【ウレタンの捨て方】ゴミとしての分別、処分・廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、ウレタンの様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

ウレタン製品は、『燃えるゴミ』として分類し回収している自治体が一般的です。

 

大きさによっては、『粗大ゴミ』に分類していますので、細かい規定については必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

燃えるゴミ

枕などの指定のゴミ袋に入る大きさのウレタン製品であれば、決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

粗大ゴミ

ベッドマットなど指定のゴミ袋に入らない大きさのウレタン製品は、粗大ゴミとして捨てましょう。

 

ウレタン製品を粗大ゴミとして捨てるには、『ゴミ処理券』を購入します。

 

その券を購入し不要なものに貼りつけておけば、ゴミステーションで回収してくれます。

 

ゴミ処理券は、スーパーやコンビニ、指定の金融機関や郵便局などのゴミ処理券取扱店で購入することができます。

 

取扱店につきましても、お住まいの自治体のホームページで確認しましょう。

 

一度券を購入してしまうと、返金ができませんのでご注意ください。

 

ウレタン製品を粗大ゴミとして捨てる場合料金は、大きさによりますがだいだい300円~が多いです。

 

クリーンセンターへ持ち込み

ベッドマットなどのおおきなウレタン製品は、ご自身でクリーンセンターに持ち込み処分することができます。

 

持ち込む手間はかかってしまいますが、どなたでも利用することができます。

 

またクリーンセンターによっては軽トラックの貸出を行っている所があります。

 

ご希望の方はクリーンセンターに問い合わせをするか、ホームページで貸出の有無を確認しましょう。

 

処分費用は処分品の重さで決まっており、10㎏数百円~が相場です。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

リサイクルショップでの買取

ウレタンはヨガマットやアウトドア用マットとして使われており、年間を通して需要があります。

 

そのためリサイクルショップでの買取をおすすめします。

 

幅広い世代層で人気の商品ですので、きれいなものであれば納得のいくお値段での買取を期待することができます。

 

そうでなくても、気持ちばかりのお値段が付くことが多いです。

 

大手の『オフハウス』は生活雑貨やアウトドア製品などを取り扱っている全国チェーン店なので、地方に住んでいる方でも買取することができます。

 

オフハウスを利用される方は、店頭に持ち込み買取を依頼しましょう。

 

登山やキャンプで使用するウレタンマットは、その道の買取専門店『マウンテンシティ』での買取をおすすめします。

 

埼玉・東京・福岡県で店舗展開していますが、宅配買取であれば日本どこでも利用できます。

 

マウンテンシティさんでは、他店より1円でも安い場合は取引値段を交渉することができ、どんなに古い商品でも買取可能です。

 

24時間宅配買取を受付していますので、ホームページから査定依頼をしましょう。

 

フリマサイトでの販売

ウレタンマットや低反発枕などを、フリマサイトで出品をすることができます。

 

今日たくさんのフリマサイトが普及しており、様々な年代層の利用者が増えています。

 

例えば『メルカリ』や『ラクマ』では、自分で値段を決めて出品することができます。

 

その中でも販売手数料が低いもの、匿名配送ができるものなど、自分に合ったものを利用しましょう。

 

そして個人情報を登録した後、出品する製品を撮り説明文を加えるだけで簡単に出品出来ます。

 

ヨガやピラティスが流行している中、ウレタンマットは非常に人気な商品です。

 

不要なものがある際はぜひ利用してみましょう。

 

産業廃棄物回収処理業者に依頼

メーカーや物流倉庫を運営している業者向けなのが、産業廃棄物回収処理業者での処分です。

 

ウレタンはプラスチックの一種で廃プラスチックとして回収しています。

 

『エコモーション株式会社』では、廃プラスチックを買取しリサイクルをしています。

 

また、買取だけでなく、効率的な処分方法の提案を親身にしてくれます。

 

関東圏内にお住まいの方が利用できます。

 

また、各地にも産業廃棄物回収処理業者がありますので、インターネットや新聞紙で情報収集しましょう。

 

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼すると、大きなウレタン製品を運搬する手間が省け手軽に処分することができます。

 

自宅から出すまでも大変なので、自宅に回収しに来てくれる業者がを選びましょう。

 

また例え汚れが付いていたり、破損していても確実に引取をしてくれます。

 

業者によっては無料で引取をしてくれる場合があるので、複数の業者を検討することをおすすめします。

 

不用品回収業者は、地元情報掲載誌や新聞紙、インターネットなどに情報が掲載されています。

 

規模の小さい業者は広告を出していない可能性があるので、日頃の運転でチェックしておくといざという時に役に立ちます。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク