【時計の捨て方(腕、置、掛け)】処分・廃棄方法!何ゴミに分別する?燃えないゴミ、燃えるゴミ【風水的な捨て方】



 

時計は私達の生活で切っても切れない存在ですね。

 

時間を知る手段以外にもインテリアとしての機能も重視され、様々なデザインや形、素材があります。

 

思い入れのある時計を捨てるとなると勇気がいりますし、ゴミの分類についても悩んでしまいませんか?

 

腕時計、置時計、掛け時計、柱時計…

 

本記事では、時計の捨て方や様々な処分方法を紹介しています。

 

時計の捨て方

時計は何のゴミに分類される?

時計の捨て方は自治体で定められたルールで違いますが、多くは「燃えないゴミ」として分類されることが多いでしょう。腕時計や置時計など、自治体が指定する大きさ以内におさまっている場合は燃えないゴミとして出せます。

 

柱時計など指定袋に入らない大きい時計は「粗大ゴミ」として扱われます。大きさの制限は自治体により多少異なりますが、30cmを目安としている地域が多いように思います。中には小物金属として扱われる地域もあるようです。

 

燃えるゴミに分類される時計?

金属の時計同様に、家庭に出回っているのが木製時計です。先ほど、時計は基本的には燃えないゴミとして扱うと話をしましたが、木製時計の場合は異なることがあります。

 

「素材」と「大きさ」を満たしていれば、実は燃えるゴミとして出せる地域もあります。時計という分類よりも、何製のものであるかに着目して分類されているようです。

 

文字盤に金属が使われていたとしても、燃えるゴミで処分が可能とは驚きですよね。ただし、自治体によっても分類方法は異なるので、ゴミの出し方を分類表などで確認するか、役所に連絡を取って聞いた方が確実です。

 

 

ゴミの出し方について

 

燃えないゴミ・小物金属に分類される場合は、袋に入れて指定場所へ指定時間までに出せば良いでしょう。(※小物金属の場合、袋に入れずにそのまま出す場合もあります)

 

粗大ゴミに分類される場合は、事前に役所へ申し出て処理券をもらって指定場所へ出すもしくは戸別収集する場合が多いでしょう。役所へ電話連絡する際は、該当する課(たとえば、生活環境課など)へ相談します。HPを確認すると、ゴミの分類が載ったページを一番下までスクロールしていくと、直通電話が書かれています。引っ越しシーズンは混み合って、回収の定数を超えると回収してもらえない場合があります。早めに申し込むようにして下さい。

 

粗大ゴミ処理券は基本的に有料で、ゴミの品目ごとに定められています。ある地域ではインターネットで予約、コンビニで手数料の支払いが可能という地域もあります。不安な場合は役所へ連絡して詳しく聞いてみましょう。

 

地域によっては、自身で直接ゴミ処理場へ持ち込めば無料、戸別収集の半値で対応してくれるところもあるようです。

 

燃えないゴミ

時計を捨てる場合は、以下の手順で燃えないゴミに出して回収してもらいます。

 

◆必要なもの

・燃えないゴミの指定袋

・新聞紙

 

手順

①時計から電池を取り外します。

電池はお近くの家電量販店の回収ボックスへ捨てましょう。

②指定された燃えないゴミの袋に入れます。

③ガラスの破損部や金属の鋭い破片がある際は、新聞紙で包んでおきましょう。

キケンと新聞紙に書いておくと、回収作業員の方が注意できるので、より親切です。

 

粗大ゴミ

捨てる手順は、不燃ゴミと大体同じです。主に、多機能デジタル時計、柱時計、置時計といった大きい時計が対象となる場合が多いでしょう。

 

必要なもの

・粗大ゴミ処理券、シールなど