【服に付いた血液の洗濯】シミの落とし方や汚れの染み抜き

スポンサーリンク

血液汚れを落とすときの鉄則

 

すぐに洗う

基本的に汚れを落としたり、染み抜きを行ったりするときに共通して言えることですが、汚れがついたらすぐに洗いましょう。

汚れが付着してから時間が経てば経つほど、汚れが繊維に浸透して落としにくいシミになってしまいます。

 

外出先などですぐに洗うことができない場合でも、最低限の応急処置は行うようにしましょう。

 

お湯は使わない

一般的に水よりもお湯の方が洗浄力が高いといわれています。

あながち間違いではありませんが、血液の汚れを落とす場合はそうではありません。

 

血液に含まれるタンパク質は、高い温度になると固まってしまい、逆にシミが進行してしまいます。

体温よりも低い温度である30度よりも低い温度の水を使いましょう。

 

血液シミ・汚れの落とし方

スポンサーリンク

 

ついてすぐなら水洗い

服に血液がついてしまった場合、すぐに水洗いをすれば簡単に汚れを落とすことができます。

なるべく血液がついた部分だけを水で流しましょう。

 

水洗いだけでは落ちずにシミになってしまったら、洗剤を使いましょう。

染み抜きの方法は、ほかの汚れの場合と同じですが、お湯でなく水を使います。

 

液体洗濯洗剤

シミになった部分に直接液体の洗濯洗剤を塗ります

 

②しばらく経ったらつまむように洗い、シミが抜けたらそのまま洗濯します

 

洗濯洗剤は粉末の方が洗浄力が高いと言われていますが、部分洗いをする場合は水に溶けやすく汚れに直接塗りやすい液体洗剤がオススメです。

 

固形石けん

①水洗いでできるだけ汚れを落としたあと、シミが残っている部分に石けんをこすりつけます

 

②そのまま通常通り洗濯します

 

オキシドールまたはマキロン

①血液のシミになっている部分にオキシドールやマキロンなどの消毒液を染み込ませます。

 

②シミが浮いてきたらすすぎましょう。

 

洗剤を使ってもシミが残る場合

 

血液がついて時間が経ち、洗剤で洗ってもシミが残る場合は漂白剤を使って染み抜きをしましょう。

酸素系漂白剤

①洗剤を使ってできるだけ汚れを落としたら、シミが残っている部分に直接酸素系液体漂白剤をつけます

 

②そのまま30分ほど放置してから、水ですすぎます

 

③シミが抜けていれば衣類に合った方法で洗濯します

 

手作り染み抜き剤

酸素系液体漂白剤と重曹、酵素入り粉末洗濯洗剤を、1対1対1の割合で混ぜます

 

②シミ部分に直接塗り30分ほどおいておきます

 

③染み抜き剤がついたまま、通常通り洗濯します

 

酸素系液体漂白剤の主な成分は過酸化水素水です。

これは血液の成分と反応して、汚れを落としやすくしてくれる働きがあります。

 

そして重曹は、漂白剤の漂白効果をアップしてくれる効果があります。

 

タンパク質の汚れはやっかいで落としにくいですが、酵素はタンパク質を分解してくれる働きがあります。

血液汚れのようなタンパク質を含む染み抜きを行うときには、酵素入りの洗剤がオススメです。

 

すぐ洗うことができない場合の応急処置

スポンサーリンク

 

出先などですぐに洗うことができない場合、少しでも処置をしておくことで、後の染み抜きが楽になりますので是非やっておきましょう。

 

乾いたティッシュや布で押さえて血液の水分を吸い取ります

 

濡らしたティッシュや布で、汚れの外側から内側に向かって叩いて汚れを移し取ります

 

汚れを移し取る場合、汚れが広がらないように常にきれいな面が当たるようにしましょう。

 

 

血液の汚れはよく落としにくいと思われていますが、素早い対処と的確な染み抜きを行えば簡単に落とすことができます。

同じ血液汚れでも、そのときの状況によってそれぞれ落ち具合が変わってきます。

 

汚れの落とし方にもいろいろな方法がありますので、そのときに合った方法を試してみましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク