【自転車の洗い方】汚れやサビの落とし方を紹介


スポンサーリンク

自転車の洗車

 

洗車といっても、自動車の洗車と自転車の洗車は少し違います。

 

自転車は金属パーツが多く使われており、それらは全てむき出しになっています。

そのため、自転車の洗車にはできるだけ水を使わない方が良いのです。

 

また、自転車を洗うだけでなく、それと同時に整備をするという目的もあります。

 

洗車の準備

スポンサーリンク

 

準備物

  • カーシャンプーまたは家庭用の中性洗剤(水で薄めて使います)
  • 空のスプレー容器
  • ハケ(塗装用などのもので、大小いろいろな大きさのものがあると良いです)
  • 車用のワックス効果のあるシート
  • 歯ブラシ

 

パーツを外す

ロードバイクなど、パーツを外すことのできるものは外してから洗車します。

前後の車輪やサドル、ライト類など、水に触れさせたくないものは外しましょう。

 

自転車の洗い方

 

①空のスプレー容器に洗剤を少量入れて、水をたっぷり入れます

 

②スタンドを使うか、ひっくり返して置いた自転車の一番高い部分から、洗剤水を吹きかけます

 

③洗剤水がついた箇所をハケでなでるようにして下に汚れを落としていきます

※このときは汚れが酷い箇所は後回しにし、まず泥や砂を落としましょう。

 

④部位によってハケを使い分け、チェーンやペダルは濡らさないように気をつけます

 

⑤汚れが酷い部分に洗剤水を多めに吹きかけ、歯ブラシで丁寧に磨きます

 

⑥全体の汚れが取れたら、最後にワックスシートで拭き上げます

 

洗車の頻度

スポンサーリンク

 

晴れている時だけしか乗らず、こまめに汚れを拭き取ったり注油をしたりしている場合は、1か月や2か月洗車しなくても大丈夫です。

 

しかし、少しでも雨に濡れて走った場合はすぐに洗車しましょう。

 

パーツのサビの原因にもなりますし、雨水と一緒に巻きあげた砂や金属片などの異物が、パーツの摩耗を早めてしまいます。

 

サビの落とし方

サビが発生したら

自転車のパーツにサビが発生してしまうと、いろいろな障害が起こります。

チェーンのサビは速度を落としてしまい、インナーワイヤーがさびてしまうと、ブレーキや変速機の働きが鈍くなります。

サビを放っておくと、事故につながる恐れもありますので、なるべく早くサビを落とすようにしましょう。

 

 

準備物

  • 揮発性のあるスプレー式オイル、または灯油
  • スチールブラシ
  • ウエス
  • 研磨剤入りのサビ取りクリーム、または2000番台の紙ヤスリ

 

手順

揮発性のあるオイルをサビの部分に吹きつけ、浸透するまで数分置く

灯油を使う場合は、ウエスに灯油を含ませてサビに塗り込みます

 

スチールブラシでサビ部分をこする

※深いキズがつかないよう、あまり力を入れてこすらないようにしましょう。

 

ここで完全にサビを落とす必要はありません。

だいたいサビが落ちたら次の手順に進みましょう。

 

③ウエスにサビ取りクリームをつけたものか、紙ヤスリを使ってブラシでこすった部分を磨きます

指で触ってみて、ザラつきがなくなるまで行います。

 

④磨いた部分にオイルを塗り込み、新しいサビの防止をして完了です

 

こまめなお手入れでさらに愛着を

 

愛着のある自転車は、常にきれいで万全な状態でありたいものですよね。

洗車をするとなると、時間も労力も必要で、なかなか思い腰が上がらないかもしれません。

 

しかし日々こまめにお手入れをしたり、定期的に洗車をしながら自転車の整備をしたりすることは、自転車にとっても良いことですし、更に愛着がわいてきますのでぜひ行いましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク