【野球のユニフォーム・帽子の洗濯方法を紹介!】

スポンサーリンク

泥汚れ

 

野球のユニフォームの汚れといえば、泥汚れですね。

泥汚れの特徴を知っておけば、それに合った洗濯方法も分かります。

 

泥汚れは不溶性汚れといって、水に溶けず洗剤や漂白剤で浮かせることができないタイプの汚れです。

水溶性や油溶性の汚れは、水や洗剤で浮かせたり落としたりすることができます。

 

泥汚れは、繊維の間に細かい砂や土が入り込んでいる状態です。

これを取り除くには、物理的に泥汚れをかき出す方法が最適といえます。

 

泥汚れの落とし方のポイント

スポンサーリンク

 

汚れを落としておく

洗濯の前に予洗いをしますが、予洗いの前にできるだけユニフォームに付いている汚れを落としておくと、洗う作業が少し楽になります。

 

泥や土などで汚れているユニフォームが濡れている場合は、一時間ほど干して乾かしましょう。

 

乾いた状態のユニフォームの泥汚れを、手ではたき落としたり、ブラシを使ったりしてできるだけ落としておきましょう。

泥汚れの場合は、濡らしてしまうと更に繊維の奥へ入り込んで落としにくくなってしまいます。

 

予洗いをする

泥汚れは普通の洗濯洗剤では落とすことができません。

洗濯前に手で予洗いをしましょう。

 

洗濯用の固形石けんをつけて、洗濯ブラシでこすります。

だいたいの汚れが落ちたら、軽くすすいでから洗濯機で洗濯しましょう。

 

かき出すようにこする

洗濯ブラシを使ってこするときは、汚れを外にかき出すようにこすりましょう。

 

専用洗剤を使う

一般的な洗濯用の洗剤では、泥などの汚れを落とすことはできませんが、泥汚れに特化した専用の洗剤があります。

これには泥汚れを分解してくれる酵素が入っているため、つけ置きできれいにすることができます。

 

帽子の洗い方

 

手洗い方法

①バケツにぬるま湯をはり、洗濯洗剤を入れて帽子を30分ほど浸け込みます

 

②汚れがひどい場所は洗濯ブラシでこすります

 

③シャワーでしっかりとすすぎ、水が滴らなくなるまで置いておきます

 

④帽子の中に丸めた新聞紙を詰め込んで、風通しの良い日陰に干します

 

洗濯機で洗う方法

スポンサーリンク

 

帽子の中にバスタオルを詰め込んで、そのままの状態を保つように洗濯ネットに入れてから洗濯します。

 

あまり帽子が汚れていない場合は、汗を落とすために水洗いをするか、消臭スプレーを使う程度にしましょう。

汚れがひどくしっかりと落としたい場合には、洗濯ブラシやスポンジを使って洗うようにします。

 

汗ジミを落とす方法

 

ユニフォームや帽子の汗ジミが目立つ場合は、シミ抜きを行いましょう。

 

40度から50度のお湯にしばらく浸けておく

 

②シミがある部分に固形石けんをこすりつけ、しっかりと泡がたつまで洗濯ブラシでこする

 

③汗ジミが落ちていれば洗濯し、そうでなければ石けんをすすぎ流して漂白の手順に移る

 

④50度のお湯に粉末の酸素系漂白剤をシミ抜きの濃度に溶かす

 

⑤表示通りの時間つけ置きし、シミが落ちたら洗濯する

 

帽子のつばの部分は、いろいろな素材のものがあるため、洗濯する前に確認しておくと良いでしょう。

 

やりがいのある洗濯を

 

真っ白なユニフォームで出かけても、帰ってくると全身泥だらけということは珍しくありません。

時間と体力を使って洗濯したのに、きれいに汚れが落ちていないとガッカリしてしまいますよね。

 

洗濯するからにはきれいにしたいですし、きれいなユニフォームで練習や試合にのぞんで欲しいものです。

汚れに適した洗濯方法を行って、無駄なくきれいに洗濯しましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク