【コーヒー汚れの洗濯】コーヒーシミの落とし方・取り方を紹介


スポンサーリンク

コーヒー汚れはついてすぐなら簡単に落とせる

 

コーヒーのシミは落としにくいと思っている方も多いかと思いますが、コーヒーは水溶性の汚れです。

ですから、単なるコーヒーの場合はすぐ対処すると水で簡単に落とすことができます。

 

しかし、外出先ですぐにシミを取れなかった場合や、気付かないうちにコーヒーがシミになっていたという場合、時間が経って酸化してしまうと漂白作業が必要になってきます。

 

できるだけ早く、シミを落とすようにしましょう。

 

シミは中性洗剤を使って落とす

スポンサーリンク

 

水洗いだけでコーヒーのシミを落とすことができない場合は、中性洗剤を使いましょう。

食器用の中性洗剤でも良いですし、他の洗剤でも中性であれば問題ありません。

 

アルカリ性の洗剤は洗浄力が高いというメリットはありますが、色落ち生地を傷めてしまうというデメリットもあります。

 

また、洗剤に蛍光剤が入っている場合は、衣類の色目が変わる場合もありますので注意しましょう。

 

コーヒーのシミの落とし方・取り方

 

シミがついている部分を水で少し濡らす

 

中性洗剤をつける

※綿やポリエステルは直接つけても良いですが、デリケートな素材のものは水で薄めた洗剤をシミ抜き棒などでやさしくトントンとつけるようにしましょう

 

③もみ洗いをする

※デリケートな素材のものは歯ブラシシミ抜き棒を使いましょう

 

④水ですすぎ、シミが落ちていなければ繰り返す

 

シミに洗剤をつけてからしばらく放置しておくと、更に落としやすくなります。

 

カフェオレやカプチーノのシミ

スポンサーリンク

 

ブラックコーヒーや、砂糖を入れただけのものならば簡単にシミを落とすことができます。

 

しかしコーヒーフレッシュや、牛乳などの油分やタンパク質が入っているものの場合は、これらの成分を取り除く必要があります。

 

油性と水性が混ざっているシミの場合は、先に油性汚れを取り除いてから、水性の汚れを落とします。

 

タンパク質には酵素

 

牛乳などに含まれるタンパク質は、高い温度になると固まって落としにくくなってしまいます。

 

酵素はタンパク質を取り除く効果がありますので、酵素入りの洗剤を使ってシミ抜きをすると効果的です。

 

コーヒーに牛乳が入っていれば酵素入りの洗剤入っていなければ中性洗剤と覚えておきましょう。

 

油性汚れのコーヒーのシミの落とし方・取り方

 

 

シミの下にタオルを敷き、シミに直接酵素入り洗剤をつける

粉末洗剤の場合はお湯を少し混ぜてペースト状にして塗る

 

②別のタオルをお湯で濡らして絞り、洗剤を塗ったシミの上に乗せる

 

温かいタオルの上からラップで覆い20分から30分置く

時間が経っても落ちていなければ、タオルを温め直してまた数十分おく

 

中性洗剤でもみ洗いをした後、衣類に合った方法で洗濯する

 

洗剤で落とせなければ漂白

 

洗剤で洗ってもシミが残ってしまう場合は、酸素系漂白剤を使って漂白しましょう。

洗剤で洗ったあと、コーヒー汚れのシミが残っている部分に液体の漂白剤をつけてすぐ洗濯します。

 

応急処置

 

外出先などですぐに洗うことができない場合は、簡単に応急処置をしておきましょう。

 

濡れたペーパーおしぼりでコーヒー汚れを広げないようにつまみ取る

 

乾いたペーパーなどで押さえて水分を吸い取る

 

出番の多いシミ抜き方法

 

衣類のシミ抜きというと、子供が服を汚した場合が多いと思いますが、大人でも汚してしまいますよね。

特にコーヒー汚れのシミは出会う回数が多いと思います。

 

難しいと思われるコーヒーのシミ抜きですが、実は簡単です。

それに早く対処するほど落としやすいので、気付いたらすぐに行ってみましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク