【チノパンの洗濯】洗う頻度や洗い方、干し方を紹介【色落ち・しわ・縮む】



 

本記事では、チノパンの洗い方や洗濯の頻度、干し方などを紹介しています。

 

チノパンの洗濯

 

ご家庭で洗濯しても大丈夫!

チノパンは、家庭で洗えるものがほとんどです。洗濯表示を確認して、手洗いマークや洗濯機マークが付いていれば、ジャブジャブと水洗いして大丈夫です。チノパンは、綿素材や、綿と化学繊維との混合素材で作られていることが多く、洗濯しやすい衣服です。

 

洗濯の頻度

◆毎日洗わなくても大丈夫

2~3回履いてから洗うか、汚れや臭いが目立ってきたときに洗えば充分です。チノパンは、デニムと同じく、頻繁に洗うことで、かえって生地が傷んでしまうことがあります。汗をかく季節や、アウトドアで履いたときでなければ、毎日洗わなくても大丈夫です。

 

◆毎日洗わなくてもよい理由

履くたびに毎回、チノパンを洗う人は少ないです。履くたびにチノパンを洗うことは、清潔で好ましいのですが、縮みや色落ちが心配…という人が多いようです。そして、生地が分厚くて乾きにくいため、頻繁に洗濯すると、毎日使いができなくなる…というデメリットもあります。

 

チノパンを洗う際の注意

◆シワになりやすい

綿の割合が多いチノパンでは、洗いジワが残りやすいです。

 

◆縮むことがある

綿100%のチノパンは、洗濯すると縮むことがまれにあります。

 

◆色落ちしやすい

洗剤や漂白剤によっては、色落ちすることがあります。

 

洗うときに守ってほしいこと

◆洗濯表示を確認する

水洗いできても、タンブラー乾燥はNGであることが多いです。

 

◆洗濯機では洗濯ネットを使う

洗濯槽の中で、チノパンが他の衣類と絡みにくくなり、洗いジワを防ぐことができます。

 

◆脱水は短めに

脱水が長いと、シワができやすくなります。

 

◆干し方に注意

水を吸ったチノパンは重たいため、干し方が悪いと、型崩れの原因となります。

 

使用する洗剤

◆おしゃれ着洗い洗剤

チノパンを洗うときには、エマールなどのおしゃれ着洗い洗剤を使うといいです。ウタマロリキッド(液体)など、衣類用の中性洗剤でもOKです。

 

 

◆蛍光剤の入った洗剤はNG

使うのを避けてほしいのが、蛍光剤の入った洗剤です。蛍光剤で洗うと、チノパンが色落ちしたり、白く色が抜けてしまうことがまれにあります。たとえば、ウタマロシリーズの中でも、ウタマロ石けん(固形)は、蛍光剤が含まれているため、チノパンを洗うときには向いていません。

 

◆漂白剤を使うのはNG

漂白剤を使うのは、できるだけ避けましょう。チノパンが色落ちして変色したり、白く色が抜けてしまうことがあります。汚れが頑固なため、どうしても漂白剤を使いたいときには、酸素系漂白剤を選ぶようにしましょう。酸素系漂白剤は、塩素系のものよりも、生地へのダメージを抑えることができます。

 

◆使用する洗濯ネット

洗濯機で洗うときには、洗濯ネットがあったほうがいいです。洗濯ネットに入れなくても洗濯はできますが、シワができやすくなり、洗い上がりがクシャクシャになることも。チノパンが入るサイズの、大きめの洗濯ネットを用意しましょう。チノパンを畳んで洗うならば、ジャケット用やニット用などの洗濯ネットで代用できます。

 

チノパンを洗うときにお薦めなのが、パンツ用の洗濯ネットです。通常のネットよりも細長い形をしており、パンツを畳まずに入れることができます。畳まずに、くるくると巻いてから洗濯機に入れるため、折りシワができにくく、洗い上がりがパリっときれいに。アイロンをせずにそのまま履けるぐらい、ピンと張った仕上がりとなります。

 

 

 

チノパンの洗い方

部分洗い

部分汚れがあるときには、汚れた部分だけをサクッと洗いましょう。汚れが気になるが、毎日洗うわけにはいかないときにも、部分洗いをすると便利です。

 

①洗面所の蛇口などで、チノパンの汚れた部分だけを濡らします。

②汚れた部分に、衣類用洗剤や石けんなどを塗ります。

③指で生地をつまみ、クチュクチュとこすり合わせて、つまみ洗いをしてください。汚れが落とせたら、流水で洗剤を流します。

④吊るして干します。一部分しか濡れていないので、部屋干しでもOK。一晩で乾きますので、毎日履きたいときにも大丈夫です。

 

洗濯機で洗う方法

基本的にチノパンは、洗濯機で洗えるものが多いです。洗濯表示が手洗いマークになっているチノパンも、ドライモードなどに設定すれば、洗濯機で洗っても大丈夫です。

 

①チノパンのファスナーやホック、ボタンなどは閉めておきます。ポケットの中に、物が残っていないかを確認します。傷みやすい生地のときには、チノパンを裏返しておきます。

②チノパンを畳んでから、洗濯ネットに入れます。パンツ用の洗濯ネットのときは、パンツの裾をまっすぐに揃えてから入れ、くるくると巻きます。

③エマールなどのおしゃれ着洗い洗剤を、洗濯機に入れます。

④手洗いモードやドライモードに設定してから、洗濯をスタートさせます。

⑤脱水後に取り出し、干して乾かします。

 

消臭除菌剤をスプレーする

一日履いた後の、生活臭などが気になるときは、ファブリーズなどの消臭除菌剤を使うといいです。汗の臭いや、焼肉などの飲食店の臭いなどを、洗わずに落とすことができます。チノパンに付着した、インフルエンザなどの細菌や花粉などを除菌できるという作用もあります。

 

干し方

 

①脱水後は、すぐに洗濯機から取り出します。チノパンを両手で挟み、軽くパンパンと叩いて、シワを取ってください。チノパンのウエスト部分を手に持ち、上下にシュッと振り下ろしても、シワが取れやすいです。

②裏返さずに洗濯した場合は、干す前に、チノパンを裏返します。

③ピンチハンガーに吊るします。普通のズボンハンガーを使うよりも、丸型や四角型に洗濯ばさみがぶら下がっている、ピンチハンガーを使うほうがお薦め。体にフィットする、立体的な形に乾きます。

④チノパンのウエスト部分を、洗濯ばさみで挟んで吊るします。胴体が入ったときの形に近い、筒状になるようにして留めてください。陰干しで、充分に内側が乾き切るまで干してください。途中で、チノパンを裏返して、表側に戻しておくと、乾きが早くなります。

 

干すときの注意点

◆なるだけ多くの洗濯ばさみで留める

洗濯ばさみが少ないと、チノパンの重みで生地が伸びてしまうことがあります。水を吸ったチノパンはとても重たく、数個の洗濯ばさみでは支え切れないこともあります。たくさんの洗濯ばさみで留めて、重さを分散させたほうが、型崩れしにくくなります。

 

◆洗濯ばさみの跡が残らないように

チノパン素材には、洗濯ばさみの留め跡が残りやすいです。留め跡が気になる人は、洗濯ばさみに布などをかませてから、チノパンを挟むといいです。布は、ハンカチやハンドタオルなどでOK。チノパンのウエスト部分を、縦に包むようにして、2~3枚のハンカチをぐるりと並べます。この上から洗濯ばさみで挟むと、跡が残りにくくなります。

 

◆直射日光に当てない

直射日光の当たる場所で、チノパンを乾かさないでください。色あせの原因となります。夏の強い日差しの下や、西日が強く当たる場所で乾かすのもNGです。

 

 

アイロンの掛け方

 

①まず、チノパンを裏返して、裏側からアイロンを掛けます。両足や裾の部分など、面積の大きい部分をざっと掛けて、大きなシワを取ってください。

②シワがなんとなく取れたら、チノパンを裏返して、表側からもアイロンを掛けます。表側から掛けるときには、色あせなどを防ぐために、当て布をしてください。当て布は、綿100%のハンカチや手ぬぐいなどでOKです。

③脚のラインをきちんと揃えてから、アイロンを掛けましょう。表側についても、面積の広い場所から掛けていき、最後に股や腰回りを掛けるほうがやりやすいです。

④仕上げに、腰回りを立体的に整えます。丸めたバスタオルを、腰回り部分に差し入れてから、アイロンで撫でるようにして掛けていきます。体のラインに近づき、きれいに仕上がります。