【長靴の洗い方】長靴のお手入れ方法を紹介


スポンサーリンク

長靴の洗い方

 

長靴は、全体を水でシャバジャバ洗うことができます。

しかしブラシなどでゴシゴシとこすってしまうと、ゴムに傷がつき、劣化の原因となってしまいますので注意しましょう。

 

中性洗剤を使った洗い方

①少し泡立つ程度に中性洗剤を水に入れて溶かします

洗剤の濃度を濃くしても洗浄力は上がらず、すすぎに時間がかかってしまいます

 

②薄めた洗剤で長靴をスポンジなどで洗います

内側は洗剤水を入れて、底の部分をブラシでこすりましょう

 

③水でしっかりとすすいで、タオルで水分を拭き取る

 

重曹を使った洗い方

1Lの水に対して大さじ4杯の割合で重曹を溶かして、バケツに重曹水を作ります

沸騰しない程度のお湯を使うと洗浄力がアップします。

 

②重曹水に長靴を入れ、内側にも重曹水を入れておきます

 

やわらかいスポンジか、タワシに布を巻いたものできれいに磨きます

 

④しっかりとすすいで、全体の水分をタオルで拭き取ってから乾かします

重曹は泥汚れに強く、消臭効果もあります。

足の皮脂や汗などの酸性汚れを重曹のアルカリ性がきれいにしてくれるのです。

 

セスキ炭酸ソーダを使った洗い方

子供の長靴など、つま先の部分までブラシが届かない場合や、臭いが気になるときにはつけ置き洗いをしましょう。

 

①規定量に溶かしたセスキ炭酸ソーダ水を作ってから長靴に入れます

 

②履き口を手で押さえて1分から2分ほど振って洗います

 

③水を流すときに濁っていたり汚れていたりしたら、繰り返し洗いましょう

 

④しっかりとすすいだら、タオルなどで水分を拭き取ってから乾かします

振って洗ったあと、そのまましばらく置いておくと洗浄や消臭効果が高まります。

 

長靴の乾かし方

スポンサーリンク

 

長靴を洗ったら、しっかりと乾燥させることが大切です。

長い時間湿気がこもっていると、せっかく洗ってもカビや臭いの原因となってしまいます。

特に内側は乾きにくいので気を付けましょう。

 

乾いたタオルで拭く

洗ったあとは乾いたタオルを使って、できるだけ水分を拭き取っておきましょう。

 

新聞紙を入れる

乾かすときや、脱いだあとに新聞紙を丸めて長靴に入れておくと湿気を吸い取ってくれます。

こまめに新聞紙を取り替えると、より良いでしょう。

また、新聞紙を詰めておくことで長靴の型崩れを防止することもできます。

 

ドライヤーで乾かす

自然乾燥を待つ時間が無い場合はドライヤーを使いましょう。

温度が高すぎると長靴のゴムが変形してしまいますので、長靴からドライヤーを少し離して少しずつ風をあてるようにして乾かします。

 

外で乾かす

ゴムは直射日光にあてると、ひび割れたり硬くなったりして劣化の原因となってしまいますので、風通しの良い日陰に干しましょう。

 

長靴の内側、特につま先の方は乾きにくいので、逆さにして干すと良いです。

 

臭いを防ぐお手入れ方法

スポンサーリンク

 

使わない靴下やストッキングなどに重曹を入れたものを、はいた後の長靴に入れておきます。

すると重曹が臭いを吸い取ってくれます。

 

子供の長靴には50g大人の長靴には100gの重曹を目安に入れましょう。

使ったあとの重曹は、そのまま風通しの良い場所に干しておけば繰り返し使うことができます。

重曹が固まってしまうと効果がなくなりますので交換しましょう。

 

汚れたままにしない

 

長靴に使われているゴムの種類はいろいろありますが、ゴムの特徴として共通するのは、汚れが定着すると落ちにくいということです。

 

また履くから、今度洗うから、といって泥などの汚れがついたまま放っておくと、汚れが染みついてしまいます。

汚れがついたら、せめて外側だけでも水で流して汚れを落としておきましょう。

 

 

きちんと長靴をお手入れしておくと、衛生的にもきれいですし、型崩れせず見た目もきれいな状態を保つことができます。

そうすることで長靴自体も長持ちさせることができますので、ぜひ大切に扱って下さいね。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク