【しめ縄の処分方法】ゴミとしての捨て方、正しい廃棄の仕方などを紹介!【正月】


スポンサーリンク

 

本記事では、しめ縄の様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

しめ縄は、『燃えるゴミ』として分類し回収している自治体が一般的です。

 

しめ縄の金具部分は『金属ゴミ』や『燃えないゴミ』として分類するように指定している自治体もあります。

 

詳しくはお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨て方

燃えるゴミ

お正月過ぎの時期を考えずにしめ縄を捨てるには、燃えるゴミとして捨てる方法があります。

 

燃えるゴミとして捨てるには、自治体で決められたゴミ袋に入れて、決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

装飾の金具を外す際には、軍手を用いて安全に配慮して切り離しましょう。

 

外した金属は、金属ゴミや燃えないゴミの専用の袋に入れて捨てるようにしましょう。

 

また、縁起物ということで塩をかけて白い無地の袋に入れてから指定のゴミ袋に入れると悪運が憑かないと言われています。

 

お気になさる方は試してみましょう。

 

クリーンセンターに持ち込み

しめ縄をご自身でクリーンセンターに直接持ち込み処分することができます。

 

クリーンセンターでは、処分するものの総重量で料金が決まっており10㎏数百円~の費用がかかります。

 

そのため処分するしめ縄の量が多い方や、他の不要な物がある方、縁起ものを捨てる際に他人の目が気になる方におすすめの方法です。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

不用品回収業者に引取依頼

費用を掛けずしめ縄を廃棄するなら、不用品回収業者に引取依頼をしましょう。

 

不用品回収業者に依頼すると、物品であればどんなものでも確実に引取をしてくれることが利点として挙げられます。

 

しかし不用品回収業者に依頼する際は、不用品がしめ縄以外にも数多い場合や持ち運びが難しい場合におすすめします。

 

不用品回収業者は、比較的地元に根差した店舗が多いため、地元情報掲載紙や新聞紙などに掲載されていることが多いです。

 

また、規模の小さい店舗は広告を出していないこともあります。

 

そのため日頃の運転でお近くの不用品回収業者があるか探してみましょう。

 

神社やお寺でどんどやきで処分

しめ縄などの縁起物は、神社やお寺でのどんどやきで処分することができます。

 

どんどやきを行っている神社やお寺は全国どこにでもあります。

 

多くの神社やお寺では1月15日前後にどんどやきを行い、炎の力で縁起物に宿る魂を浄化していると言われます。

 

どんどやきでの処分費用は1000円~が相場でかかります。

 

ホームページや電話での問い合わせでお近くの神社やお寺がどんどやきを行っているかどうか調べてみましょう。

 

リサイクルショップでの買取依頼

しめ縄などの縁起物をゴミとして処分しないで、リサイクルショップでの買取をしてもらいましょう。

 

しめ縄などの縁起ものは毎年需要があり、そのためリサイクルショップでの買取が可能です。

 

僅かながらのお値段で買取可能なことが多いです。

 

買取実績の豊富な大手の『オフハウス』は全国チェーン店ですので、地方に住んでいる方でも買取サービスを利用することができます。

 

オフハウスでは、生活雑貨などを数多く取り扱っておりますので店頭での買取を依頼してみましょう。

 

また全国チェーン店の買取専門店『大吉』は、縁起物の買取実績が豊富のお店です。

 

出張買取や郵送買取を行っているので日本全国どこに住んでいても依頼することができます。

 

依頼するにはホームページにアクセスをし、電話や査定フォームより査定依頼を申し込みましょう。

 

フリマサイトでの販売

最近ではフリマサイトの利用者が続々増えています。

 

『ラクマ』や『メルカリ』では、自分で値段を決めて出品することができるため、素人の方はもちろんどなたでも簡単に利用することができます。

 

ラクマは楽天が運営するフリマサイトですので、若い方から年配の方まで、男女問わず幅広い年齢層の方が利用しています。

 

個人情報を登録した後、出品するものを写真に撮ります。

 

そして簡潔に説明文を加えるだけで簡単にしめ縄を出品することができます。

 

いつごろ、どこで購入したか詳しく情報を記載すると、より購入者が早く見つかる可能性があります。

 

地元の情報掲載誌で募集

無料でしめ縄を処分したい方は、地元の情報掲載誌で貰い手を探すこともできます。

 

地元の方向けに焦点を当てた情報誌は、掲載料もかからず情報を載せることができるものが多くあります。

 

また地元の方であれば、引き渡しにも費用はかからずに不用品を処分することができます。

 

費用を抑えて処分されたい方におすすめの方法です。

 

まずは、情報掲載誌の掲載元に連絡をして情報の掲載を依頼しましょう。

 

また『ジモティー』では、インターネット上で同じ地域や近辺に住む方向けに情報を発信することができます。

 

情報誌とネットの両方に情報を載せる場合につきましては、注意が必要です。

 

ダブルブッキングにならないよう丁寧な対応を心掛けるようにしましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク