【帆布の洗濯方法】バッグ・鞄の洗い方やしわ・縮みの対策方法を紹介!

スポンサーリンク

 

本記事では、帆布のバッグや鞄の洗い方を紹介しています。

 

帆布の洗濯

洗濯できる?

帆布は自宅で洗濯することが可能です。

 

帆布はとても丈夫でリュックサックやトートバッグなど日常に使用する頻度が多いものによく使われています。

 

よく使うからこそ汚れが気になります。

 

皮脂や汚れが吸着しやすい帆布は注意しながら洗濯が必要です。

 

縮み・シワ・色落ち

帆布は基本的に縮みやシワになりやすい生地です。

 

様々なプリント加工がされているものは色落ちの心配もあります。

 

表面に撥水加工がされているものは洗濯することによって、効果が薄れてしまうこともあります。

 

縮みやシワを起こさない為には、水をしっかり切ることとシワをきちんと伸ばすことを頭に入れながら洗濯することが大切です。

 

スポンサーリンク

 

洗濯方法

黄ばみ・汚れ

◆必要なもの

・洗面器やバケツ

 

・ぬるま湯

 

・中性洗剤

 

・大きめのタオル

 

・使い古しの歯ブラシ等

 

◆手順

①洗面器やバケツにぬるま湯と中性洗剤を入れ洗剤液を作ります。

 

 

②帆布を①に入れ、体重をかけるように押し洗いをします。

 

表面にプリントや模様がある場合は、裏返して洗いましょう。

 

 

③特に黄ばみや汚れが目立つところは歯ブラシに中性洗剤を少量つけてポンポンと叩くように部分洗いします。

 

強くゴシゴシこすると生地を傷めますのでやめましょう。

 

 

④綺麗なぬるま湯に移しかえ、洗剤液が流れるまで押し洗いですすぎます。

 

 

⑤すすぎが完了したらある程度の水を切ってタオルではさみ、きちんと水を切ります。

 

絞ったりするとシワの原因になりますので、気を付けましょう。

 

洗濯機での洗い方

ウォッシャブル加工があるものは洗濯機で洗濯することが可能です。

 

洗濯機表示が×になっている帆布は撥水加工されているものや色落ち等の原因があります。

 

どうしても洗濯機で洗いたい場合は別の洗濯物と一緒に洗うのは避けましょう。

 

◆必要なもの

・衣類用洗剤

 

・ぬるま湯

 

・洗濯用ネット

 

◆手順

①帆布を裏返し、洗濯用ネットに入れます。

 

 

②洗剤をセットします。

 

 

③洗濯に使用する水は、人肌くらいのぬるま湯がオススメです。

 

水よりも汚れが落ちやすくなります。

 

 

④洗濯コースはソフトやおしゃれ着コースをセットします。

 

無い場合は、洗濯時間を短めにしてください

 

 

⑤脱水は1分以内にしましょう。長い脱水はシワの原因になります。

 

手洗い方法

帆布の洗濯方法で一番オススメなのが手洗いです。

 

洗濯機で何度も洗うことで帆布の繊維がほつれたり、シワが取れなくなってしまうことがあります。

 

◆必要なもの

・洗面器やバケツ

 

・ぬるま湯

 

・中性洗剤

 

・固形せっけん

 

・使い古しの歯ブラシ

 

・大きめのタオル

 

◆手順

①洗面器やバケツにぬるま湯と中性洗剤を入れ、洗剤液を作ります。

 

 

②帆布の表面にプリントや模様がある場合は、裏返しにしてから①に入れます。

 

 

③体重をかけるように全体を押し洗いします。

 

 

④黒ずみなどが気になる場合は固形せっけんを直接塗り、使い古しの歯ブラシなどでポンポン叩くように汚れを落とします。

 

ゴシゴシこすりすぎると傷みの原因になりますのでやめましょう。

 

 

⑤全体が綺麗になったら、綺麗なぬるま湯に移しかえ洗剤液が落ちるまで押し洗いしながらすすぎます。

 

⑥洗剤液が十分に落とせたら、余分な水を切りタオルで脱水します。

 

シワを伸ばすようにタオルではさみながら水分を切りましょう。

 

スポンサーリンク

 

洗濯のりの使い方

◆必要なもの

・洗濯のり

 

・ぬるま湯

 

・バケツや洗面器

 

・大きめのタオル

 

◆手順

①洗面器やバケツに洗濯のりを溶かします。

 

 

②帆布を①にひたします。

 

帆布が降り曲がらないくらいの大きめのタライを使うと綺麗に仕上がります。

 

 

③5分弱くらいひたして全体に浸透したら帆布を取り出します。

 

 

④余分な水を切ったらタオルで挟んで滴り落ちる水気を吸収します。

 

 

⑤完全に脱水せず、少し濡れすぎと感じるくらいがちょうどよいです。

 

仕上がりがパリッと綺麗になります。

 

 

⑥帆布は陰干しか風通しの良い室内で干します。

 

ハンガーや洗濯ばさみを使い、風が通るように生地が重ならない形を作って干しましょう。

 

干す前にシワをしっかりと伸ばしておかないとそのまま固まってシワシワの仕上がりになってしまいます。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク