【鞄・バッグの洗濯方法】布・革・合皮製の洗濯機での洗い方【エナメル・キャンバス】



 

バッグにカビが生えた、汚れてきた、嫌な匂いがするときは、洗ってスッキリさせたいですよね。

 

本記事では、布(ナイロン、コットン)、革(本革、合皮)の洗濯方法エナメル加工の手入れ方法を紹介しています。

 

注意
鞄やバッグを洗濯するときは、使用する洗剤を使用して色落ちテストを行い、色落ちしないことを確認してから洗いましょう。

 

ナイロン

ナイロンバッグを丸洗いする場合は、オシャレ着用洗剤を薄めたぬるま湯の中で押し洗いすると、生地の優しく洗い上げることができます。

 

軽い汚れであれば、消しゴムでこするだけでもキレイになります。

 

【ナイロンバッグの洗濯方法】洗い方や黒ずみ・白い汚れの落とし方【ナイロン鞄をクリーニング】

 

綿(コットン)

帆布製・キャンバス地などは、やわらかく肌触りのよい綿(コットン)でできています。

 

注意

綿素材のバッグはシワになりやすいため、素早く洗い上げるのがポイントです。

 

洗濯機を使用せずに、手洗い素早く洗いましょう。

 

手洗い

◆準備するもの

・容器(バッグが大きさの洗面器やバケツなど)

・洗濯用洗剤(生地に優しいおしゃれ着用洗剤がオススメ)

・大判タオル(ドライ用)

 

 

◆手順

①容器にぬるま湯を張り、適量の洗剤を加えて混ぜます。

 

 

②目立つ汚れがある場合はその部分に直接洗濯液を付け、ブラシで優しく叩いたり、指でつまむようにして洗っておきます。

 

ゴシゴシ強くこするのではなく、ポンポンと叩くようにすると生地が傷みにくいです。

 

 

③バッグを①の洗剤液に浸け、手のひらで優しく押し洗いします。

 

浸け置きするのはNGなので、素早く優しく押し洗いしましょう。

 

 

④洗濯液をぬるま湯に入れ替え、バッグを浸けて2~3回押し洗いします。

 

すすぎは、泡が出なくなるまでが目安です。

 

 

⑤手のひらで挟んで水気を切ります。

 

絞ったりするのではなく、優しく水分を押し出しましょう。

 

 

⑥水が垂れてこない程度に水気が切れたら、タオルに挟んで優しく水気を切ります。

 

 

⑦バッグの底面を上にして逆さに干します。

 

逆さに干すことでシワになりにくくなり、乾きも早いです。

 

 

洗濯機

手洗いが面倒という場合は洗濯機を使うこともできます。

 

ただし、生地へ負担がかかりダメージを与えてしまいやすいことを理解しておきましょう。

 

◆準備するもの

・洗濯用洗剤(オシャレ着用洗剤)

・洗濯ネット

・大きめのタオル(ドライ用)

 

◆洗濯機で洗う手順

①洗濯用ネットに鞄・バッグを入れ、洗濯機にセットします。

 

 

②洗濯機の手洗いコースなど弱水流のコースを選択して、スタートさせます。

 

 

③脱水は30秒~1分以内で行います。

 

型崩れが心配な方は、タオルで挟んで水分を吸収するのがよいでしょう。

 

 

④日の当たらない風通しの良い場所で、形を整えて乾かします。

 

 

本革・合皮

本革は、通常の洗剤を使用して洗うと、革の光沢感が失われ傷む原因になってしまいます。

 

ただし、革製品専用の洗剤を使用することで、革製品でも洗濯可能になります。

 

丸洗いする程でもない場合は、革製品専用のクリーナーを使ってお手入れするのがよいでしょう。

 

合皮は革製品に似た見た目ですが、劣化しやすいというデメリットがあります。

 

ヒビ割れを起こしていたり、ボロボロになっているものは、洗うと余計に悪化してしまいます。