【おもちゃの捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、処分方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、おもちゃのゴミとしての分類捨て方捨てる以外の処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

おもちゃは素材によってゴミとしての分類が違います。

 

木製やプラスチック製であれば『燃えるゴミ』へ。

 

金属製であれば『燃えないゴミ』へ。

 

更に電池や電気で動くものは『燃えないゴミ』へ分類します。

 

おもちゃで使用した電池は『廃乾電池』として処分します。

 

また収集車に乗らないような大きいおもちゃは『粗大ゴミ』になるので、直接クリーンセンターなどに持ち込みましょう。

 

細かい分類はお住まいの自治体で確認することをおすすめします。

 


スポンサーリンク

 

ゴミとしての捨て方

それぞれお住まいの自治体で決められたゴミ袋に入れて、指定された曜日と時間を守りゴミステーションへ出しましょう。

 

電池を使用するおもちゃにつきましては、おもちゃ本体と電池を捨てる曜日が異なることがありますのでご注意を。

 

電池を入れたまま捨ててしまうと、予期せぬ事故につながったり、分類する方の手間になってしまうので、回収する方のことを考えた上でゴミとして出すようにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分の仕方

 

買う時は高いのに使用時期が短かったりするおもちゃをゴミとして出すのは抵抗があったり、もったいない気持ちになりますよね。

 

そんな時に役に立つおもちゃを捨てる以外に処分する方法をご紹介いたします。

 

リサイクルショップでの買取

リサイクルショップなどで買取して貰うのはいかがでしょうか。

 

購入時の値段まではいきませんが、気持ちばかりのお値段で買取可能なことも多いです。

 

量が多くてお店に持ち込むことが困難であれば、出張買取がオススメです。リサイクルショップのホームページをチェックして、出張買取を行っていないか確認してみましょう。

 

おもちゃ専門でのリサイクルショップの全国チェーン店ならば『トイズキング』さんがおすすめです。

 

北海道から沖縄まで出張買取や宅配買取、店頭買取はもちろんLINE買取もしています。

 

ホームページで出張買取の電話連絡をすると、指定した日時で自宅に来て、その場で即現金化してくれます。

 

自宅での買取に抵抗がある方は、宅配買取がおすすめです。

 

お持ちの段ボールに不要なおもちゃをつめ「着払い」で最寄りのトイズキングさんに送るだけ!査定した後、現金振込か現金書類で買取してくれます。

 

何と言っても、宅配料を業者が負担してくれるということが嬉しいですね。

 

フリマサイトでの販売

今日たくさんのフリマサイトが普及しております。

 

例えば、『メルカリ』さんや『ラクマ』さんでは、自分で値段を決めて出品することができます。

 

また『オタマート』さんでは、フィギュアやアニメグッズなどに特化しているフリマサイトもあります。

 

早く処分をしたいと言う方は、オークションよりもフリマサイトでの販売がおすすめです。

 

その中でも販売手数料が低いものや匿名配送ができるものなどを吟味しご自身に合ったものを選択します。

 

そのフリマサイトに個人情報を登録した後、出品するものを写真に撮り説明文を加えるだけで簡単に不要な物を出品出来ます。

 

自分の納得のいくお値段と条件でお取引をすることができます。

 

成長が早い子供のための洋服やおもちゃは、フリマサイトで販売され需要が高まっている人気商品ですのでぜひ出品してみてはいかがでしょうか。

 

発展途上国の子供たちへ寄付

不要になったおもちゃや洋服、食器や雑貨などをワールドギフトとして発展途上国の子供たちに寄付する団体がいくつかあります。

 

教育を受けるどころかおもちゃを使って遊ぶことのできない子供たちや、洋服を身にまとえない子供たちが世界中にたくさんおられます。

 

そんな子供たちに不要になったものを寄付するだけで、多くの人々の命が救われたり未来を守れたりすることができます。

 

寄付の仕方は、寄付を目的とした団体の中でも、例えば『国際社会支援推進会』さんでは集荷依頼の連絡をします。

 

すると指定した日時に収集車が回収しにきてくれますので、用意しておいたおもちゃなどを譲渡します。

 

『特定非営利活動法人国際子供友好協会』さんでは、不要なおもちゃを段ボールなどにいれて指定の住所に発送します。

 

その費用は自己負担ですが、子供の命が救われることに比べたら比にならないことでしょう。

 

また、おもちゃを大切に使用していたお子さんにとっては、世界に貧困な子どもたちがいることを気が付かせたり、ボランティアについて考えるきっかけにもなります。

 

おもちゃを捨てるタイミングがきましたら、発展途上国の子供たちに寄付をするという選択肢をおすすめします。

 

以上の様にいくつか捨てる以外の処分の仕方をご紹介いたしました。

 

汚れがひどいおもちゃや、ぼろぼろになってしまったものはお住まいの自治体のルールを守ってゴミとして処分しましょう。

 

もし使用可能であればタンスの肥やしにするのではなく、リサイクルショップやフリマサイトでのリサイクルや、発展途上国の子供たちに寄付をしてリユースすることをおすすめいたします。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク