【そばがら枕の洗濯】手入れの仕方やダニ・虫対策、洗い方を紹介!【丸洗い×】


スポンサーリンク

 

本記事では、そば殻枕の洗い方を紹介しています。

 

そば殻枕は天日干しで洗う!

 

そば殻枕には天日干し!

そば殻枕は水洗いできません。

 

ですので、水で洗う代わりに天日干しを行うのがよいでしょう。

 

そば殻枕はとにかくこまめに天日干しするのが一番です!

 

天日干しは、晴れて空気が乾燥した日に日の当たる場所に干しておくことです。

 

天日干しをするだけでも寝汗などの湿気は飛んでいきます。

 

天日干しのタイミング

毎日行うのが理想的ですが、天候やスケジュールの都合で難しいと思います。

 

天日干しは、室外や窓を開けた室内で行うので、家にいるタイミングで行うのがよいでしょう。

 

晴れた日の休日など、ゆっくりと自宅で過ごす日に天日干しを行って身体と枕のリフレッシュを図りましょう。

 

天日干しに適した天候

太陽が顔を出している、晴れた日に行います。

 

空気が暖かく、乾燥している日がいいでしょう。

 

雨の日の翌日などは空気中に湿気が残っており、天日干しには適していません。

 

じめじめした梅雨や雪の降る季節も天日干しを行いにくい時季です。

 

数日晴れた日が続いた後、地面が湿っていない日を見計らって天日干しを行ってください。

 

天日干しをする場所

天日干しは、外もしくは窓を開けた縁側などで行います。

 

室外では、日の当たるベランダやお庭、玄関など、目の行き届く範囲で行ってください。

 

家の前の道路や近くの公園などでは絶対に行わないように!

 

猫にオシッコを掛けられたり、虫やゴミなどがそば殻に混ざってしまうリスクがあります。

 

天日干しのやり方

◆枕カバーは外して洗濯

そば殻枕から枕カバーを取り外します。

 

枕カバーは洗濯表示を見て、洗濯機または手洗いで洗ってください。

 

ほとんどの枕カバーは、衣類用洗剤を使って、洗濯機で洗えるようになっています。

 

洗った後の枕カバーは、シワをよく伸ばして形を整えてから干してください。

 

◆平干しで干す場合

時間がないときは、そば殻枕をそのまま天日干ししてもOKです。

 

この場合は縁側などの室内にそのまま置くか、ベランダなどでの平干しがお薦めです。

 

平干しは、セーター用の平干しネットを使うと上下から同時に湿気が抜けるので乾きが早いです。

 

 

そば殻を取り出す場合

◆メリット

湿気や臭いが気になるときには、そば殻を取り出してから天日干しをするのがオススメです。

 

そば殻枕の中心にたまった湿気もカラッとなくなります。

 

壊れたそば殻を取り除くなど、そば殻の状態をチェックできるというメリットもあります。

 

◆そば殻を取り出す

そば殻枕からそば殻を取り出します。

 

そば殻枕はファスナーなどで開け閉めができるようになっています。

 

大きめのボウルやざるを用意して、枕の中身をそっと出していきましょう。

 

そば殻を取り出すときは、破片となったそば殻の粉も落ちてきます。

 

取り出し作業は新聞紙などを敷いた上で行うか、外で行うのとよいでしょう。

 

◆シートを敷いて重しをする

そば殻を置く場所を作ります。

 

ブルーシートやレジャーシート、新聞紙などを広めに敷いてください。

 

ゴザなど編んである素材は、そば殻の粉が下に落ちてしまうので室外で使うのがよいでしょう。

 

また、室外にシートなどを広げた場合は、風でシートが浮かないように四隅や端っこに重しを乗せておきましょう。

 

◆そば殻を薄く広げる

そば殻は薄く広げて天日干しをします。

 

そば殻同士がなるべく重ならないようにして広げるのがポイントです。

 

面積をすごく取りますが、乾く時間は圧倒的に早くなります。

 

◆風で飛んでいかないようにするコツ

・そば殻は風で飛びやすい

外で干すときは、風でそば殻が吹き飛ばされないように注意しましょう。

 

風の強い日には干さないのはもちろん、そよ風程度の日でもそば殻が飛んでいかないように工夫が必要です。

 

かといって、通気性の悪い素材で覆ってしまうと、風に飛ばされない代わりにそば殻も乾きません。

 

通気性のいいネット素材でそば殻を覆う方法がオススメです。

 

 

・食卓カバーで覆う

そば殻の量が少ないときには、食卓カバーで覆うことができます。

 

ただし、食卓カバーは軽いので、かぶせるだけではカバーごと飛んでいってしまいます。

 

必ずカバーの端を重しで押さえておいてください。

 

ガムテープを貼っていい場所ならば、地面に直接ガムテで貼り付けておくのもよいでしょう。

 

 

・ハンギングネットに入れて乾かす

ハンギングネットは、干物やドライフルーツを作るときに吊して使うネットです。

 

ネットは3層や4層に小分けされており、それぞれの段に乾かしたいものを入れて使います。

 

このネットの中にそば殻を入れて天日干しすると、上下左右から日光や風が当たりあっという間にホカホカに乾きます。

 

 


スポンサーリンク

 

そば殻を乾燥させる方法

ドライヤーで湿気取り

 

天日干しができない時季はドライヤーを使って、そば殻をざっと乾かす方法があります。

 

天日干しをするようにそば殻を取り出し、シートなどに薄く広げます。

 

その上から、ドライヤーを温風で当てます。

 

注意
ドライヤーが近すぎるとそば殻が吹き飛んでしまいます。

 

少し遠めから風が直接当たらないようにして、ふわふわと動かしながら当てるのがコツです。

 

数分当てると、ちょっとした湿気でしたら充分乾きます。

 

ホットカーペットでダニ退治

 

◆ホットカーペットにはシートを敷く

ホットカーペットの上に、そば殻を置いて乾かすのも便利です。

 

ホットカーペットの上には必ず新聞紙などを敷いてください。

 

そば殻を直接ばらまくと、粉が落ちたり、そば殻にゴミが付くだけでなく後で拾い集めるのも大変です。

 

◆ダニ取り機能を活用

ホットカーペットにダニ取り機能が付いているときは、この設定を利用するのがオススメです。

 

適度な高温となるため乾燥が早まるとともに、そば殻の中のダニ退治ができます。

 

付いていないときは、一番高温に設定してしばらく置いてください。

 

アイロン掛け

そば殻はボコボコとした形をしているので、アイロン掛けは難しいです。どうしてもアイロンで乾かしたい!という人は、バスタオルなどの間に、そば殻を薄く広げてから挟み込み、アイロンを掛けるのがいいです。そば殻に直接アイロンを当てるのは、焦げたり壊れたりする恐れがあるので止めましょう。

 


スポンサーリンク

 

そば殻枕をキレイにする方法

掃除機

◆掃除機でダニ取り

そば殻枕のダニ取りをしたいときは、ちょっとだけ掃除機をかけてみるのもOKです。

 

枕の表面に付いたホコリやカビ、ダニなどは吸い取ることができるでしょう。

 

ハンドクリーナーで吸い取るのも便利です。

 

 

ファブリーズなどで消臭

ファブリーズなどの消臭除菌スプレーやダニよけスプレーなどをそば殻枕に使っている方もいらっしゃるかと思います。

 

これらを使うのがダメではありませんが、スプレーした後はやはり天日干しでよく乾かしておくことが大切です。

 

あまり頻繁に使うとそば殻に成分が残っていくので、気持ちのよいものではないです。

 

 

洗えるそば殻枕

天日干しではなくどうしてもそば殻枕を洗いたい方は、洗えるそば殻枕が販売されているので試してみてはいかがでしょうか。

 

そば殻に特殊加工を施しているため、洗った後に臭いや色落ちが生じにくい作りになっています。

 

洗った後はそば殻を丁寧に乾かすという根気は要りますが、きれいサッパリ洗えるという満足感はあります。

 

そば殻の詰め替え

◆そば殻枕は詰め替えるもの

天日干しを繰り返しても、そば殻は少しずつ臭いが付いたり、壊れたりしてくるものです。

 

昔からそば殻枕は「中身を詰め替えて使うもの」と考えて愛用されてきました。

 

しかし、使い捨て文化となった今では、詰め替えまでして使っている人は少なく、枕用のそば殻を売っているお店も減ってきています。

 

◆そば殻が買えるお店は?

・寝具店やデパート

枕用のそば殻は、寝具店やデパートの寝具売り場などで取り扱っています。

 

このようなお店では、枕を買ってくれた人を対象にそば殻の詰め替えサービスを行っていることもあります。

 

必要な分のそば殻だけを入れ替えることができるので、お得に詰め替えができます。

 

同時に、自分の頭の形に合せて枕の高さを調整してくれるサービスなどがあることも!

 

そば殻枕を長く愛用したい人は、一度近くの寝具店を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

・ショッピングサイト

Amazonなどのショッピングサイトでも枕用のそば殻は手に入ります。

 

ただし、販売しているのは1㎏単位などの大袋が多いのが難点です。

 

家族全員でそば殻枕を使っている場合や旅館などの業者でないと、持て余してしまうサイズかもしれません。

 

 

◆やり方

・全体を詰め替える

そば殻枕の中身全体を詰め替えるときは、古くなったそば殻を全部取り出してから、新しいそば殻を詰め直すだけです。

 

カバーが汚れているときは、この機会に洗濯してしまうとよいでしょう。

 

・一部を詰め替える

壊れたり、カビが生えたそば殻だけを詰め替える方法でもOKです。

 

この場合は、天日干しの要領でそば殻をシートなどに広げます。

 

手のひらでサラサラ動かしながらそば殻の状態をチェックし、汚れたものなどは取り除きます。

 

きれいな状態のそば殻だけを残し、枕に戻した後足りなくなった分を新しいそば殻で詰め直します。

 

そば殻枕のメリット・デメリット

 

そば殻枕

そば殻枕は、蕎麦の実の殻を乾燥させたものを中に詰めて作ります。

 

食べる蕎麦と同じなので、天然素材でとても安心です。

 

昔から使っている高齢者や自然派の生活が好きな人に人気があります。

 

メリット

◆通気性がいい

そば殻枕を使ってみて違いを感じるのが、さらっと涼しい寝心地です。

 

そば殻はパルプや綿と比べて通気性が良く、熱がこもりにくいです。

 

暑い夏でも頭がひんやりとするので、快適に眠ることができます。

 

◆湿気を逃がす

そば殻には、湿気を逃がす作用があります。

 

頭はとても汗をかきやすく、綿製の枕などでは寝汗でぐっしょりと濡れてしまうことがあります。

 

ところが、そば殻枕は汗の湿気を吸収してさらに放散させるので、頭が蒸れにくいです。

 

◆安定感がある

そば殻枕はドッシリとした重量感があります。

 

とても安定感があり、寝返りを打ってもズレにくいです。

 

また、頭を置いたときの触感が固めで、しっかりと頭を支えてくれるような安心感があります。

 

◆頭にフィットする

中身はそば殻なので、頭のかたちに合わせてちょうどいい窪みが出来上がります。

 

自分の頭のかたちに仕上がったときのフィット感はとても気持ちいいです。

 

そば殻の量を調整して、高さを調節することもできます。

 

デメリット

◆水洗いできない!

そば殻枕は、基本的に水洗いはできません。

 

もちろん、洗濯機でジャブジャブ洗うのはダメで、手洗いといえどもNGです。

 

湿気を放散できるそば殻ですが、汗などの軽い水気の場合のみです。

 

そば殻は入り組んだ形をしており、ジャブンと水に浸してしまうと完全に乾かすのがとても難しいのです。

 

そば殻が乾き切らないまま使うと、嫌な臭いがしたり、カビや虫が発生しやすくなる恐れがあります。

 

◆虫がつきやすい

そば殻は天然素材であるため、虫がつくことがあります。

 

そば殻につく虫はチャタテムシという小さな虫で、米びつや小麦粉などにもよく発生します。

 

押し入れや本の間にひそんでいることもあり、湿気とホコリを好む虫です。

 

チャタテムシが直接害を及ぼすわけではありませんが、この虫がつくとダニが発生しやすくなるため要注意です。

 

◆カビが生えやすい

放湿性があるそば殻ですが、寝汗が多いときや梅雨の季節には湿気がたまることがあります。

 

湿気が枕の中に残ると、そば殻にカビが生えてしまいます。

 

枕にカビが繁殖すると就寝中に胞子を吸い込んでしまい、ぜんそくなどの原因となるおそれがあります。

 

◆そば殻が壊れる

そば殻枕は、使っているうちにそば殻がつぶれて崩れてきます。

 

壊れたそば殻の破片はバラバラになって、枕の隙間からこぼれ落ちてきます。

 

気付いたときには、枕元が黒い粉だらけになっていることも…

 

そば殻が壊れた分ボリュームは減るので、枕の高さが変わってきてしまいます。

 

◆そばアレルギーの恐れ

そばアレルギーのある方は、そば殻枕を使ってはいけません。

 

また、ぜんそくなど気管支に持病がある方も、そば殻枕を使うのは避けたほうが無難です。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク