【教科書の捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、廃棄・処分方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、教科書のゴミとしての分類捨て方捨てる以外の処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

教科書は『資源ゴミ』や『古紙』として回収する自治体が多いです。

 

汚れや紙破れがひどい場合などやむを得ない理由がある場合は『燃えるゴミ』として出しても良いという地域があります。

 

必ずお住まいの自治体のホームページなどで確認をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

 

教科書を資源ゴミや古紙として捨てる場合には、何冊かまとめて紐で縛ってゴミステーションに出します。

 

この場合、まとめた教科書を紐で十文字にきつく縛らないといけません。

 

回収した時に、教科書が動いてしまうと紐がほどけてしまい業者の方に迷惑がかかってしまいますので気を付けましょう。

 

燃えるゴミとして出す場合には、自治体で決められたゴミ袋に入れて捨てましょう。

 

余りにも量が多い時には、有料ですがクリーンセンターにご自身で持ち込むこともできます。

 

教科書の捨てるタイイング

 

教科書は学年が上がる毎に不要になるものが出て、新しいものが増えます。

 

どんどん溜めてしまうと、ゆくゆく処分することが大変になります。

 

学年が上がる毎に教科書を捨てると、思い出したい時に手元になかったりしてしまいます。

 

そのため、小学校、中学校、高校と、学校種が変わる毎に処分される方が多いです。

 

名前の処理

教科書の処分で頭を悩ませるのが、名前の部分をどうするかです。

 

これにつきましては、名前を消す派と消さない派で分かれます。

 

まず名前を消す方法は、マジックで名前を塗りつぶす、ハサミやカッターで名前の部分を切る、宛名消しスタンプで文字を隠すといったものがあります。

 

消さないで捨てる方は、そのまま教科書をまとめて捨てる人もいれば、教科書を他の雑誌などでサンドイッチして捨てる人がいます。

 

住所が書いているわけではないので、名前以外の個人情報が特定されないことを許容できる方はそのまま捨てています。

 

ひもを使った縛り方(結び方)

教科書や紙類などを紐で縛る時はこつが必要です。

 

しっかり縛らないと、紐が緩く中で教科書が動いてしまいますよね。

 

そんな時に、簡単でしっかり縛る方法があります。

 

それは、まず1本の紐で数字の『4』を作ります。

 

4を作った時に、紐が交差している部分に教科書などの本を載せます。

 

次に4の横に長い線の端を、4の左の角に下からすくうように通します。

 

通した紐を、4の縦下に向かって伸びている紐とで結びます。

 

すると簡単に十文字になりますね。

 

更にこの時、本の表面上で結ぶのではなく、重なった本の下端で結んであげると摩擦が増えしっかりと固定することができるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分の仕方

イオンで古紙回収

イオンでは、ペットボトルや古紙、紙パックを無料で回収するサービスを行っています。

 

嬉しいことに、古紙に関して1kg当たりWAONポイントが1ポイント付与されます。

 

1kgは女性誌1冊分や新聞紙3日分が目安なので参考にしてください。

 

WAONカードを持っていない方も利用できるサービスですので、持ち込む手間は掛かりますが気軽に古紙などを処分できます。

 

リサイクルショップでの買取

リサイクルショップなどで買取して貰うのはいかがでしょうか。

 

購入時の値段まではいきませんが、気持ちばかりのお値段で買取可能なことも多いです。

 

小学校・中学校は義務教育のため無償で教科書が配布され、その価値は低く値段が付かないことが多いです。

 

しかし、特に大学など専門性が高くなるにつれ、その教科書は価値が高く高価で買取してくれる場合もあります。

 

また、難関校と呼ばれる小中高校の教科書も高値を付けられる可能性があります。

 

量が多くてお店に持ち込むことが困難であれば、出張買取がオススメです。

 

『リサイクルマート』さんは全国チェーン店ですので、地方に住んでいる方でも買取することができます。

 

また出張買取も行っているので、ホームページでお近くのリサイクルマートさんに出張買取以来の連絡をすれば、無料で査定してくれます。

 

また、大学の専門書に特化した『BOOKSDREAM専門書アカデミー』さんでは、無料で10冊~宅配買取をしてくれます。

 

段ボールに本を入れ、着払いで発送するだけです。後日査定金額を口座に振り込んでくれるので、専門書などたくさん処分されたい方におすすめです。

 

教科書を発展途上国に寄付

使用済みの教科書や書籍を東南アジアの国や中東の発展途上国に住む子どもたちや、国内でも被災された子どもたちに寄付することができます。寄付するには、それらの本を回収している団体に郵送する必要があります。

 

団体によって郵送方法が異なりますので、ホームページでよく確認をしましょう。

 

『国際社会支援推進会ワールドギフト』さんでは、段ボールに不要な本を入れ、指定の業者に集荷依頼をします。

 

段ボールの大きさによって、回収料金が決められており、その費用を指定の口座に振り込みます。

 

寄付といえど、郵送代が2000円~4000円前後かかりますので理解した上で取り組むことが必要とされます。

 

不要になった教科書を学校に通えない子供たちにが喜んで使用してくれます。

 

学校に行きたくても通うことのできない方に譲渡してみてはいかがでしょうか。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク