【靴の捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、様々な処分方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、靴のゴミとしての捨て方捨てる以外の処分方法を紹介しています。

 

靴を捨てるタイミング

靴を捨てる目安

靴をゴミとして捨てる目安としては、靴の端が破れ始めたものが基準のひとつです。

 

修理して使う人は少ないですし、下駄箱に残しておくくらいなら、捨てたほうが風水的にはプラスになります。

 

また、すでに埃をかぶっている靴は思い切って捨ててしまいましょう。

 

靴箱の掃除をする際は、古い靴を溜めておかないという方針で捨てて、大掃除してしまうのもありです。

 

靴箱をすっきりさせることで、玄関の運気を上げることもできます。

 

靴と風水

靴の中で、ずっと履いてないもの、もう履けないほど破損しているものは、風水的にいって靴箱に入れておかないことです。

 

理由は、悪い気を下駄箱や玄関に溜めないためです。

 

靴を捨てる意味

靴を捨てるのは風水では良いこととされています。

 

履けない靴を捨てる行為が風水的に良いといことだけでなく、古い靴を残しておかないことが大事な風水要素の一つとなっているのです。

 

靴は良い運気を運ぶアイテムとされているからです。

 


スポンサーリンク

 

ゴミとしての分類

燃えるゴミ

靴はシューズやスニーカーなど、ほとんどの場合が燃えるゴミに分類されます。

 

そのため、多くの市区町村では、一般的な家庭で普段履いている靴を燃えるゴミに捨てて大丈夫です。

 

地域によっては長靴などのビニール素材のものがプラスチックゴミになることがあります。

 

不燃ごみ

靴が燃えるゴミではなく、不燃ごみに分類される場合は、靴の特殊な装飾があるときです。

 

金属部分がついている靴で、例えば、スキーやスケート靴は燃えないゴミとして回収する場合がほとんどです。

 

また、金属加工が施されていたり、金属装飾がある靴の場合は同様に燃えないゴミとなります。

 

判断できない場合

どちらに分別されるかわからない靴は、靴の詳細を話して役所に問い合わせましょう。

 

特に素材がわからない場合は、問い合わせても素材がわからないのではどうしようもないので、不燃ごみで捨てる方針で問題ありません。

 

ゴミとしての捨て方

捨て方

靴を捨てるとき、燃えるごみや燃えないゴミのどちらかに捨てる指定があるかを確認します。

 

靴の構造状、本体部分と靴底、中敷などがあり、市区町村のルールによって扱いが違います。

 

・靴底が樹脂製かゴムの場合は、靴自体が不燃ごみと指定される

 

・中敷の扱いは不燃ごみに捨てると指定がある

 

など住んでる場所によって、個々の部位の捨て方を指定されていることがあります。

 

その際は、分別のルールを確認する必要があります。

 

廃棄方法

靴はただ漫然と捨てるのではなく、多少汚いものでもきれいにしてから捨てることを心がけます。

 

靴を捨てる際、まとめてゴミ袋に入れてしまうのではなく、靴だけ別途ゴミ袋に入れて捨てることもポイントです。

 

靴を破棄するときの手順は以下です。

 

◆必要なもの

・靴ブラシ

 

・布

 

・水と洗剤(もしくは水なし用の靴洗剤)

 

◆手順

①洗剤と水をつけたブラシなどで靴全体(もしくは靴底)を磨く。

 

 

②余分な水分や洗剤を布で落とす。

 

 

③乾かしてから、靴だけを指定のゴミ袋に入れて捨てる

 

靴の底を拭くのは運気を呼びこむために最低限やっておくとよいでしょう。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

リサイクルショップに買い取ってもらう

靴は捨ててしまう前に、状態の良いものであればリサイクルショップにもらうこともできます。

 

買い取りの際には、靴の付属品や箱を持っていくと、買取額が高くなります。

 

注意点としては、以下の状態のものは買い取りができないことです。

 

・靴の臭いがひどいものや破損があるもの

 

・カビなどが生えていて使用できないもの

 

加えてサイズが標準的なものでない(大きすぎたり小さすぎるもの)も買い取り対象にならないことが結構あります。

 

寄付する

ボランティア団体などが行っている海外支援の一つで、靴などを寄付してもらって発展途上国に送る活動があります。

 

いらない靴を団体に直接持っていくか、配送することで引き取ってもらえます。

 

注意点としては、配送料が個別にかかる可能性があることです。

 

メルカリやヤフオクで売る

靴を売り買いできる場所がリサイクルショップ以外にあります。

 

それが、オークションです。メルカリやヤフオクで出品登録をして、画像や文章、金額指定などサイトの指示に従って入力すれば、オークションにかけることができます。

 

ただし注意しなくてはいけないのが、ブランドでないものの場合、買い手が現れないことがあることです。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク