【傘の捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、処分方法などを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、傘のゴミとしての分別方法捨て方捨てる以外の処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

そのまま捨てられる?

傘はゴミの分類において自治体ごとの差がはっきり出るゴミの一つです。

 

・傘を分解して指定されたゴミに部品ごとに分別する

 

・そのまま出せて、傘を分解する必要がない

 

おおよそ二つがあります。

 

原則は分解せずに不燃ごみとしてそのまま捨てます。

 

それが本当であれば安全で適切です。

 

ところが、傘をそのまま捨てることに自治体のゴミ処理の方が対応しおらず、分解が必須になるところもあるのです。

 

そのまま捨てられる利点は・・・

 

・傘先が長いなど、指定ゴミ袋から飛び出しても、例外で捨てることができる

 

・縦の長さが粗大ゴミの指定サイズでも、不燃ごみに出せる

 

以上のように、個人で捨てやすい方法になっていることです。そのままゴミに出すルールの地区では、傘の解体作業をせずに済みます。

 

そのため、分解しない家庭が増えました。

 

傘は一般家庭からよく出るゴミですので、そのまま捨てられるルールのある自治体では、例外のルールや規定が広く各市町村でも普及して、ホームページやゴミ分類表などなどで傘の捨て方が説明されます。

 

反対に、傘は分解して捨てることを指示する自治体に住む人は、傘の分解手順を知る必要があります。

 

以上を踏まえ、傘の数や素材から捨て方を判断するには、ゴミ出しの際はお住まいの地域のルールを確認することが必要です。

 

軸の部分(金属の場合)

傘の分解した軸部分は、金属であれば不燃ごみに分類されます。

 

軸の部分(プラスチック、木材の場合)

傘の軸部分が木材やプラスチックの場合は、燃えるゴミに分けられます。

 

もし、金属金具が混ざっている場合は、分解できそうであれば金属部だけ不燃ごみに分けます。

 

分解できそうになければ、本体と一緒に不燃ごみか粗大ゴミに分類します。

 

生地部分(布)

傘の生地は燃える素材であることが多いです。

 

布製であれば、燃えるゴミになります。

 

生地部分(ビニール)

ビニール製の傘生地の場合、燃えるゴミ(自治体によってはプラスチックゴミ)に分類することができます。

 

金属の素材が縫いこんである場合は、不燃ごみになります。

 


スポンサーリンク

 

処分の仕方

分解方法

◆必要なもの

・軍手

 

・新聞紙、ビニールシート

 

・ハサミ、ペンチ

 

・ドライバー

 

◆手順

①軍手をはめて、傘の先(石突)を外す

 

 

②傘の生地を骨から外す。生地と骨が接着している場合は、ハサミでカットして外す。

 

 

③骨を軸の中心から外す。このとき軸の底からドライバーでねじを外してゆるめる。

 

 

④傘の柄を外し、骨を完全に分離する

 

 

⑤細かい部品一つ一つを取り分ける

 

分解する際は、無理に引っ張ったりしないことです。

 

そして、鋭い部分に気をつけながら怪我をしないように注意しましょう。

 

部品は後でゴミの分類がしやすいように素材ごとにまとめます。

 

もし傘を数本まとめて捨てる際は、分解作業をせずに不燃粗大ゴミで数本を一緒にまとめて出すと手間が省けます。

 

ゴミとしての出し方

◆軸の部分(金属の場合)

軸の部分が金属製であれば、不燃ゴミか缶ゴミの日の金属ゴミと一緒に出して捨てます。

 

複数ある場合は紐などで縛ってまとめます。

 

◆軸の部分(プラスチック、木材の場合)

軸が木材やプラスッチックでできている場合は、燃えるゴミの袋に入れて口先を縛って捨てます。

 

先が飛び出るのが気になる場合は、折るか切断して袋の中に入れます。

 

傘の軸が飛び出すのが良いか悩んだときは、捨て方を役所に確認することが必要です。

 

◆生地部分(布)

布部分は取り外し、燃えるゴミとして他のゴミと一緒に出して捨てます。

 

このとき、布以外の素材が混在しないように注意します。

 

◆生地部分(ビニール)

ビニールがプラスチックゴミ指定の地域では、プラスチックゴミに入れて、そうでない地域では燃えるゴミに入れてゴミに出すことができます。

 


スポンサーリンク

 

廃棄する以外の処分方法

寄付・回収してもらう

支援団体や自治体、事業団体が傘の寄付を募集しているケースがあります。

 

希望の団体に連絡して、訪問回収してもらえます。

 

また、宅配配送で傘を送っても寄付できます。

 

さらには、傘を回収して再利用する専門の業者に依頼することで、引き取ってもらうこともできます。

 

リサイクルのために、指定本数に達したら集荷してもらう方法をとる会社もあります。

 

こうした傘のリユース・リサイクル団体が数多く存在します。

 

買取依頼・売る

リサイクルショップでは、ブランド物の傘を積極的に買取っています。

 

まずは電話かネットでブランド買取りを依頼をします。

 

ショップによっては高価買取となるケースも少なくないので、直接店舗に持ち込むケースや宅配買取・出張買取で引き取ってもらうこともできます。

 

付属品や箱などの保管品がそろっていればより高く売れる可能性があります。

 

フリマアプリの場合は特に、ブランドの傘を探している人に向けて出品・販売します。

 

アプリの細かな使用方法は、メルカリやラクマなど各自サイトごとの手順に従います。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク