【アクリルニット・セーターの洗濯方法】


スポンサーリンク

アクリルニット・セーターの洗濯方法

 

 

洗濯表示の確認

まずは洗濯表示の確認をしましょう。

 

「洗濯機が使用可能かどうか」や「洗剤の種類」、「脱水」、「干し方」などについて洗濯表示で確かめておきます。

 

アクリルニットは基本的に家庭での洗濯が可能です。

 

手洗い方法

①たらいや洗面台などにぬるま湯をはります。

お湯が熱すぎても生地に負担がかかるので、40℃以下のぬるま湯にしましょう。

 

②ぬるま湯に中性洗剤を溶かします。

 

③アクリルニットを裏返して大きめに畳み、ぬるま湯に入れて優しく押し洗いをします。

セーターの袖口や襟元など、汚れが気になるところを外側にして畳むと汚れが落ちやすくなります。

 

洗うときは時間をかけすぎないように注意しましょう。

 

⑤ぬるま湯を入れ換えて、すすぎをします。

■柔軟剤を加える

お湯に柔軟剤を入れると、静電気防止になります。

 

また、毛玉をできにくくする効果のある洗剤もあるのでオススメです。

 

■クエン酸を加える

クエン酸大さじ1程度をお湯に加えることで、繊維に残ったアルカリ成分を中和してくれます。

 

そのため柔軟剤を使ったようなふわっとした仕上がりにすることができます。

 

⑧洗濯ネットに入れて洗濯機で脱水します。

生地に負担がかかってしまうので、脱水時間は短めに設定しましょう。

 

洗濯機で洗う方法

①裏返して畳んでから、洗濯ネットに入れます。

 

②中性洗剤(おしゃれ着用洗剤がオススメ)を使います。

※柔軟剤を併用すると仕上がりが良くなります。

 

③洗濯機に「手洗いコース」や「おしゃれ着コース」がある場合は、そちらに設定しておきましょう。

水流が弱い方が生地を傷めにくいので、好ましいです。

 

脱水は短めに設定しておきましょう。

 

染み抜き

染みがついている場合は、先に染み抜きをしてから洗いましょう。

 

①染みの部分に洗剤の原液を染み込ませます。

 

②染みのある部分を指で挟むようにして、繰り返し叩いて染みを落としていきます。

 

上記の方法で染みが落ちない場合には、染みの種類別の落とし方を試してみてください。

 

【染み抜き・汚れの落とし方のまとめ】

 

干し方

セーターの型崩れを防ぐために、平干ししましょう。

できれば、陰干しが好ましいです。

 

平干しハンガーがある場合には、平干しハンガーに広げて干します。

専用のハンガーがなければ、別のもので代用できます。

 

■ピンチハンガー

大きめのピンチハンバーの上に広げます。

 

■ハンガー

 

複数本のハンガーを並べ、平干しのような形になるように広げてかけます。

一箇所に重みがかからないように注意しましょう。

 

■厚手のバスタオル

厚手のバスタオルの上に広げて干します。

 

扇風機を当てながら乾かすと早く乾きます。

 

■お風呂のふた

お風呂のふたの上に広げます。

 

浴室乾燥機があるとより早く乾きますね。

 

アイロンの掛け方

アイロンをかけるのは繊維を傷めることがあるので、なるべく避けたいところです。

 

アクリルはシワになりにくい素材ですが、どうしても必要がある場合は必ず当て布をしてください。

 

アイロンの温度は、低音から中温に設定しましょう。

 


スポンサーリンク

 

洗濯の注意事項

 

 

毛玉ができやすい

アクリルニットは毛玉ができやすいことを覚えておきましょう。

 

洗う際に裏返して洗うことで、毛玉の発生を抑えることができます。

 

伸びやすい

セーターといえば縮みやすいイメージですが、アクリニットは伸びやすい素材です。

 

洗濯は短時間で済ませて、生地が伸びにくい平干しで干しましょう。

 

静電気が発生しやすい

化学繊維と組み合わせてあるものは、解くに静電気が起こりやすいです。

 

柔軟剤を使用して、静電気が起こりにくいようにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

さいごに

 

 

アクリルは、ご家庭でも洗濯しやすいニットです。

ただし、毛玉ができやすい、伸びやすい、静電気が起きやすいことを覚えておきましょう。

 

繊維へのダメージを減らすために優しく取り扱うことが重要です。

 

毛玉防止にもなりますので、必ず裏返して洗うことをおすすめします。

 

また、伸びやすいので洗う時間や脱水時間は短い方が好ましいです。

 

吊るして干すことも型崩れの原因となりますので気をつけましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク