【タイヤの処分・廃棄方法】ゴミとしての分別方法や捨て方を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、タイヤの様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

バイクや自動車の廃タイヤは、市町村の自治体で回収できない物の対象となっている地域が一般的です。

 

そのため廃タイヤ取扱指定店などでの処分が必要となります。

 

また、一部の地域では、普通自動車までの大きさのタイヤとホイールを分別すれば『燃えないゴミ』として回収している自治体もあります。

 

捨てる前に必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

燃えないゴミ

バイクや自動車のタイヤを燃えないゴミとして処分するには、自治体で指定の袋に入れて、決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

タイヤが市町村でゴミの回収対象物となっている場合、タイヤとホイールを分類指定している地域が多いです。

 

必ずルールを守って捨てましょう。

 

粗大ゴミ

タイヤが市町村でゴミの回収対象物となっている場合、粗大ゴミとして処分することができます。

 

粗大ゴミとしての処分方法は、処分料が掛かってしまいますが『ゴミ処理券』を購入します。

 

ゴミ処理券をタイヤに貼りつけておけば、ゴミステーションで回収してくれます。

 

そして粗大ゴミの回収日にゴミステーションに出しましょう。

 

郵便局や金融機関、コンビニやスーパーなど、指定されたゴミ処理券取扱店でゴミ処理券を購入することができます。

 

ゴミ処理券取扱店につきましては、お住まいの自治体のホームページで確認することができます。

 

タイヤを粗大ゴミとして処分する費用は、1つにつきは500~1000円が相場です。

 

クリーンセンターに持ち込み

タイヤが市町村でゴミの回収対象物となっている場合、クリーンセンターに持ち込み処分することができます。

 

クリーンセンターでは、処分品の重さで料金が決まっており10㎏数百円~が相場です。

 

車を所有していなくても、クリーンセンターによっては軽トラックの貸出を行っている所があります。

 

貸出を希望される方はクリーンセンターに問い合わせをするか、ホームページで貸出の有無を確認しましょう。

 

また貸出可能な場合は、レンタル費用がかからなくても燃料を自己負担としている場合が多いです。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

ディーラーでの引き取り

自動車やタイヤを購入されたディーラーでの引き取りが可能なことが多いです。

 

車やタイヤの買い替えの時は、無料で引き取りをしてくれる可能性があります。

 

一度、ディーラーに問い合わせをすることをおすすめします。

 

廃棄タイヤ取扱専門店に依頼

地域に根差しタイヤ専門の取扱専門店に依頼することができます。

 

業者によって有料である場合と無料で回収していることがあります。

 

廃棄タイヤ取扱専門店は、地元の情報掲載誌や新聞紙に情報が載っていることが多いです。

 

また個人経営の店舗などはよく国道沿いに店舗を構えていることが多いので、直接持ち込むか電話で問い合わせをしてみましょう。

 

カー用品専門店で処分

『オートバックス』さんや『イエローハット』さん、『タイヤ館』さんでのタイヤの処分ができます。

 

どの店舗でもタイヤとホイールセットでの買い替えの方限定などといった指定がありますのでご注意ください。

 

また処分費用はタイヤ1本当たり300~500円が相場です。

 

ホイールが付いている場合、脱着料が加わることもありますので予めお店のホームページで確認をしましょう。

 

ガソリンスタンドで処分

ガソリンスタンドでもタイヤの処分をすることができます。

 

『エネオス』さんでは、タイヤ1本辺り350円ほどで処分可能です。

 

まホイールから取り外す作業に倍以上の料金がかかりますので、ホイールを外せる方は外してから持ち込むと費用を抑えることができます。

 

また店舗によって処分できるかが異なりますので、お近くのガソリンスタンドにタイヤの処分が可能か問い合わせをしましょう。

 

不用品回収業者や産業廃棄物取扱業者に依頼

不用品回収業者や産業廃棄物取扱業者に依頼し不要なタイヤを処分することができます。

 

業者によっては無料で引取をしてくれる場合もありますにで、費用を抑えたい方は複数の業者を比較することをおすすめします。

 

業者に依頼すれば、自宅まで回収しに来てくれるため手間を掛けずに処分することができます。

 

不用品回収業者や産業廃棄物取扱業者は、地元情報掲載誌や新聞紙、インターネットなどに情報が載っていますので調べてみましょう。

 

また、公益社団法人全国産業廃棄物連合会のホームページで、お住まいの近くの産業廃棄物処理業者を調べることができます。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク