【キャンバストートの洗濯】生地に適した洗い方や汚れの落とし方

スポンサーリンク

 

丈夫で使い勝手のいいキャンバストート

通勤や通学でも大活躍ですね。

 

ですが、使っていくうちに黒ずみ、黄ばみが…

特に白いものや天然繊維のものは目立ちますよね。

 

今回はそんなキャンバス生地のトートバッグの洗濯方法をご紹介します!

 

キャンバス生地の特徴

スポンサーリンク

 

キャンバス生地は

  • 生地が厚く丈夫
  • 雨に強い
  • 繊維の奥に汚れがたまりやすい

という特徴があります。

 

洗う際には

  • 縮みやすい
  • 色落ちすることがある
  • シワ、型崩れしやすい

という点に注意しなければいけません。

 

では、そんなキャンバス生地に適した洗い方をみていきましょう。

 

まずは、洗いたいバッグをチェックしてください。

無地で単色のものならば水洗いも簡単ですが、プリントが付いている場合、はがれないよう注意する必要があります。

 

また、「本体は白や天然素材で持ち手が濃色」など、2色以上の色から成っている場合は、白や天然素材に色が移る可能性があります。

その場合は、目立たないところに水と中性洗剤を合わせたものをつけ、色落ちしないか確認してください。

 

革製の部分がある場合、手洗いは難しいです。

クリーニング屋さんに相談しましょう。

 

キャンバストートの洗い方

 

キャンバストートの汚れの落とし方は3種類あります。

タオルで叩き、汚れを落とす

この方法は色移りが型崩れ、縮みが心配な方や比較的汚れが軽い場合におすすめです。

 

水で丸洗いする

この方法は単色のトートバッグや、すっきり綺麗にしたい方、型崩れが心配な方におすすめです。

 

洗濯機で洗う

この方法は、「型崩れも味、縮みもさほど気にしない」という方におすすめです。

 

また、いずれの場合も、汚れやすい持ち手や底は予洗いしておくと仕上がりが更にすっきりします。

濡らして汚れに固形石鹸、または中性洗剤をつけ、古歯ブラシなどで擦ります。

あまり力を入れると生地を傷めてしまうのでご注意ください。

 

では、ひとつずつみていきましょう。

 

タオルで叩き洗いする

用意するもの

  • 中性洗剤
  • 洗剤液を作る容器
  • タオル

 

手順

①容器に水と中性洗剤を合わせ、洗剤液を作る。

 

②タオルで洗剤液を濡らし、固く絞る。

 

③汚れをタオルで叩くようにして落とす。

 

④タオルを洗い、絞ったあと今度は洗剤液を落とすように叩く。

こちらが「すすぎ」の作業になりますので、洗剤が残らないよう念入りにおこなってください。

 

⑤風通しの良い日陰で干す。

 

水で丸洗いする

※タオルで洗ったバッグの水気を取る作業があるので、乾いたお風呂場でおこなうのがおすすめです。

用意するもの

  • 中性洗剤(できればおしゃれ着洗い)
  • トートバッグが入る大きさの洗面器など
  • タオル

 

手順

①容器に水と洗剤を合わせ、トートバックを浸す。

 

②浮かせて沈ませてを繰り返すように手で押し洗いする。

 

③洗剤液を捨て、水を張り②の要領で念入りにすすぐ。

 

④すすぎを終えたらタオルで水気を取る。

 

⑤風通しの良い日陰で干す。

 

洗濯機で洗う

普通に洗濯機で回すと型崩れの危険が大きいので、以下のように洗います。

 

用意するもの

  • 中性洗剤

 

手順

①洗濯機にあらかじめ水をためておく。

38℃〜40℃のお湯を使うと更に汚れが落ちやすくなります。

 

②洗剤を入れ、手洗いコースなどできるだけ優しいコースを選択し、回す。

 

③脱水は、弱脱水で1分程度にする。

脱水のしすぎはシワの原因になります。

 

④風通しの良い日陰で干す。

 

キャンバストートの上手な干し方

スポンサーリンク

 

干すときにもいくつかポイントがあります。

 

2つのハンガーに左右の持ち手をかけ、広げて干す

型崩れの防止になるのと、中に空気が通るので早く乾きます。

 

必ず陰干しする

長時間直射日光にさらすと、変色や繊維が傷む原因になります。

 

プリントのついているものは裏返して干す

プリント部は特にデリケートです。

 

濡れた状態のうちに、パンパンと手で挟むように叩きシワをとっておく

生地が厚く、シワになったら取りにくいのがキャンバス生地の特徴でもあります。

 

洗い上がった状態でシワになっているときは

叩いて干す→生乾きの状態で

アイロンのスチームを当て生地を伸ばしてあげると、シワが取れやすくなります。

 

また、キャンバストートの中には糊付けされているものもあります。

洗うと糊が落ちてしまいますので、気になる方は液体のりスプレーのりでパリッと感を出しましょう。

 

洗い終えたあとや、買ってすぐの状態で防水スプレーをかけておくと汚れの防止にもなります。

変色しないか目立たないところで一度試してからおこなってください。

 

 

いかがでしたか。

 

清潔に保っておくと、中にものを入れるのも安心ですね。

出番の多いキャンバストート、定期的にお洗濯の日を作って気持ちよく使いましょう!

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク