【パワーストーンの処分廃棄方法】捨て方や様々な処分の仕方(神社、海など)


スポンサーリンク

 

本記事では、パワーストーンの様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

パワーストーンは、製品に関わらず『燃えないゴミ』として分類し回収している自治体が一般的です。

 

ゴミ袋に入らない大きさのものは『粗大ゴミ』として出しましょう。

 

また詳細につきましては、捨てる前に必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨て方

燃えないゴミ

パワーストーンを燃えないゴミとして捨てるには、まず製品の分解をします。

 

ブレスレットならゴムとパワーストーンを、ピアスやネックレスなら金属部分とパワーストーンをなるべく分けて捨てるようにします。

 

ゴムは燃えるゴミへ、金属部分は金属ゴミへ分類すると大変丁寧です。

 

そしてパワーストーンは、自治体で決められた燃えないゴミのゴミ袋に入れて、決められた日時にゴミステーションに出すようにしましょう。

 

粗大ゴミ

玄関先に飾るような大きいパワーストーンを粗大ゴミとして処分する方法は、処分料が掛かってしまいますが『ゴミ処理券』を購入します。

 

ゴミ処理券をパワーストーンに貼りつけておけば、ゴミステーションで回収してくれます。

 

そして粗大ゴミの回収日にゴミステーションに出します。

 

郵便局や金融機関、コンビニやスーパーなど、指定されたゴミ処理券取扱店でゴミ処理券を購入することができます。

 

ゴミ処理券取扱店の所在地は、お住まいの自治体のホームページで確認することができます。

 

パワーストーンを粗大ゴミとして処分する料金は大きさによって異なりますが、1個につき300円~ほどおおよそで掛かります。

 

クリーンセンターに持ち込み

パワーストーンをクリーンセンターに持ち込み処分することもできます。

 

クリーンセンターでは、処分品の重さで料金が決まっており10㎏数百円~が相場です。

 

大きなパワーストーンを積めるほどの大きさの車を所有していなくても、クリーンセンターによっては軽トラックの貸出を行っている場合があります。

 

貸出を希望される方はクリーンセンターに問い合わせをするか、ホームページで貸出をしているか確認しましょう。

 

また貸出している場合は、レンタル費用がかからなくても燃料を自己負担としている場合が多いのでご理解の上、サービスを利用しましょう。

 

パワーストーンを自然に還す

パワーストーンは、自然に還すことで浄化されると一部で言われており川や海へ捨てる方がおられます。

 

しかし、パワーストーンは加工されたものが多く自然に還すと自然破壊に繋がってしまいます。

 

また、不法投棄になってしまうので自然に還すことは絶対に止め、正しい方法で処分しましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

神社で回収処分

神社では、パワーストーンに限らず大切にしてきた人形やものを浄化し処分してくれる場合があります。

 

茨城県に所在する『結城諏訪神社』では、それらのものを年中回収しており、お焚きあげにより浄化し供養してくれます。

 

その人形供養料は郵送した際の段ボールの大きさによって異なり、3000円~10000円ほどかかります。

 

その料金と不要なパワーストーンを一緒に梱包し、結城諏訪神社に郵送するだけです。

 

お焚きあげ後に連絡をくれるため、安心してサービスを利用することができます。

 

その他にも神社でパワーストーンを取り扱っている場合があるので、お近くの神社に問い合わせをしてみましょう。

 

リサイクルショップでの買取

パワーストーンのアクセサリーや飾り物をリサイクルショップで買取して貰うのはいかがでしょうか。

 

購入時の値段まではいきませんが、気持ちばかりのお値段で買取可能なことが多いです。

 

 

◆リサイクルマート

 

『リサイクルマート』は全国チェーン店で様々な種類のものの買取を行っています。

 

出張買取も行っているので、店舗に持ち運ぶことができない大きさのパワーストーンの場合などは、お近くのリサイクルマートに出張買取依頼の連絡をしましょう。

 

買取の際は無料で査定してくれるので気軽にサービスを利用することができます。

 

◆オフハウス

大手の『オフハウス』は、買取実績も業界トップクラスで豊富で安心して取引をすることができます。

 

様々なジャンルの物品買取に協力的なため、不要なパワーストーン製品を持ち込んで査定して貰いましょう。

 

また、店頭に持ち込めなくても宅配買取や出張買取サービスも提供しています。

 

数が多かったり、持ち運びが困難であれば、出張買取がおすすめですのでぜひ利用してみましょう。

 

また地域に根差したリサイクルショップも多くありますので、そちらに買取依頼することができます。

 

店舗情報は、新聞紙や広告などに載っていますので調べてみましょう。
こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク