【そばがら枕の洗濯】洗い方や手入れの仕方、ダニの退治方法


スポンサーリンク

そばがら枕の特徴

 

皆さんはどのような素材の枕を使っていますか?

枕は、毎日数時間使用するものなので好みのものを見つけたいですよね。

 

ここでは、そばがら枕の特徴をご紹介します。

 

そばがらとは

そば殻とはそばの実を包んでいる殻のことです。

そばの実はそばに加工して食され、実を取り出した後の殻は乾燥させて、そばがらとして使用しています。

 

天然の素材である

自然界から作られた素材なので、化学物質などの心配はありません。

 

通気性がよい

何と言っても通気性の良さがそば殻枕の魅力です。

枕から熱を逃がしてくれるので、蒸れにくいという特徴があります。

 

吸湿性がよい

そばがら枕は、吸湿性にも優れています

湿気を吸い取り外へ逃がす、という枕が呼吸しているような状態にしてくれます。

 

安価である

比較的安価であることも魅力的です。

 

重量感がある

重量感があり、固めなので頭を支えてくれます。

ただし、頭を動かすと中身もずれるので、寝返りをうった時に違和感を感じる方もいるかもしれません。

 

汚れやすい

そば殻枕の残念な特徴ですが、汚れやすいです。

 

力を枕にかけることにより、そば殻が潰れたり、粉が隙間から出てきたりすることもあります。

喘息の人には不向きな素材です。

 

虫が発生する

天然素材であること、食用にもされる素材であることから虫が発生しやすいです。

 

アレルギー反応を引き起こす

そばアレルギーの方は使用を控えた方が安心です。

 

そばがら枕の洗い方

 


スポンサーリンク

 

枕は毎晩数時間使用するので、やはり清潔にしておきたいですよね。

 

そばがら枕の洗濯方法をご紹介します。

 

水洗い不可

そばがら枕は水洗いできません。

 

水洗いをしてしまうとそば殻が腐り、ほこりや汚れを溜め込んで、逆に雑菌が増えてしまいます。

洗濯方法として、水洗いは向いていない素材です。

 

天日干し

定期的な天日干しをおすすめします。

日に当てることで湿気を飛ばし、雑菌の繁殖を止めることができます。

小まめに干すとより効果的でしょう。

 

詰め替え

どうしても中身の汚れが気になる方は、水洗いできませんので、汚れのあるそばがらを捨てます。

新しいものに詰め替えてみてはいかがでしょうか。

 

全部入れ替える

使用していたそばがらは全部捨てて、新しいそばがらを入れます。

 

一部を入れ替える

使用していたそばがらの一部は残す方法です。

 

①中身を全て出します。

 

②潰れているそばがらは取り除きます。

 

③天日干しをします。

 

④枕に入れてみて、足りない分だけ新しいそばがらを補充します。

 

煮沸消毒

洗い方としては一番効果的ですが、時間と手間がかかります。

汚れや雑菌が気になる時や、1年に一回くらいで十分でしょう。

 

①中身を出します。

 

②大きめの鍋でそばがらを煮沸します。

 

③沸騰したら、ザルにあけます。

 

新聞紙などに広げて、天日干しをします。

 

⑤一粒一粒がしっかり乾燥したら、枕に詰めます。

 

ダニ対策

 


スポンサーリンク

 

そばがら枕は虫が発生しやすいということで、ダニも例外ではありません。

ダニが湧きやすいことを意識して、小まめに対策をしましょう。

 

退治方法を知り、日頃からダニ対策を心がけましょう。

 

乾燥

ダニは高温多湿を好むので、そば殻枕に湿気を溜め込まないことが大事です。

使用後は、毎日湿気を逃がしてから収納しましょう。

 

また、小まめに天日干しをすることで、熱と乾燥によってダニを退治することができます。

退治方法として、最も手軽で効果的な方法です。

 

枕カバーで対策

ダニを寄せつけない物理的な対策です。

 

特殊な加工でダニを寄せつけない素材の枕カバーが市販されています。

そばがら枕は水洗いできないので、枕カバーでダニ対策をするのもいいですね。

 

購入時の注意

必ず洗浄・乾燥処理がしてあるそばがらを使用した枕を購入しましょう。

 

詰め替え用を購入するときも注意してください。

あらかじめ、虫やダニをつきにくくするために必要な工程を施してあるそば殻を選びましょう。

 

手入れの仕方

 

天日干し

やはり定期的な天日干しが手入れの仕方として、一番有効です。

 

少なくとも1週間に一度は干すように気をつけましょう。

できれば毎日のように干すと安心です。

 

詰め替え

天然のものなので、使用しているとだんだんと潰れていきます。

 

中身のそばがらを詰め替えることも、枕の性能を保つために必要なお手入れです。

半年に一回は、中身を出してみてそば殻の点検をしましょう。

出した際には、天日干しをしておきます。

 

さいごに

 

そばがら枕は、昔ながらの枕で愛用する方が多くいらっしゃいます。

 

素材の特徴としても、蒸れない重量感がある安価である手入れをすれば長期的に使用ができる、など魅力的です。

 

デメリットもありますが、天日干し詰め替え、など基本的なメンテナンスをしっかりしていれば、長いお付き合いのできる枕です。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク