコースもしくはドライコースで洗濯します。

③洗濯が終わったらすぐに取り出し、裏返しで干して乾燥させます。

 


スポンサーリンク

 

色落ちを防止するアイテム

色落ちさせないために使うアイテムをご紹介します。身近な物も多いので、ぜひ取り入れてみましょう!

 

・中性洗剤

デリケートな服に適すのは中性洗剤です。また、色褪せや色落ちは洗剤に含まれる蛍光剤成分が原因となっている場合も少なくありません。染料が染み出しにくく衣類に優しい中性洗剤を使うようにしましょう。

衣類につく汚れは酸性に当たります。一般的な衣類洗剤は、汚れ落ちを重視するために中和する役割の弱アルカリ性が多いです。汚れ落ちが良い反面、衣類を傷みやすくするというデメリットもあります。目的別に洗剤を使い分けると効率よい洗濯ができますね。

 

 

・塩

木綿などの素材には塩を入れることで色落ちを防止できます。塩に含まれるマグネシウムやカルシウムが染料と結びつき、染料が流れ出るのを防いでくれます。

 

・酢

衣類の中でもシルクなどの素材に酢は有効です。塩と同様の原理で、酢に含まれる酸が染料と結びついて色落ちに役立ちます。酢がない場合は粉末のクエン酸でもかまいません。

 

※塩や酢を使った洗い方

繊維に染料を定着させるために、色落ちを防止したい服を事前に浸け置きすることでより高い効果を得られます。浸け置き作業を省く場合は、洗濯機の洗剤を入れる場所へ塩や酢をしっかり溶かしてから入れるようにしましょう。

 

必要なもの

・水

・塩やお酢

 

手順

①水1Lに対し、酢もしくは塩を大さじ1の割合で溶かします。

 

②①の洗浄液に衣類を入れて、しっかり浸けます。

 

③30分~1時間浸け置きします。

 

④その後、手洗いコースやドライコースで洗濯をしましょう。

 

・色移り防止シートを使う

専用の色移り防止シートを使う方法もあります。万が一衣類の染料が水に溶けだしても、シートが吸収してくれるので色移りしません。

 

 

色移りした服の色の落とし方

色落ちした服を元に戻すことはできませんが、色移りした服であれば落とせる可能性があります。繊維に色が定着すると戻せなくなるので、洗濯直後に対処しましょう。

 

衣類用洗剤を使う

通常の衣類用洗剤を多めに使うことで、色移りを落とせる可能性があります。洗濯直後の濡れたまま作業を行いましょう。

 

必要なもの

・お湯(50℃前後)

・衣類用洗剤

・洗面器

 

手順

①洗面器にお湯をはり、通常量の2~3倍の洗剤を入れます。

 

②①の中に色移りした服を浸けこみます。

 

③服をゆらしながら、水を流して十分にすすぎ洗いします。

 

重曹と酸素系漂白剤を使う

効果を高めるために重曹と酸素系漂白剤を使い、化学変化を起こして汚れを落とします。軽い汚れであれば、汚れに直接重曹をかけて歯ブラシなどで擦り洗いしてもかまいません。

 

必要なもの

・ぬるま湯

・重曹

・酸素系漂白剤

・手袋

 

手順

①ぬるま湯に重曹と酸素系漂白剤を混ぜます。

 

②①の液に衣類を入れて30分~1時間浸け置きします。

 

浸け置き時間が長すぎると色落ちする危険性もあるので、様子を見ながら浸け置きしましょう。

 

③汚れが落ちたら水ですすぎ洗いします。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク