【木材の捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、廃棄・処分方法を紹介!


スポンサーリンク

 

庭の手入れなどでどうしても出てしまう木の枝や、流行りのDIYで出る木材の切れ端などの処分でお困りの方いらっしゃると思います。

 

本記事では、木材のゴミとしての分類捨て方捨てる以外の処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

木材はその大きさにより『燃えるゴミ』や『粗大ゴミ』に分類する自治体が多くあります。

 

また塗装されているか否かでもその2種類に分類されるので、必ずお住まいの自治体のホームページで確認することが必要です。

 


スポンサーリンク

 

ゴミとしての捨て方

 

お住まいの自治体で決められたゴミ袋に入る大きさであれば『燃えるゴミ』として、そうでなければ『粗大ゴミ』として捨てることが可能です。

 

大きな木材であれば、電動のこぎりなどで小さく切ることで燃えるゴミとして出すことができますね。

 

大手のホームセンターでは、電動のこぎりなどの機器を貸し出ししているところもございますので、レンタル費用はかかってしまいますが、必要な時のみ使用できるので機器を持っていなくても安心です。

 

また大きな木材をクリーンセンターなどに持ち込めば、その分費用はかかってしまいますが処分することが可能です。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

 

ゴミとして捨てる以外に以下の方法をご紹介します。

 

キャンプの焚き火、BBQの燃料に

無料で処分できるのが、キャンプの焚き火やBBQでの燃料代わりに使用する方法です。

 

不要になった木材を数ヶ月間日当たりの良いところで乾燥させておけば、燃え味抜群の燃料として再利用することができます。

 

何と言っても無料で処分できて、美味しいお肉も食べれて二度おいしい利用の仕方だと思います。

 

木の枝を使ってウェルカムフラッグ

庭の手入れなどで出てしまった枝の切れ端で、素敵なウェルカムボードならぬウェルカムフラッグを作ることができます。

 

作り方は簡単で、必要な材料は、枝二本、紐、布、糸、針、絵の具などです。比較的まっすぐな枝を二本用意します。

 

お好みの布を用意し、布用の絵の具で絵を描いたり、刺しゅうを施したりします。

 

そして布の上下に枝を通すことのできるほど布を織り返し縫います。

 

その間に枝を通し、上側の枝の両端を麻でできた紐で結べばオシャレなウェルカムフラッグに変身します。

 

壁やドア、絵画を置くためのスタンドなどにかければ、ナチュラルテイストのインテリアになります。

 

また、結婚式のウェルカムボードとしてDIYする女性が増えてきていますのでとてもおすすめです。

 

木材の切れ端でDIY

◆マグネット

木材の切れ端があれば、たくさんのインテリアを作ることができます。

 

例えば、小さい切れ端であっても、端や表面をやすりで磨いてみましょう。

 

そして木材用のペンキやニスで色を付けます。

 

それにマグネットを張り付ければ、簡単に味気ないマグネットが素敵なものに変わります。

 

◆ゴミ箱ボックス

ご家庭で使用されているゴミ箱が入るくらいの大きさの箱を作ります。

 

材料は不要な木材、釘、のこぎり、やすり、ペンキなどです。

 

木材を組み合わせで、釘を打っていけば素人の方でも比較的簡単に作ることができます。

 

木材をやすりで整えれば、木のささくれで怪我をする心配もありません。

 

どうしても生活感の出てしまうゴミ箱を、置いておくだけでオシャレにすることができます。

 

◆飾り棚

例えば、かまぼこの下に敷いてある板もリメイクできるのをご存知ですか。

 

板を洗い乾燥させます。

 

それらを木工用ボンドなどでつなぎ合わせて、下にL字の金具を取り付ければあっという間に飾り棚の完成です。

 

ちょっとした置物や観葉植物を置いておくだけで、お部屋を明るくしてくれます。

 

また、フックを取り付ければネックレスや鍵を掛けたりすることもできますので、実は実用性にも富んでいますね。

 

木材の質感をそのまま使用しても良いですし、最近ではアンティーク風に仕上げることのできるスプレーやDIYに役立つ素材も100円ショップなどで手に入ります。

 

木は二度生き変わると言われており、一度目は木として、二度目は伐採した木材として使われます。

 

しかし、不要になった木材も費用は多少かかってしまいますが、色々なものへと生まれ変わります。

 

環境に優しくリサイクルを目的にDIYしてみてはいかがでしょうか。

 

無料で処分する際は、BBQなどで美味しく利用しましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク