【雑草の処分方法】ゴミとしての捨て方や廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、雑草の様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

家庭で出た雑草をゴミとして出す場合は、『燃えるゴミ』として分類し回収している自治体が一般的です。

 

また、町内会などの地域ボランティア活動で公共の場の草取りをした際には、『ボランティア』用のゴミ袋に入れるよう指定している地域があります。

 

細かい規定についてはお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

燃えるゴミ

雑草を燃えるゴミとして捨てる際には、お住まいの自治体で決められた袋に入れて、決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

この時、そのまま雑草を捨てても良い地域もあれば、土と雑草をばらばらに分別して捨てなければいけない地域もございます。

 

土につきましても燃えるゴミとして回収している自治体が多いですが、しっかり分別を心掛けましょう。

 

ボランティア活動で出た雑草の捨て方

ボランティア活動で公共の場の草取りをした際には、ボランティア用のゴミ袋に入れて捨てることを促している自治体があります。

 

主催者や参加者はそれらの規定があるかどうか調べてみましょう。

 

そして専用の袋に入れた雑草は、燃えるゴミの日にゴミステーションに出しましょう。

 

クリーンセンターに持ち込み

雑草を燃えるゴミとして自治体で回収を行っている場合には、それらをご自身でクリーンセンターに持ち込み処理することができます。

 

クリーンセンターでは、廃棄物の重さで料金が決まっており10㎏数百円~の費用がかかります。

 

車を所有されていない方でも、軽トラックの貸出を行っている所があります。

 

庭の手入れで大量に雑草を処理したい方はや車を汚したくない方におすすめです。

 

貸出を希望の方はクリーンセンターに問い合わせをするか、ホームページで貸出の有無を確認しましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者でも雑草を処分することができます。

 

自宅まで来てくれるので、雑草を運搬する必要がなく引取をしてくれます。

 

また、業者によっては無料で引取をしてくれる場合があるので、複数の業者を比較し検討しましょう。

 

手間を掛けず無料で雑草を処分したい方は、不用品回収業者に依頼されることをおすすめします。

 

東京都・千葉県西部・埼玉県南部・神奈川県川崎市横浜市にお住まいの方は、不用品回収処分を行っている『ブレインズ』に依頼してみましょう。

 

見積料が無料で即日回収に来てくれます。

 

雑草に加えて、プランターや鉢、肥料などのガーデニング用品全てを回収してくれます。

 

庭を一掃したい方はぜひご利用ください。

 

また、同じように『ゴミのことなら回収くん』では、北関東を除いた関東圏内にお住まいの方なら、庭ででた不用なものを回収してくれます。

 

埼玉県の一部の地域では運搬料が無料になります。

 

片付けが終わった庭はすっきりしますのでお近くに店舗がある際はおすすめです。

 

お近くの不用品回収業者は、地元情報掲載誌やチラシ、インターネットなどに情報が掲載されていますので調べてみましょう。

 

野焼きで処分

土手などの雑草を刈った後は、野焼きで処理をしましょう。

 

自治体によっては野焼きが禁止されている場合がありますのでご注意ください。

 

焼かれた雑草は、堆肥になりますので一石二鳥です。

 

しかし、強風の日に野焼きをしてしまうと飛び火をして火災に繋がる恐れがありますので、風のない日に行いましょう。

 

造園業者に依頼

造園業者では、造園を依頼する場合につき雑草の処理をしてくれます。

 

庭造りを業者に依頼することを検討されている方は、ご自身で草取りをする必要がありません。

 

手をわずらわせることなく雑草を処分することができます。

 

費用は掛かってしまいますが、お近くの造園業者をチラシや新聞紙などで調べてみましょう。

 

よろずや・なんでもやに依頼

よろずや・なんでもやでは、草取り、雑草の処分をしてくれる場合がほとんどです。

 

個人営業が多いため、その費用はまちまちですが雑草の処分費は4000円~が相場です。

 

また、軽トラックなどの持ち出し費などもオプションなため、多少割高になってしまいます。

 

しかし、庭の手入れやその他の廃棄物の処理など多くの作業に臨機応変に対応してくれます。

 

よろずや・なんでもやは全国チェーン店が余り無いので、地域に根差した店舗情報をを地元の情報掲載誌などで収集してみましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク