【ズボンの洗濯頻度】洗うタイミングを季節別、ズボンの種類別で紹介!



 

本記事では、ズボンのおすすめの洗濯頻度を紹介しています。

 

洗濯するタイミング

 

洗濯をするタイミングは、ズボンの種類や季節によって変わります。

 

ズボンなど衣類を洗濯するとその分その衣類の寿命は短くなってしまいます。

 

かといって洗濯をしないでいると、繊維の奥までに臭いが染み込み洗っても洗っても臭い戻りしてしまいます。

 

下記に季節やズボンの種類ごとに洗濯の頻度をまとめましたのでご覧ください。

 

 

季節別の洗濯頻度

夏は最も活動的になり、気温も上昇するため1年のうちに1番汗をかく季節です。

 

そのため、ズボンを1回着用したら1回洗うことが本来なら望ましいです。

 

汗や皮脂が生地に付着し、空気中の酸素と触れることで酸化を起こし臭い汚れの原因になってしまいます。

 

放置しているとその臭い汚れは繊維の奥まで染み込むため落ちにくくなり、熱湯消臭やクリーニングなどの手入れが大変になってしまいます。

 

こま目な洗濯を心掛けましょう。

 

冬は一晩寝たらコップ1杯分の汗をかくと言われるほど、意外に汗をかいています。

 

そのため、3,4回ほど着用したら1回洗濯をするようにしましょう。

 

また、パジャマなどの生地の薄いズボンは2、3回につき1回でも大丈夫でしょう。

 

また、冬は洗濯物が乾きにくいことから、ファブリーズやリセッシュなどの衣類用消臭スプレーで防臭対策をするのも良いでしょう。

 

最近では、殺菌効果のものやフレグランス加工することのできるものも人気を集めていますので、ドラッグストアやホームセンターでお求めください。

 

春・秋

春・秋は気温が過ごしやすいため、夏の次に活発になる季節です。

 

初春や晩秋などまだ比較的涼しい時期であれば、3、4回の着用につき1回の洗濯がおすすめです。

 

晩春や初秋においては比較的暖かい時期ですので、2、3回の着用につき1回の洗濯を心掛けましょう。

 

また、注意が必要なのは梅雨と秋雨前線が停滞する時期です。

 

その時期に洗濯しても乾きにくいことから生乾き臭をはなってしまう可能性があります。