【水槽の捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、廃棄・処分方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、水槽のゴミとしての分類捨て方捨てる以外の処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

水槽では、草や魚を育てるために道具をそろえて環境を整えます。

 

水槽を処分するとき、水槽の道具と一言で言ってもさまざまなものがあります。

 

そこで、水槽と一緒に捨てる器具や装置などの処分方法について紹介します。

 

本体

まず水槽の本体を捨てる場合は、基本的に粗大ゴミで分別します。

 

水槽のサイズが小さいときは、不燃ゴミで分類します。

 

また、水槽の分別の見分けとしては、ガラス素材の場合は不燃(地域によっては陶器・ガラスゴミ)、アクリル製やプラスチック製のものは燃えるゴミで分類します。

 

ソイル

ソイルは小石や砂利の見た目ではありますが、感覚的には土に良く似ています。

 

基本は不燃ゴミで分類します。

 

多くの自治体では、ソイルのような土を自然物として回収しません。

 

処理施設のキャパシティー(処理能力)によるので、対応できなければ捨てないルールになっていることが多いです。

 

その場合はお住まいの地域で分別表の確認が必要です。

 

それでもわからなければ役所の環境課やゴミ収集センターなどに直接尋ねましょう。

 

土のゴミは、ソイルと同じように分類するのが基本です。

 

土壌の場合、ソイルと違って、自然の土に混ぜ込むことができるので、ゴミとして処分するのではなく園芸に使用したり、(ゴミではないので)山林の自然に返すという選択肢も可能です。

 

フィルター

フィルターはビニール系素材(ポリエチレンやスポンジなど)が使われているので、燃えるゴミで分類します。

 

ヒーター

ヒーターは、素材自体は燃やせることが多いので、燃えるゴミに分類します。

 

しかし、金属製は金属ごみか不燃ゴミで分類になります。

 

見た目でわからないときは材質一覧や説明を見て判断しましょう。

 

ポンプ

水槽用のエアーポンプの処分は、基本的に不燃ゴミとなります。

 

電動ポンプの場合、一部の地域で粗大ゴミ扱いとなります。

 

重いので落とさないように気をつけて分別に注意することが大切です。

 

スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

本体

◆必要なもの

・新聞紙

 

・ガムテープ

 

・粗大ゴミシール(処理券)

 

◆手順

①まずはサイズを確認します。

 

たいていは、1辺50cm以下なら不燃ゴミ、それより大きければ粗大ゴミとなります。

 

 

②不燃ゴミでガラス製の水槽を捨てる際、ガラスが割れて怪我をしないように新聞紙で包み、ガムテープで止めます。

 

アクリル製の水槽、もしくは粗大ゴミで捨てる場合はそのままでも大丈夫です。

 

 

③不燃ゴミなら指定の袋に入れて、自治体指定のゴミの回収に出します。

 

粗大ゴミであれば、粗大ゴミシール(処理券)を購入して、回収連絡します。

 

ソイル、土

ソイルや土を捨てる際は、処分する量に気をつけなければなりません。

 

以下に手順と方法を説明します。

 

◆必要なもの

・シャベル

 

・軍手

 

・小さめのビニール袋

 

◆手順

①軍手をはめて、ビニール袋を広げます。

 

 

②シャベルでソイルまたは土をすくって、ビニールの中に入れます。

 

だいたい両手で擦り切れいっぱいの量にします。

 

 

③袋の入り口を結んで、不燃ゴミの指定袋に入れます。

 

ソイルをはじめ、土などのゴミは少しずつ回数を分けるのが大切です。

 

あきらかに大量の土だけを不燃ゴミの袋に入れて出しても回収されない可能性があるので気をつけましょう。

 

土のゴミ出しを禁止している地域で出すと処理場の作業員の迷惑になるので絶対にやめましょう。

 

フィルター

フィルターは水分を切って燃えるゴミに入れるだけです。

 

汚れのひどいものは洗ってからゴミ袋に入れます。後は捨てるだけなので大して手間はかかりませんね。

 

ヒーター

ヒーターはセラミックが多いので、捨てる際は紙袋などに入れて指定の袋に入れると良いでしょう。

 

ポンプ

ポンプは電動ポンプが主流なので、処分方法としてはコードなどをまとめてから本体のついでに粗大ゴミに出します。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

再利用

水槽の環境を構成しているものの多くは、捨てるほどまで使い古されたり、壊れたりすることはそう多くありません。

 

そのため、再利用という形で利用することができるものが大半です。

 

水槽自体も手入れをすれば使えるので、熱帯魚を育てたいという知人や募集掲示板などで水槽を譲るのが良いでしょう。

 

必要であれば、フリマなどで多少収入を得て買い取ってもらうのもありです。

 

リサイクルショップで売る

水槽の環境を維持するためには、予備や補充用として道具を多めに購入することがあります。

 

使用していないフィルターやソイルをはじめとした水槽の用具は、リサイクルショップで売ることができます。

 

中古で使用済みだと、値段がかなり落ちるか買取り不可となることがあるので気をつけましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク