【赤ちゃん服の洗濯方法】ベビー服の洗い方や水通しを紹介


スポンサーリンク

 

まだ薄く敏感な赤ちゃんの皮膚に直に触れる服

どう洗濯したらいいか悩んだことはありませんか?

 

「大人の服と一緒に洗っていいの?」

「シミがきれいに落ちなくて……」

 

今回は、赤ちゃん服の洗濯の注意点ベビー服の水通し干す際の注意点をご紹介します。

 

赤ちゃん服の洗濯方法の注意点

スポンサーリンク

 

大人の服と分けて洗えたらより安心ですが

忙しい毎日の中なかなか大変ですよね。

 

赤ちゃんの服は、以下のことに気をつければ大人の服と一緒に洗って問題ないです。

汚れている大人の服とは一緒に洗わない

汗や皮脂以外の汚れがついている場合は避けましょう。

 

新品の服とは一緒に洗わない

新品の衣類には「ホルムアルデビド」という、シワや虫食いを防ぐための薬品が使われています。

このホルムアルデヒドは水に溶け出すので

一緒に洗うと赤ちゃん服に付着する可能性があります。

 

「ホルムアルデビド」は赤ちゃんの肌には刺激が強く、肌荒れや湿疹を引き起こすおそれがあります。

大人の服のみならず、新品の赤ちゃん服と一緒に洗うのも避けましょう。

 

必ずネットに入れる

洗濯機の中で服同士の摩擦が起こり、縫い目がほころんでしまうと、赤ちゃんの肌に刺激を与えるもととなってしまいます。

また、肌着などヒモがついているものも絡まりにくくなりますので、ネットに入れて洗いましょう。

 

また、洗剤選びも大切です。

 

仕上がりがふんわりとしたものを選ぶ

ゴワゴワになった衣類は、赤ちゃんの肌を傷つけます。

また、大人も手触りがよいと嬉しいように、赤ちゃんもふわふわだと気持ちいいでしょう。

 

洗濯洗剤には「合成洗剤」がベースのものと、「石けんベース」のものがあります。

赤ちゃん用には、石けんベースのものがふわりと仕上がりおすすめです。

 

蛍光漂白剤入りの洗剤を避ける

洗濯洗剤には、「蛍光漂白剤」が使用されている場合があります。

白物の服をさらに白く見せるための染料です。

 

基本的に赤ちゃんの肌に害はないとされていますが

乾燥肌の赤ちゃんや、乳児湿疹など肌の弱い赤ちゃんには刺激になる可能性もあります。

 

舐めたり口の中に入れることも考えると、避けたほうが安心です。

また「蛍光漂白剤で洗ってしまった!」と心配な場合は

流水で洗い流すのがオススメです。

 

赤ちゃん用の洗剤を選ぶ

本当にこれでいいのかしら、と洗剤選びに不安を感じる方は

赤ちゃんの衣類用洗剤が市販されていますのでそちらを使いましょう。

 

柔軟剤は「界面活性剤」が入っていないものを選びましょう。

赤ちゃんの衣類にも安心、という商品もありますので、よりふんわりさせたい方はぜひ探してみてください!

 

赤ちゃん特有の汚れの落とし方

スポンサーリンク

 

ミルクや母乳のシミの落とし方

赤ちゃんは消化器官もまだ未熟で、吐き戻すことも多いですよね。

そんな吐き戻しの汚れには台所洗剤が有効です。

 

こすらず、ぬるま湯に溶かした台所洗剤でやさしく揉むように洗いましょう。

ミルクや母乳のシミはたんぱく質汚れ

放っておくとどんどん落としにくくなります。

 

出先で起こった場合などは、応急処置として水に濡らしたティッシュなどで拭きとっておきましょう。

 

うんち漏れのシミの落とし方

こちらも、できるだけ早く対処しましょう。

ぬるま湯で汚れを洗い落とし、固形石けんでこすり洗いします。

 

けれど、忙しい上に頻繁に起こることなので、すぐ洗えないときもありますよね。

そういったときは、バケツにぬるま湯を入れておき、ぽいっと投げ込んでおきます。

 

そして、時間ができたときに一枚一枚こすり洗いしましょう。

フタ付きのバケツを使うと保温効果もあり便利です。

 

どちらにも共通して注意したいのが「決して熱湯は使わない」ことです。

ミルクもうんち漏れもたんぱく質汚れなので

熱湯を使うと逆に汚れが固まってしまいます。

 

40℃程度のお湯で洗いましょう。

 

ベビー服は水通しする

 

さて、先ほど「ホルムアルビデド」について触れましたが

新品の赤ちゃんの服を使う際は、一度「水通し」という作業をします。

 

ビニール袋に入っている赤ちゃんの服は「ホルムアルビデドの移染を防ぐため、商品を袋から出さないでください」というシールが貼られていることがありますよね。

 

「袋に入っているから安心」と思いたいですが、出荷する際や店頭で、他の衣類などに触れて移染しているおそれがあります。

そこで、いったん水で洗い完全に「ホルムアルビデド」を落とすことが推奨されています。

 

水通しの方法

〇洗面器に水を張り、赤ちゃん服をその中に浸し、優しく揉み洗いし、絞ります

 

洗濯機で行うこともできます。

〇ネットに入れ、洗濯機にいれたあと、コースを「弱洗い」「水洗い」などに設定し、洗剤を入れずに回します

 

干し終えたあとは

  • 大人の服と分けて保管
  • ビニール袋などに入れて保管

することで、移染を防ぐことができます。

 

現在妊娠中の方は、34週目までにおこなっておきましょう。

赤ちゃん服を干す際の注意点

 

洗い終えた赤ちゃん服は、大人と同じようにお日様に当てて干すと殺菌効果もあり気持ち良いですよね。

ただ、花粉や黄砂、PM2.5の多い時期は部屋干しをおすすめします。

 

特にPM2.5は粒子が細かく、服の繊維の中にまで入り込みます。

赤ちゃんがそれを吸い込んでしまった場合

呼吸器や循環器などに悪影響を及ぼします。

 

日本気象協会のサイトなどで細かくチェックし、注意しましょう。

 

 

可愛くて大切な赤ちゃん。

お洗濯にも少し気を付けて、健やかな毎日を守ってあげたいですね。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク